【PR】付加断熱は火事に強い!準防火地域でも木の外観が可能

準防火地域および法22条区域でも「窯業系サイディングと同じように、外壁に木を張りたい」。そんなつくり手たちの声に応えて北方総合建築研究所が、付加断熱+木外壁で防火構造30分の大臣認定を取得しました。これにより防火上制限を受ける地域でも、高断熱なら木の外観にすることができます。

断熱材5種で防火認定を取得

都心部の住宅街の多くが、準防火地域および法22条区域に指定されているため、外壁に木を張ろうとすると、下地に石こうボードなどの不燃材を張ることになります。その手間から、市街地では木の外観を断念するケースも少なくありません。

一方で、住宅の高性能化が求められるようになり、断熱材を2重に入れる「付加断熱」が普及し始めています。ぶ厚い断熱層は、外壁に着火しても室内に届くのを遅らせることができます。そんな断熱層の防火性に着目した北方総合建築研究所(以下、北総研)は、各種断熱材メーカーに認定取得を呼びかけ、フェノールフォーム・グラスウール・ロックウール・ポリスチレンフォーム(押出法・ビーズ法)の5種類の付加断熱材で防火構造30分の大臣認定取得を実現しました。

 

北総研防火木外壁の構造

外装材の仕様

製材 難燃処理は不要
樹種 何でもOK
板幅 100~240mm
板厚 15~30mm
板方向 縦張りまたは横張り
張り方 ①突付け ②本実 ③相じゃくり ④突付け+目板(重なり15mm以上) ⑤大和張り(外装材+目板) ⑥大和張り(外装材+外装材) ⑦よろい張り
木材の重なり幅 15mm以上
塗料 各種樹脂塗料/油性塗料/合成樹脂塗料/木材保護塗料/光触媒塗料等
塗布量 520g/m2以下

大臣認定というと、使える建材や留付け材の種類、寸法の範囲などが決められ、認定書に記された仕様から1つでも外れると建築基準法違反になってしまいます。「北総研防火外壁」も例外ではありませんが、釘の打ち方や塗装の仕方まで「これ以上いい加減な施工はしないだろう」という仕様で評価試験を受けているため、大工さんが施工方法を変更したり、細かなルールを覚えたりする必要はなさそうです。それでも採用する際には、必ず認定書を確認するようにしてください。

北総研防火木外壁の概要についてはこちら

 

狭小地ならネオマフォームが使いやすい

上記で紹介した断熱材5種のなかでも、熱伝導率0.020W /m・Kという高い断熱性能をもつネオマフォーム(旭化成建材)は、薄くても性能を発揮するため、敷地が限られた都心部の付加断熱材にはおすすめです。

ネオマフォームの原料であるフェノール樹脂は熱に強く、燃焼時にもガスを発生しにくいので、薄くても防火性能が落ちることはありません。

実際に炎を当てても炭化するだけで、燃え広がりもない

ちなみにネオマフォームは、付加断熱だけでなく、充填断熱でも大臣認定を取得しています。

 

これにより準防火地域でも不燃材を使用せずに、全面木外装が可能となりました。部分張りも場所を選ばず仕上げられるため、市街地で付加断熱を採用するメリットも高まります。

建築家・飯塚豊さんが東京都練馬区で建築中の家。これまで準防火地域では、ガルバリウム鋼板を使っていたが、今回の大臣認定取得を知り、ネオマフォーム60mmの付加断熱にして木の外観を実現。UA値は0.24。    2021年12月完成予定

 

「高断熱+木の外観」の家が増えれば、快適な暮らしとセットで町並みも豊かになりますね。

 

こちらの記事もおすすめ

【PR】【動画】〝和紙畳〞が広げる日本建築の可能性

2021/12/17

「靴を脱いで、畳の上で寝転がれるホテルの客室」。そんな日本的なくつろぎを体感できるホテルがあります。その1つが「星野リゾート BEB5軽井沢」。今回は、設計を手がけた佐々木達郎氏に、お話を伺いました。動画でもその世界観をお楽しみください!

「人と水の制約をなくす」―超小型水再生処理設備②―

設備2021/10/01

水は私たちの生活に欠かせない資源。しかし、その資源を社会に広く供給するには、莫大なコストがかかります。しかも、排水の使いまわしが難しいのも水ならではの問題。今回は、水の再生技術を”設備”として展開するWOTAの技術・製品を紹介します。排水の再生率は何と98%以上にも達します。

【PR】まるで壁が開くような親子ドア「GRANDE(グランデ)」

2022/07/27

室内ドア「フルハイトドア®」の製造・販売を行う神谷コーポレーション湘南は、従来のデザインとはまったく違い、壁自体が開いたように感じられる親子ドア「グランデ」を横浜ショールームに展示しています。

【PR】なぜ? あの人気工務店がシロアリ対策に”ホウ酸”を選ぶ理由

動画 建材 サービス2020/12/18

木造住宅を劣化させる3大原因は、「雨漏り」「結露」そして「シロアリ」の3つです。
ここではそのシロアリ対策について、つくば市を中心に年間24棟の注文住宅を手がけている柴木材店の代表取締役 柴修一郎氏に、ホウ酸を採用している理由を語ってもらいました。

飛沫を吸う!?対面でも安心して会議ができるテーブル

動画 家具2020/10/16

コクヨ株式会社は、2020年10月13日、オフィスでの会議で生じる飛沫を吸引し室内への飛沫の拡散を防止する会議用テーブル「エアトリーブ」を発表しました。2020年12月より受注開始予定です。

Pick up注目の記事

Top