住宅 連載

「冷房の効きが悪い理由」低気密低断熱住宅に住んだルポ⑤

こんにちは。一級建築士の神長宏明です。私は、エアコンを24時間つけっぱなしでも月々の光熱費が1万円以下で済む高気密高断熱住宅を設計していますが、住んでいるのは【低気密低断熱住宅】です。この連載では、低気密低断熱住宅の住み心地を数回に分けてレポートしていきます。5回目は、エアコンの効きが悪い原因を追究します!

神長家の概要
■家賃:約9万円/月(3,250万円のローンを組んだときと月の返済額は大体同じ)
■立地:宇都宮駅から車で15分
■築年数:築29年(1991年8月竣工)
■延べ床面積:125.44㎡(37.94坪)
■断熱性能:築年数と天井断熱材の状況から昭和55年基準と推定(昭和55年区域区分Ⅲ・栃木県・Q値4.7)。無断熱ではなく、断熱材は気持ち程度入っている状態

間取りは、一般的な玄関ホールを挟んで、LDKと和室に分かれている。2階の15帖の洋室は神長さんの仕事部屋として使っている


なぜ冷房が効かないのか徹底追及してみた

■熱が侵入している天井を発見

連載④で冷房を何とかして効かせようと実験しましたが、失敗に終わりました。

高気密高断熱住宅と低気密低断熱住宅、見た目は同じなのに、なぜこんなにも冷房の効き目が悪いのか、悔しいので徹底的に調べました。

赤外線カメラでどこから熱が侵入しているのか調査。まず、冷房が全然効かなかった2階ホールの天井部分です。下記の赤外線カメラの画像を見ると、赤いところから熱が侵入しているのが分かります。1か所だけ赤くなっているので、「断熱材が施工されていない?」と疑いました。

2階ホールの天井。赤くなっている部分から熱が侵入していることが分かる


執念深く天井裏まで登ってみた。やはり断熱材がない! 昔の袋入りの断熱材をダウンライトの上に乗せると、熱の影響で発火の恐れがあるからだろう



天井裏をのぞいてみると、案の定、断熱材はありませんでした。ほかの箇所も写真ように、ペラペラの座布団を乗せたような状態で隙間まみれですので、断熱効果はありません。
“施工不良だ!”と言いたいところですが、これが当時の「当たり前」「正しい施工方法」だったのかもしれません。


■正しい屋根の断熱方法

方法はいろいろあるのですが、私は「母屋間断熱(天井断熱を屋根断熱のように斜めにしたイメージ)」をよく採用します。

断熱・気密施工を完了した様子


断熱・気密前の様子


母屋と母屋の間に断熱材を入れていくので「母屋間断熱」といいます。上から①防水シート、②断熱材、③気密シート、という順番です。この家では300㎜の断熱材を入れています。

わが家の断熱材は当初50㎜だったものがヘタってしまい40㎜程度になっています。

わが家の断熱材は4センチ程度だった


ちなみに、天井断熱の場合は、普通にダウンライトの上に載せてます。昔のダウンライトは発熱してしまうので断熱材を載せることができませんでしたが、現在は「SB型断熱施工用ダウンライト」というものが発売されており、断熱材を載せても特別な注意を必要としません。

■床下からも熱が侵入している!

さらに、床下にも潜ってみました(執念深い)。

薄っぺらい断熱材が垂れ下がり隙間まみれ


一階の床断熱も垂れ下がって隙間ができており、断熱材の役目が果たされていません(涙)。

完全に断熱材が落ちている所も!


なぜ冷房が効かないのかがこれで分かりました。断熱材の薄さと施工不良です。
「断熱」というのは、夏は外からの熱の侵入を防ぎ、冷房の冷たい空気を室内で「保冷」する役割があります。
わが家をクーラーボックスにたとえれば、蓋が半分ないような状態。氷をたくさん入れても、炎天下では氷はすぐに溶けてしまい、飲み物は冷えません。

ちなみに、灼熱の夏は終わりましたが、次は冷気の侵入が気になる冬。10月の時点で既に寒いです。

妻の口癖が「暑い!」から「寒い!」になってきました(汗)



□コラム「新築の家は大丈夫!? 家の性能とエアコン事情」
わが家は平成3年に建てられた築29年の家です。平成後期~令和の時代において、「今の新築の家は性能も上がっているし、大丈夫だろう」と思っているそこのあなた、現実は違います!
住宅展示場に建っている家の裏側を見てみてください。大量の室外機があると思います。

住宅展示場のモデルハウスの裏側の室外機。この家は11個(写真では9個しか見えていない)の室外機が付いている

この家は合計10個の室外機がついていた(写真は8個しか見えていない)


室外機の数=エアコンの数です。つまり、これだけのエアコンを稼働させないと、冬は暖かく、夏は涼しくすることが不可能なのです。わが家のエアコンは、1階リビング、2階寝室、仕事部屋の合計3台です。省エネ基準で必要な断熱材の厚みや断熱の性能値は上がっていますが、築29年のわが家と最近の新築の家のエアコン台数が同じであれば、エアコンを稼働させないと暑い・寒いことや、電気代の節約のために暑さや寒さを我慢するという点では大差ないのではないでしょうか。

テキスト:神長宏明(ラファエル設計)

次回予告
・トイレの臭いが部屋へ拡散される!?
・湿気とカビが猛威を振るう
・隠す収納なのに、丸見え?
・低気密低断熱住宅にはうまい棒がおすすめ

連載⑥はコチラ

前回の記事:連載④「爆上がりの光熱費」

こちらの記事もおすすめ

「国産の製材を使う」在来軸組でつくる木の保育所①

2021/08/17

国産材(JAS製材)を用いた非住宅の木造建築は注目すべきトレンドの1つ。ここでは、 古川泰司氏(アトリエフルカワ一級建築士事務所)が設計を手がけた「わらしべの里共同保育所」を紹介します。主として埼玉県産材を用いた準耐火建築物で、燃えしろ設計を活用した木のインテリアが特徴的です。

【動画】木造防耐火の法改正と最新技術

動画 建築 セミナー2021/12/28

2021年11月に実施されたジャパンホームショー2021・建築知識実務セミナーでは、木造防耐火の第一人者・安井昇氏(桜設計集団)が「木造防耐火の法改正と最新技術」と題して、木造化・木質化が進んでいる建築業界の現状や、建築基準法の改正内容について、実例や実験データを交えながら解説しました。

どこがすごい?LIXIL住宅研究所が開発した「すごい家」

住宅2021/10/26

今、多くの人が自身や家族の健康について不安に感じているというデータがあります。この記事では、そんな声に応えてLIXIL住宅研究所が開発した「すごい家」の全貌をご紹介。高い断熱・気密性能はもちろん、耐震性能や最新設備の搭載など、これからの住宅に必要なものがぎゅっと詰まっています!

「子育て家族には戸建てが一番な理由」低気密低断熱住宅に住んだルポ③

連載2020/10/12

こんにちは。一級建築士の神長宏明です。私は高気密高断熱住宅を設計していますが、住んでいるのは【低気密低断熱住宅】です。連載3回目は、住んでみて分かった戸建て住宅の魅力をレポートしていきます。

都心マンションにミニマリズム空間が登場!

2021/07/21

都心に建つヴィンテージマンションに、”ミニマリズム”がコンセプトのモデルルームがオープン。装飾的要素をなくすだけでなく、本物の素材や緻密に計算された照明で生み出される空間の広がり、そして無駄をそぎ落とした余白のあるデザインと間取りは、新しいラグジュアリーの価値観を提案します。

Pick up注目の記事

Top