住宅 建材

「高性能グラスウールの選び方」木造の断熱改修①

図面がなく、解体しないと状態が分からない改修工事では、適切な断熱材を現場で選ぶ判断能力が求められます。築40年の木造戸建住宅の改修を通して、高性能グラスウールの適切な使い方を解説します。

40年の木造戸建住宅。その断熱改修工事が20206月に完了しました。まずは建物の概要を紹介します。

築40年の木造2階建ての家。1階に寝室と浴室、子ども室があり、2階には2層吹抜けになったLDKと子ども室があります。吹抜け部分にはブリッジ空間が設けられています。

断熱改修工事を担当したのは、イン・ハウス建築計画の中西ヒロツグ氏。図面がなく、着工後に解体したため問題は多々ありましたが、旭ファイバーグラス監修のもと適切な断熱材を選択しました。

寸法にばらつきのある壁には、裸の高性能グラスウールが最適

もともと壁には袋入りのグラスウールが設置されていましたが、押込み充塡で隙間があり、断熱性能が十分に発揮されていませんでした。
また、間崩れや補強工事などによる寸法のバラつきがあったため、袋入りではなく裸の高性能グラスウール「アクリアウール」[※1]を89㎜の厚さで充塡し、可変透湿気密シート[※2]を別張りしました。既存建物の制約があり、断熱材の厚みを確保しにくい改修では、繊維の細か高性能グラスウールを採用することで、十分な性能を確保できます。

1 「アクリアウール」16K89㎜、熱抵抗値2.3㎡・KW、熱伝導率0.038W/m・K

※2 冬は通常の防湿気密シートのように湿気を通さず、夏は壁体内が高温多湿になりカビや結露が発生しそうになると湿気を通し、通年を通して壁体内を良好に保つよう機能する「タイベックスマート」(旭・デュポン)を採用

既存外壁はアスベストを含んだ押出し成形セメント板のため、解体せず再利用することにした。また、外壁の通気層がなかったため、防水に配慮しながら、内部結露を抑える可変透湿気密シートを施工した

2階リビングの断熱改修直後の様子。壁には高性能グラスウール「アクリアウール」を施工した。この後、可変透湿気密シートを別張りした。裸のグラスウールであれば、窓廻りやピッチが異なる柱間にもきれいに納めることができる(写真:加々美義人)

 

厚みを確保できない屋根には、より高性能なグラスウールを設置

屋根は、壁と同じ「アクリアウール」を厚さ180㎜で、充填する予定でしたが、解体してみると梁成が150㎜しかなく、通気層も確保されていなかったため、通気部材「風通し銀次郎」を設置する必要が生じました。
結果、「厚みを抑えつつ断熱性能を上げるため、さらに断熱性能が高い『アクリアウールα』[※3]を採用しました」(中西氏)。

3 「アクリアウールα20K140㎜、熱抵抗値4.1㎡・KW、熱伝導率0.034WmK

もともと袋入りのグラスウールが設置されていたが、押し込み充塡で隙間があり、配線のある壁面には断熱材が施工されておらず、十分な断熱性能を発揮できていなかった

屋根の垂木間には、遮熱硬化+屋根断熱時の通気確保が可能な「風通し銀次郎」(旭ファイバーグラス)を施工し、その上から、高性能グラスウールを充填した

屋根には高性能グラスウール「アクリアウールα」を充填した。この後、可変透湿気密シートを別張りした(写真:加々美義人)

屋根に用いた旭ファイバーグラスの「アクリアウールα」のガラス繊維拡大写真。繊維径は約3~4μmで、熱伝導率は0.034W/m・K

 

根太床には、カットできる高性能グラスウールを採用

床の断熱は、土台・大引の間に「アクリアUボードピンレス」[4]をタッカー留めする計画だったものの、1階の床段差を解消するために、根太床にしました。そのため、根太間断熱用の「アクリアUボードNT[5]を採用しました。

4 「アクリアU ボードピンレス」24K80㎜、熱抵抗値2.2㎡・KW、熱伝導率0.036WmK、不織布あり

5 「アクリアU ボードNT24K80㎜、熱抵抗値2.2㎡・KW、熱伝導率0.036 W/m・K、不織布なし

床断熱の施工前。床のレベル差を調整するために根太を配置。根太の上にじかに合板を張るため、根太間に断熱材を施工した

透湿性に優れた「アクリアUボードNT」を採用。カットも簡単なので、不定形な部分も隙間なく埋めることができた

快適で省エネな住まいを実現

今回の改修の断熱仕様は、6地域における平成28年度省エネ基準(UA値0.87W/㎡・K)以上を目指しました。
改修後の計算値でのUA値は「0.61W/㎡・K」。断熱改修の結果、真冬の朝での2階リビングは16℃前後を保つ快適な住まいとなりました。

改修後の2階リビングダイニング。エアコンの稼動率も減り、光熱費の削減にもつながった(写真:長田朋子)

 

断熱改修後の温熱環境の実測結果についての記事はコチラ

設計:中西ヒロツグ(イン・ハウス建築計画
施工:鳶高橋
取材協力:旭ファイバーグラス

こちらの記事もおすすめ

乃木坂46、木の建築で舞う。~「シンクロニシティ」ミュージックビデオ撮影秘話〜

住宅2020/10/30

「建築知識2019年8月号」に掲載した『乃木坂46、木の建築で舞う。~「シンクロニシティ」ミュージックビデオ撮影秘話〜』。先日、乃木坂46を卒業した白石麻衣さんがセンターを務めた楽曲のMV秘話をご覧ください。

部屋がぐっと垢抜ける!壁の飾り方

家具2021/02/15

インテリア雑誌などを見ると、壁に写真やポスターを飾っておしゃれにしている部屋がよく掲載されています。しかし、いざ自分でやってみようとすると案外難しいもの。ここでは、壁を飾るとときの「これさえ守っておけばOK」ルールを紹介します。

「第一印象は外観とレセプションでつくる」美しいホテルリノベの法則①

建築2020/08/12

ホテルでは、遊休状態の不動産をリノベーションするケースが少なくありません。今回は、ホテル・リノベーションのデザインを数多く手がけるSTAR・佐竹永太郎氏にその考え方をインタビュー。美しい写真とともに解説します。

お財布にも地球にも優しい「ほぼオフグリッド」って?

住宅2021/09/07

オフグリッドとは、電力会社から電力の供給を受けず、電力を自給自足する暮らしのこと。こう聞くとハードルの高いものに思えますが、「ほぼオフグリッド」なら取り入れたくなるかも。この記事では、オフグリッドの基礎知識と、「ほぼオフグリッドハウス」の事例もご紹介。

【動画】「資金計画」と「土地選び」しくじらないために知っておきたい4つの現実

動画 住宅2021/06/15

家づくりのはじめの一歩でつまづかないためにも「資金計画」と「土地選び」は慎重かつ冷静に行ってほしい。そんな工務店の願いを動画で発信中。注文住宅を希望する人には知ってほしい、お金・キャッシュフロー・不動産会社・災害リスクの4つの現実確認。

Pick up注目の記事

Top