住宅 建材

「高性能グラスウールの選び方」木造の断熱改修①

図面がなく、解体しないと状態が分からない改修工事では、適切な断熱材を現場で選ぶ判断能力が求められます。築40年の木造戸建住宅の改修を通して、高性能グラスウールの適切な使い方を解説します。

40年の木造戸建住宅。その断熱改修工事が20206月に完了しました。まずは建物の概要を紹介します。

築40年の木造2階建ての家。1階に寝室と浴室、子ども室があり、2階には2層吹抜けになったLDKと子ども室があります。吹抜け部分にはブリッジ空間が設けられています。

断熱改修工事を担当したのは、イン・ハウス建築計画の中西ヒロツグ氏。図面がなく、着工後に解体したため問題は多々ありましたが、旭ファイバーグラス監修のもと適切な断熱材を選択しました。

寸法にばらつきのある壁には、裸の高性能グラスウールが最適

もともと壁には袋入りのグラスウールが設置されていましたが、押込み充塡で隙間があり、断熱性能が十分に発揮されていませんでした。
また、間崩れや補強工事などによる寸法のバラつきがあったため、袋入りではなく裸の高性能グラスウール「アクリアウール」[※1]を89㎜の厚さで充塡し、可変透湿気密シート[※2]を別張りしました。既存建物の制約があり、断熱材の厚みを確保しにくい改修では、繊維の細か高性能グラスウールを採用することで、十分な性能を確保できます。

1 「アクリアウール」16K89㎜、熱抵抗値2.3㎡・KW、熱伝導率0.038W/m・K

※2 冬は通常の防湿気密シートのように湿気を通さず、夏は壁体内が高温多湿になりカビや結露が発生しそうになると湿気を通し、通年を通して壁体内を良好に保つよう機能する「タイベックスマート」(旭・デュポン)を採用

既存外壁はアスベストを含んだ押出し成形セメント板のため、解体せず再利用することにした。また、外壁の通気層がなかったため、防水に配慮しながら、内部結露を抑える可変透湿気密シートを施工した

2階リビングの断熱改修直後の様子。壁には高性能グラスウール「アクリアウール」を施工した。この後、可変透湿気密シートを別張りした。裸のグラスウールであれば、窓廻りやピッチが異なる柱間にもきれいに納めることができる(写真:加々美義人)

 

厚みを確保できない屋根には、より高性能なグラスウールを設置

屋根は、壁と同じ「アクリアウール」を厚さ180㎜で、充填する予定でしたが、解体してみると梁成が150㎜しかなく、通気層も確保されていなかったため、通気部材「風通し銀次郎」を設置する必要が生じました。
結果、「厚みを抑えつつ断熱性能を上げるため、さらに断熱性能が高い『アクリアウールα』[※3]を採用しました」(中西氏)。

3 「アクリアウールα20K140㎜、熱抵抗値4.1㎡・KW、熱伝導率0.034WmK

もともと袋入りのグラスウールが設置されていたが、押し込み充塡で隙間があり、配線のある壁面には断熱材が施工されておらず、十分な断熱性能を発揮できていなかった

屋根の垂木間には、遮熱硬化+屋根断熱時の通気確保が可能な「風通し銀次郎」(旭ファイバーグラス)を施工し、その上から、高性能グラスウールを充填した

屋根には高性能グラスウール「アクリアウールα」を充填した。この後、可変透湿気密シートを別張りした(写真:加々美義人)

屋根に用いた旭ファイバーグラスの「アクリアウールα」のガラス繊維拡大写真。繊維径は約3~4μmで、熱伝導率は0.034W/m・K

 

根太床には、カットできる高性能グラスウールを採用

床の断熱は、土台・大引の間に「アクリアUボードピンレス」[4]をタッカー留めする計画だったものの、1階の床段差を解消するために、根太床にしました。そのため、根太間断熱用の「アクリアUボードNT[5]を採用しました。

4 「アクリアU ボードピンレス」24K80㎜、熱抵抗値2.2㎡・KW、熱伝導率0.036WmK、不織布あり

5 「アクリアU ボードNT24K80㎜、熱抵抗値2.2㎡・KW、熱伝導率0.036 W/m・K、不織布なし

床断熱の施工前。床のレベル差を調整するために根太を配置。根太の上にじかに合板を張るため、根太間に断熱材を施工した

透湿性に優れた「アクリアUボードNT」を採用。カットも簡単なので、不定形な部分も隙間なく埋めることができた

快適で省エネな住まいを実現

今回の改修の断熱仕様は、6地域における平成28年度省エネ基準(UA値0.87W/㎡・K)以上を目指しました。
改修後の計算値でのUA値は「0.61W/㎡・K」。断熱改修の結果、真冬の朝での2階リビングは16℃前後を保つ快適な住まいとなりました。

改修後の2階リビングダイニング。エアコンの稼動率も減り、光熱費の削減にもつながった(写真:長田朋子)

 

断熱改修後の温熱環境の実測結果についての記事はコチラ

設計:中西ヒロツグ(イン・ハウス建築計画
施工:鳶高橋
取材協力:旭ファイバーグラス

こちらの記事もおすすめ

木のホテル「星野リゾート BEB5 軽井沢」の設計手法①

建築2020/10/20

木造1時間準耐火建築物のホテルとして注目を集め、数々の賞を受賞した「星野リゾート BEB5軽井沢」。今回は、この建物の設計を手がけた佐々木達郎氏に、構造・意匠・遮音・外装などについて、そのポイントを伺いました。

耐久性と美観を両立!レッドシダーを使った木の外観デザイン4選

住宅2021/04/16

外壁やウッドデッキに使われる木材のなかでも、レッドシダー(ヒノキ科。和名はベイスギ、英名はウエスタンレッドシダー)は木目が詰まっており、耐久性が高く、見た目も美しい。そんなレッドシダーを使った木の外観デザインを、Instagramの投稿企画「#bコレ美しい住まいの外観」より紹介します。

【動画】これだけは知っておきたい。住宅の耐震・防火

2022/01/07

木造住宅の「耐震」と「防火」は、命を守るために絶対必要な安全性能です。これらをおろそかにして優先することなど1つもありません。そのくらい重要なことですから、多少堅苦しい内容であっても家づくりを始める前に、基本だけは押さえておくとよいでしょう。

【動画】建築家 阿部勤の自邸「中心のある家」の美しい内部空間

動画 住宅2021/01/12

建築知識ビルダーズ編集部が、取材の合間にスマホで撮影した動画を公開。阿部勤さんがキッチンに立つ貴重な姿も収録しています。経年は伝わってくるが古さを感じさせない、名作住宅だけが放つ魅力を体験してください。

「視線が自然と坪庭へと導かれる高低差の設計」昼の庭と夜の庭の美しい佇まい②

住宅2020/09/29

建築家・彦根明氏と造園家・荻野寿也氏がデザインを手がけたコートハウス「SGY」。建物のどの位置からも中庭の植栽を眺められ、居心地の良さは抜群です。昼も夜も。ここでは「SGY」の魅力と設計手法について、3回に分けて紹介します。

Pick up注目の記事

Top