動画 住宅 建材

相次ぐ室外機の盗難! 今すぐできる防犯対策

最近のニュースで衝撃だった「エアコン室外機の盗難」。エアコンの室外機だけでは使い道がないはずなのに、盗難が相次いでいる理由は銅の売買のようです。地味だけれど、非常に困るエアコン室外機の盗難を防止する方法を全国の工務店に聞いてみました。

全国各地で相次ぐエアコン室外機の盗難。室外機が置かれる場所は基本的に外からは目立たない場所が多く、そのような場所から家の中に侵入されることも考えられます。

今回は家を建てた後にできることと、これからの家づくりで役に立つ防犯対策を、全国の優秀な工務店が集う工務店編集会議のメンバーに聞いてみました。

家を建てた後にできる! コスパ重視の防犯対策

「室外機の盗難対策だけにコストをかけるのはもったいない!」ということで、不法侵入を防止する対策を紹介します。

2,000円代の防犯カメラを数台設置

工務店が口をそろえて提案するのが、お手頃価格の防犯カメラを数台設置すること。お勧めは2,000円代で手に入る「ATOM Cam  (アトムカム)」。自宅や事務所の死角に数カ所設置している工務店も少なくありません。

アプリをダウンロードすれば、遠隔にいても現地の様子をチェックできるので便利。不審な動きを感知したときのアラート付きです。設置のポイントは、死角になる場所を含めて複数台の設置と、泥棒に「防犯カメラがあるぞ!」と分かるところに設置しておくことです。

カメラを窓の上に設置(写真提供:あすなろ建設工房

カメラをウッドデッキの隅に設置(写真提供:あすなろ建設工房

カメラを逆さまに取り付けた(写真提供:あすなろ建築工房

アライグマが庭に侵入している様子がバッチリ映っている。録画機能もあるので安心だ(写真提供:あすなろ建築工房

 

夜でもしっかり映し出す(写真提供:あすなろ建築工房

 

死角に音が鳴る砂利を引く

泥棒が嫌うものの1つに「音」があります。カメラの設置だけだと不安な人や、機械を使うのが憚られる人は音で対策をしましょう。コスパ重視で考えるなら、「防犯砂利」がお勧め。砂利の音で防犯になるの!?と思われますが、目覚まし音の80bBの大きな音が出る建材もあります。

いろいろな素材やカラーがあるので、自分の家の外観デザインに合わせて選べるのも嬉しい。

砂利は、防犯だけでなく雑草防止や泥跳ねなどにも一役買ってくれる(写真提供:でんホーム

碍子(がいし)という特殊な石。通常の防犯砂利は軽いので風で飛んだり動いたりしがちだが、この石は重いのでその心配がない(写真提供:高栄ハウジング

 

他にもこんな防犯アイデアが!

■音が鳴る人感センサーを気になる場所に取り付ける(ダイシンビルド 清水一人さん)

■室外機に「GPS装着中」「監視中」などのステッカーを貼っておく(菊池組 菊池洋壽さん)

 

建てる前に一工夫! 家づくりと防犯対策

家づくりをこれからされる方へ。建てた後に後悔しない防犯対策をいくつか紹介します。

建物の配置を工夫しよう

そもそも死角ができないように建物の配置から考えて設計するのも1つの手です。ある程度ゆとりがある敷地であれば、隣家との距離や周辺環境を考慮した配置を意識しましょう。死角がなくなれば、自ずと泥棒は近づかなくなります。

もちろん、日当たりや通行人の視線など、建物を建てるにあたってさまざまな要素が含まれるので、設計者としっかり話して決めていきましょう。

室外機を2階ベランダに設置

室外機を地面に設置しない方法も考えられます。2階ベランダに設置すれば盗難リスクは限りなくゼロに近づくでしょう。ただし、狭いベランダに室外機を設置すると熱こもりが起き、エアコンの稼働効率が落ちるので注意が必要です。

2階ベランダに室外機を設置。この写真のベランダ幅は910㎜だが、1820㎜あるほうが熱こもりの心配が少ない(写真提供:高栄ハウジング

ペアガラス&トリプルガラスは防犯対策にもなる

室外機の盗難防止にはなりませんが、窓からの侵入を防ぐ対策として、ペアガラス以上の窓を採用しましょう。ある工務店の方の自宅では、窓を割って入ろうとする泥棒被害に2回もあったそうですが、ペアガラスだったため割られずに済み、侵入を未然に防げたそうです。

窓の断熱性能もアップするので、室内環境も向上する一石二鳥の対策です。

窓のガラスの枚数が増えるほど、防犯対策&温熱環境に貢献する

自宅の窓ガラスを泥棒に割られた。ペアガラスだったため、2枚目のガラスは割られず侵入を防ぐことができた(写真提供:ダイシンビルド

ちなみに、窓ガラスを防犯のためにしっかり対策したい人は、「防災安全合わせガラス」を検討してみてください。サッシメーカーによってはオプションで選べます。

室外機は家財なので盗難保険が適用される

どんなに対策をしても盗難を完全に防げるとは限りません。不安な方は火災保険の見直しをしましょう。火災保険のなかには、盗難保険も含まれているものがあります。盗難されたときに、どのような保険が適応されるのか事前に調べておけば、万が一のときも安心です。

ちなみに、エアコン室外機は家財になるので盗難保険に入っていれば適応されることが多いそうです。

盗難や浸入などは起こってからではあとの祭り。日頃から防犯対策を行うことで、家族みんなが安心して過ごせる家にしておきましょう。

 

取材協力:工務店編集会議

テキスト:編集部

こちらの記事もおすすめ

工務店の社屋が熱い! 北海道でゼロエネ&快適オフィスリノベ

建築 設備2020/11/19

全国の工務店の社屋を訪ね、これからの住まいについて考える不定期連載。記念すべき第1回は、札幌市の棟晶。精密機器メーカーの流通倉庫兼事務所だった築30年の鉄骨3階建てをリノベーションして、エネルギー負荷のない先進的な事務所に蘇らせました。

「木のしなやかさを生かす」“地産地消”でこれからの建築が変わる!-後編-

建築2021/06/07

屋根と基礎のみで成り立つ「K.S. Kindergarten Lunch House」。登り梁に採用したスギ材はヤング係数が低いため強度も低いと思われがちですが、この建築ではスギ材に「しなり」を加えることで強度を上げることに成功しました。今回の記事ではその設計方法を紹介します。

「木材を燃えにくくする方法」安井昇の木造化・木質化と防耐火③

建築 連載2021/01/15

 木造化・木質化における防耐火設計とは、木材の延焼防止性能を活用する設計手法であると言い換えられます。防耐火規制に見合う性能を得る手段としては、以下の3つが考えられます。 A:木材を太くする B:木材 …

【PR】【動画】木造防耐火の法改正と最新技術

動画 建築 セミナー2021/12/28

2021年11月に実施されたジャパンホームショー2021・建築知識実務セミナーでは、木造防耐火の第一人者・安井昇氏(桜設計集団)が「木造防耐火の法改正と最新技術」と題して、木造化・木質化が進んでいる建築業界の現状や、建築基準法の改正内容について、実例や実験データを交えながら解説しました。

〝住まい〞の設計は無目的を旨とすべし―増田奏―②

インタビュー2022/01/28

おかげさまで「建築知識」は2021年7月号で通巻800号記念を迎えました。それを記念して、『住まいの解剖図鑑』の著者である増田奏氏(SMA)に、「建築知識」での思い出や、書籍誕生に関する秘話、これからの家づくりについてお話を伺いました。新刊『そもそ もこうだよ 住宅設計』も紹介!

Pick up注目の記事

Top