住宅

小さな家は外を活用!縁側・デッキのアイデア6選

家の面積が限られていても、狭さを感じずのびのびと暮らすためには、外とのつながりが感じられる設計が必要不可欠。この記事では、建築知識ビルダーズ主催Instagram企画「#bコレ小さな家の豊かな暮らし」の中から、小さな家でもつくれる縁側やデッキのアイデアを6つご紹介します。

小さい家、だからこそ「外を感じられるスペース」をつくろう!

家で過ごす時間が増えたいま、「外を感じられる家づくり」が必須になりつつあります。庭の緑を眺めたり、外の心地よい風を感じられる縁側やデッキがあれば、在宅時間が長くてもストレスなく暮らすことができます。

床面積が限られている小さな家ならなおさらです。室内と屋外に連続性を持たせることで開放感が得られるだけでなく、リビングだけでなく外でくつろぐという選択肢も増えるからです。
ここでは、小さな家の縁側・デッキの工夫を紹介します。

 

リビングとウッドデッキを隣接させて広く見せる

扇建築工房の事例では、リビングの隣にウッドデッキを設置。引き込み窓を開ければ、リビングとウッドデッキが一体化して、広くなったかのように錯覚します。天気のよい日は、ウッドデッキもリビングの一部のように使えます。

 

建物を凹ませてデッキをつくる

シーナリーハウスの住宅では、建物の一部を凹ませてできたスペースにウッドデッキを設けています。3方が建物で囲われているのでプライバシーも守られ、周りの目を気にせずくつろぐことができます。庇も設けているので、日差しが強い日も気軽に外に出られます。

 

三角形の小さなウッドデッキをつくる

緑のある環境に恵まれているなら、小さくても、外を楽しめるスペースをつくりたいものです。シーエッチ建築工房の事例では、敷地の形状に合わせた三角形のウッドデッキを設置しました。造作でベンチを設置したことで、外用家具をわざわざ置く必要がなくなり省スペースに。ベンチも3角形とすることで、家の中にも外にも視線が向くようにしています。

 

L字を生かした縁側をつくる

L字型の建物を生かした縁側。窓をすべて開け放つと、空間が広くなったかのように錯覚します。縁側を廊下のように使うこともできて便利。庇が付いているので、雨の日でも外へ出られます。

 

雨の日でも外を楽しめる「くれ縁」をつくる

くれ縁(内縁)とは、雨戸などの内側にある縁側のこと。戸を開け閉めすることで、縁側が雨に濡れないようにしたり、心地いい風や光を縁側で楽しんだり、そのときの過ごし方に合わせて調整ができます。晴れの日も雨の日も、天気に左右されることなく庭のそばで過ごすことができるのがポイントです。

 

窓拭き場の手すりをなくして景色を楽しむ

敷地に余裕がなければ、屋根の上を活用するのもおすすめです。シーエッチ建築工房の事例では、窓拭き用の踏み場を景色を楽しめる場所としても活用。奥行を十分に設けることで、ゆったりと腰かけられるようにしました。また、手すりがないので広がる景色を存分に楽しむことができます。

 

「#bコレ」Instagramで小さな家の工夫を募集中!

建築知識ビルダーズ」では、小さな家の写真をInstagramで集めています(詳しくはコチラ)。ハッシュタグ検索 #bコレ小さな家の豊かな暮らし をフォローすれば、今回の記事で紹介したような、上質でこだわりがぎゅっと詰まった事例をたくさんご覧いただけます。ぜひ、フォローして、家づくりの参考にしてください。

工務店や設計事務所の方は、自慢の写真をぜひ投稿ください。締め切りは4月14日(木)。ご応募お待ちしています!

>>>「小さな家の造作家具のアイデア」の記事はコチラからチェック!

>>>「小さな家の壁付キッチン」の記事はコチラからチェック!

こちらの記事もおすすめ

ゲストを招きたくなる!アプロ―チのデザイン4選

住宅2021/04/06

外構のなかでも、家の印象を左右するアプローチは慎重に検討したいスペース。今回の記事では「その先にどんな空間が広がっているのか」を思わず想像したくなるおしゃれで素敵なアプローチのアイデアを、Instagramの投稿企画「#bコレ美しいすまいの外観」より4つご紹介します。

【動画】木造防耐火の法改正と最新技術

動画 建築 セミナー2021/12/28

2021年11月に実施されたジャパンホームショー2021・建築知識実務セミナーでは、木造防耐火の第一人者・安井昇氏(桜設計集団)が「木造防耐火の法改正と最新技術」と題して、木造化・木質化が進んでいる建築業界の現状や、建築基準法の改正内容について、実例や実験データを交えながら解説しました。

【動画】これだけは知っておきたい。住宅の耐震・防火

2022/01/07

木造住宅の「耐震」と「防火」は、命を守るために絶対必要な安全性能です。これらをおろそかにして優先することなど1つもありません。そのくらい重要なことですから、多少堅苦しい内容であっても家づくりを始める前に、基本だけは押さえておくとよいでしょう。

「過酷な冬の住環境」低気密低断熱住宅ルポ⑮

住宅2022/01/14

こんにちは。一級建築士の神長宏明です。私は、エアコンを24時間つけっぱなしでも月々の光熱費が1万円以下で済む高気密高断熱住宅を設計していますが、住んでいるのは【低気密低断熱住宅】です。この連載では、低気密低断熱住宅の住み心地を数回に分けてレポートしていきます。15回目は、性能の低い家の冬の実況レポートです。

〝片づけ〞の善し悪しは空間の強度で決まる。ー鈴木信弘ー②

インタビュー2022/06/28

おかげさまで「建築知識」は2021年7月号で通巻800号記念を迎えました。それを記念して、『片づけの解剖図鑑』の著者である鈴木信弘氏(鈴木アトリエ)に、「建築知識」での思い出や、書籍誕生に関する秘話、これからの家づくりについてお話を伺いました。セミナー動画もご覧ください!!

Pick up注目の記事

Top