住宅

「せんべいが湿気る家」低気密低断熱住宅ルポ⑥

こんにちは。一級建築士の神長宏明です。私は、エアコンを24時間つけっぱなしでも月々の光熱費が1万円以下で済む高気密高断熱住宅を設計していますが、住んでいるのは【低気密低断熱住宅】です。この連載では、低気密低断熱住宅の住み心地を数回に分けてレポートしていきます。6回目は、身近なお菓子を使った湿気実験のレポートです。

神長家の概要
■家賃:約9万円/月(3,250万円のローンを組んだときと月の返済額は大体同じ)
■立地:宇都宮駅から車で15分
■築年数:築29年(1991年8月竣工)
■延べ床面積:125.44㎡(37.94坪)
■断熱性能:築年数と天井断熱材の状況から昭和55年基準と推定(昭和55年区域区分Ⅲ・栃木県・Q値4.7)。無断熱ではなく、断熱材は気持ち程度入っている状態

間取りは、一般的な玄関ホールを挟んで、LDKと和室に分かれている。2階の15帖の洋室は神長さんの仕事部屋として使っている

 

低気密低断熱住宅におすすめのお菓子

■せんべいで分かる家の湿気
2020年夏。マンションに住んでいたときよりもお菓子がすぐに湿気る気がしたので、本当に湿気ているのか、「せんべい」と「うまい棒」をキッチンに置いて、開封時から時間が経ったときの含水率を測ってみました。

時刻は15時20分。室温25.4℃、湿度71%(空気中の水分量約14.8g)。

「せんべいA」と「うまい棒A」を開封して実験スタート!

開封したてのせんべいAの含水率は0%。かじるとパリっと音がする

開封時のうまい棒Aの含水率も0%。サクサクと食べられる

 

■せんべいはバリっとせず。一方、うまい棒は…
50分後…。
16時11分、室温24.3℃、湿度65.1%(空気中の水分量約12.6g)。

50分後のせんべいAの含水率は28%に。かじると若干湿気た触感

せんべいAの裏側は含水率32%

 

50分後、空気中の水分が2.2g減っています。せんべいに吸われたのか(ちょっと冗談です)、せんべいAの含水率は28%に増えていました。つまり、湿気ています。

一方、うまい棒は0%のままでした!!

ちなみに、1枚目のせんべいAがもともと湿気ていた可能性もあるので、実験開始から数分後に2枚目(右)のせんべいBを開封し、同じようにキッチンに50分間放置しました。結果は、同じように湿気ていました。

50分後のせんべいBの含水率も20%になっている

ここから分かるのは、湿気の多い低気密低断熱住宅でのおすすめのお菓子は、開封して50分放置されるなら、湿気やすいせんべいより、「うまい棒」が適しているということです。

ただし、さすがのうまい棒も1702分(1時間40分経過すると)には、含水率は15%となり、湿気始めました。

そして、せんべいは47%まで増えていました。

17時01分(1時間40分経過)、うまい棒Aを測定。含水率は15%になっていた

17時01分(1時間40分経過)、せんべいAの含水率は47%まで増えている

 

さらに3時間経過すると、うまい棒は噛みちぎらないと食べられませんでした(ビーフジャーキー状態)。この結論から、低気密低断熱の家では、お菓子を開封した後は賞味期限に関係なく、お早めにお召し上がりください。

テキスト:神長宏明(ラファエル設計)

次回予告
・夏場の湿度は70%越え!
・冬場もカビが生える浴室
・なぜカビが発生するのか原因究明

連載⑦はコチラ

前回の記事:連載⑤「冷房の効きが悪い理由」

 

こちらの記事もおすすめ

【動画】高断熱・高気密住宅のプランと設計の注意点

動画2022/01/18

鈴木信弘さんは、デザイン性だけではなく断熱性能や耐震性の高い住宅を設計しています。2021年11月に実施されたジャパンホームショー2021・建築知識実務セミナーでは、建物を高断熱・高気密にすることで建物のプランがどう変わるのか、設計の際の注意点について解説いただきました。

「地域性を読み取る」建築教育のリアル②

住宅 建築2022/03/01

「建築学科を卒業したにも関わらず、実務設計の知識がない!」と、新人教育で嘆く実務者の声をよく聞きます。この連載では、「実施設計を行い、実際に家を建てる」というユニークな授業を行うフェリカ家づくり専門学校(以下、同校)の教育現場を取材。連載2 回目は、個性的な実施設計と規格住宅の違いについて考えます。

【動画】建築家 阿部勤の自邸「中心のある家」の美しい内部空間

動画 住宅2021/01/12

建築知識ビルダーズ編集部が、取材の合間にスマホで撮影した動画を公開。阿部勤さんがキッチンに立つ貴重な姿も収録しています。経年は伝わってくるが古さを感じさせない、名作住宅だけが放つ魅力を体験してください。

リノベーションが創造する 過去のある未来②

住宅 建築 連載2023/01/27

住宅に限らず、商店・ビルなど、さまざまな用途分野で活性を高めているリノベーション。本対談では、設計者としていち早くからリノベーションを手がけてきた各務謙司氏と中西ヒロツグ氏が、建築としてのリノベーションの魅力や、長年の経験で培われてきたノウハウについて語ります。

「都心の真ん中に立つ活動の場」働き方とまちづくり①

建築2022/04/15

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、リモートワークなどの柔軟な働き方が一気に浸透しました。この連載では、新たなライフスタイルに合わせ多様化する働き方やそれらを受け止めるワークプレイス、またその周辺を取り巻くまちとの関わりについて紹介します。

Pick up注目の記事

Top