動画 住宅

【動画】建築家 阿部勤の自邸「中心のある家」の美しい内部空間

建築知識ビルダーズ編集部が、取材の合間にスマホで撮影した動画を公開。阿部勤さんがキッチンに立つ貴重な姿も収録しています。経年は伝わってくるが古さを感じさせない、名作住宅だけが放つ魅力を体験してください。

木々に覆われた小さなコンクリート住宅

住宅街を歩いていくと、一画だけ青々と木々が茂っている家が見えてきます。角に植えられた大きなケヤキの木陰に車が停められ、近づくと緑の中から小さなコンクリート住宅が顔をのぞかせます。

2020年6月、建築家の伊礼智さんと訪問(撮影:編集部)

外観正面(建築知識ビルダーズ42号掲載、撮影:小川重雄)

 

建築家・阿部勤さんの自邸「中心のある家」は、1974年竣工。延床30坪のコンクリート住宅は、堅牢でありながら開放的につくられ、年月をかけて木々と一体になった佇まいは、どこか異国情緒が漂います。

コーナーにつくられたテラス。アジアのホテルのような空気が漂い、ここが住宅街であることを忘れてしまう(撮影:編集部)

この中で営まれてきた積年の暮らしがこの家の体温となって、建築に命を与え続けてきました。そのため、築46年経った今が最も美しいのではないかと思うほど、家の中のどこを撮っても艶やかな空気が流れています。

1階の中央に位置するリビング。奥にダイニングが見える(撮影:小川重雄)

2017年に公開された映画『蝶の眠り』(チョン・ジェウン監督)では、中山美穂さん演じる小説家の家のロケ地にもなりました。阿部さんは撮影の間の数カ月、友達の家を転々としていたそうですよ、笑。

 

大小2つの正方形がつくる固定概念にとらわれない生活空間

この家は、大小2つの正方形を重ねで描かれたプランが特徴。四隅に生み出された小さな空間は、壁に守られながらも、外とのつながりを感じられる、なんとも心地よい場所になっています。

阿部さん手描きの1階プラン。建築知識ビルダーズ41号掲載

1階のコーナーにつくられたデイベッドでくつろぐ伊礼さん(撮影:編集部)

年月に証明された建築だけが放つ色気と貫禄、そしてどんな来訪者も受け入れる包容力を持ち合わせた、まさに名作住宅。そんな「中心のある家」の内部空間を、動画で体験いただけます。編集部がスマホで撮影したものですが、誌面では伝え切れなかった阿部さんの暮らしぶりが垣間見られる内容となっています。

ぜひ、『建築知識ビルダーズ41号』(手描きプラン掲載)と『建築知識ビルダーズ42号』(小川重雄撮り下ろし写真掲載)と合わせてご覧ください。

こちらの記事もおすすめ

「マンションの断熱改修」各務謙司マンションリノベ①

住宅 建築2021/06/15

『世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション』の著者であり、都心を中心に、マンション・リノベーションの設計を手がける各務謙司氏。間取りとインテリア、家具・ファブリックのデザイン・コーディネートに加え、法規・断熱・構造・設備・遮音などに関する知識を紹介しましょう。

「“快適基準寸法”を生かす」スノーピークの家づくり③

住宅 建築2022/05/17

アウトドアブランドとして人気が高いスノーピーク。“衣・食・住・働・遊”のフィールドをあまねく網羅し、特に、住宅関連では“野遊びできる家。”をコンセプトに、規格住宅や街並みの監修を含むアーバンアウトドア事業を展開しています。今回は主に、外廻り空間をデザインするためのルールについて紹介します。

「内外の境界を美しく納めるディテール」昼の庭と夜の庭の美しい佇まい③

住宅2020/10/02

建築家・彦根明氏と造園家・荻野寿也氏がデザインを手がけたコートハウス「SGY」。建物のどの位置からも中庭の植栽を眺められ、居心地の良さは抜群です。昼も夜も。ここでは「SGY」の魅力と設計手法について、3回に分けて紹介します。

【PR】「高性能グラスウールの選び方」木造の断熱改修①

住宅 建材2021/05/28

図面がなく、解体しないと状態が分からない改修工事では、適切な断熱材を現場で選ぶ判断能力が求められます。築40年の木造戸建住宅の改修を通して、高性能グラスウールの適切な使い方を解説します。

「断熱は“適材適造”」寒冷地で別荘をつくる方法ー②

住宅 建築 インタビュー2022/09/13

自然豊かな北海道、特にニセコや富良野では、外国人の不動産投資が活況。自然と一体化したダイナミックな建築が数多く計画されています。今回は、外国人向け別荘の設計を数多く手がける須藤朋之氏(SAAD/建築設計事務所)に、建築計画や断熱・気密の考え方をお伺いしました。

Pick up注目の記事

Top