動画

【PR】【動画】マイクロバブルバスユニットの圧倒的な泡量でお風呂を格上げ!

最近、話題になっている「マイクロバブル」。リンナイの「マイクロバブルバスユニット」は圧倒的な泡量を誇り、毎日の入浴時間を格上げしてくれます。もちろん洗浄効果も抜群で、美容効果や温浴効果も期待できます。今回の記事では、製品の概要とマイクロバブルを体験した感想をご紹介します。

今、注目の「マイクロバブル」とは

みなさんは、「マイクロバブル」をご存じですか?最近、CMWEBで聞いたことがある人も多いかもしれません。

「マイクロバブル」というのは直径1100μmの微細な気泡のことで、これをお風呂のお湯に溶け込ませることで洗浄効果や温浴効果のアップが期待できると、世代・男女問わず人気が高まっています。

リンナイの「マイクロバブルバスユニット」は泡量がスゴイ!

そんなマイクロバブルを自宅で気軽に楽しむことができる製品が、リンナイの「マイクロバブルバスユニット」。リンナイでは10年以上前からマイクロバブル入浴について研究開発を重ねてきており、独自の技術によって1ccあたり約3万個ものマイクロバブルをつくり出すことに成功しました。「マイクロバブルバスユニット」がつくりだす圧倒的な泡量は、滑らかで肌触りがよく、他のマイクロバブル関連商品とは一線を画します。

特別感を演出してくれる白濁したお湯

マイクロバブルバスユニットでつくられる白濁した肌触りのよいお湯は、毎日の入浴を特別な時間に変えてくれます。調査によると、マイクロバブル入浴は、水道水を温めただけのさら湯と比べて「ワクワク感」や「感動」が約2倍味わえるという調査結果も出ています。温泉を連想させる乳白色のお湯が、「非日常感」を求める多くの人から指示を得ているのです。

「入浴施設に行かないと体感できないようなリラックス感やポカポカを感じることができ、とても感動しました。」(50代女性)

「贅沢な気分を味わうことができ、家にいながらにしてリラックス効果も感じられます。」(30代女性)

もちろん、洗浄効果による美容や健康へのメリットもあります。微細な気泡が毛穴へと浸透し、皮膚の汚れや毛穴に溜まった皮膚の汚れや毛穴に溜まった皮膚汚れを吸着して取り除いてくれます。実証実験によると、固形汚れの除去率は、通常のお湯と比べて約1.5倍という結果が出ています。

「さら湯より肌への影響が感じられ、スキンケアにも良い影響を与えてくれそうです。」(20代女性)

「入浴剤に頼らずとも、そのまま入りたいと感じ、美肌効果も期待できるのではないかと感じました。」(30代女性)

既存の浴槽でも、簡単に取り付け可能!

マイクロバブルバスユニットは給湯システムなので、既存の浴槽でも、新設するユニットバスでも、給湯器を設置する手間とほとんど変わらずに導入できます。既存の浴槽に導入する場合は、浴槽に専用の循環金具を取り付け、リモコンを取り換えるだけで完了します。

 マイクロバブルバスユニットを実際に体験してみました!

マイクロバブルバスユニットによる入浴はどんなものなのか、リンナイの体験型ショールーム「Hot.Lab」(要予約)で実際に体験してきました。ここでは、機器単体の展示ではなく、マイクロバブルバスユニットの世界観を表現した浴室空間が展示されており、実際に入浴することができます(新型コロナウイルス感染防止のため、現在は手入浴のみ)。

ショールームに入ると落ち着いたラグジュアリー空間が広がり、一気に日常が遠のくようです。

ショールーム入口。窓越しにマイクロバブルバスユニットがある

 

リモコンの「マイクロバブル」スイッチを入れて、しばらくするとものすごい量の泡が循環金具から吹き出してきました。白い泡がお湯に広がっていく姿は入道雲のようで、見ているだけでリラックスな気分に。そうしているうちに、1分ほどでお湯が白濁色になりました。

マイクロバブルが吹き出している様子。循環金具は少々大きいですが、スマートなデザインで見た目も◎

実際に手を入れてみると、さら湯よりも滑らかな手触り。泡は目に見えないほど小さいため、「泡のお風呂」というよりは、少しとろみを感じる白濁色の温泉、といった印象に近いです。

泡に触れてみると柔らかで肌触りがよく心地よいです!

一番効果を感じたのは入浴を終えた後。タオルで水気を取った後もしっとりと潤っているかのような印象で、肌の質感が柔らかくなったように感じました。

体験している様子は下記の動画をご覧ください。

「冬場などの乾燥する季節でも、急いで化粧水を塗る必要がないという方もいらっしゃいます。お子さんと一緒にお風呂に入ると、子どもの世話に追われて自分の肌の手入れが遅れてしまう……という方も安心です」(ショールームご担当)

お風呂は、日常のなかで唯一ひとりになれる貴重な時間。リンナイのマイクロバブルバスユニットで、手軽にワンランク上の贅沢を手に入れてみませんか?詳しい情報は建築知識ビルダーズNo.45で紹介しているので、ぜひそちらをご覧になってみてください!

製品についての資料請求はこちらから!

製品に関する資料はこちらから取り寄せができます。

  • 件名に「マイクロバブルバスユニットの資料送付希望」と入れてください。
  • 本文に以下の記載をお願いします。※不備がある場合、資料を送付できない場合がございます。ご了承ください。
  • 必ず<【重要】資料請求について>をご一読いただくようお願いいたします。

<個人情報の取り扱いについて>を確認済みである

②お名前

③フリガナ

④会社名

⑤送付先郵便番号

⑥送付先住所

E-mailアドレス

⑧送付先電話番号

個人情報の訂正・利用停止、削除等をご希望の場合、その他のお問合わせにつきましては、以下の窓口までご連絡ください。

お問合せ窓口:株式会社エクスナレッジ 広告部

TEL. 03-3403-1343

Email. ad1@xknowledge.co.jp

こちらの記事もおすすめ

【PR】付加断熱は火事に強い!準防火地域でも木の外観が可能

2021/07/02

準防火地域および法22条区域でも「窯業系サイディングと同じように、外壁に木を張りたい」。そんなつくり手たちの声に応えて北方総合建築研究所が、付加断熱+木外壁で防火構造30分の大臣認定を取得しました。これにより防火上制限を受ける地域でも、高断熱なら木の外観にすることができます。

【PR】理研軽金属工業が排水性、施工性を高めたアルミひさし4タイプをラインアップ

2022/10/19

総合アルミメーカーの理研軽金属工業は、意匠性、排水性、 施工性に優れた逆勾配ひさしを製品化、その技術を従来品にも取り入れた新モデルを発表しました。これにより、逆勾配ひさし(アームレスタイプ ・ アームタイプ)と前勾配ひさし(アームレスタイプ ・アームタイプ)の全4タイプ(製品厚 25mm)のラインアップが出揃いました。

【PR】机だけじゃない!再発見、一枚板の魅力

動画 サービス 家具2020/07/10

日本では約50年前から「一枚板をテーブルとして使う」という世界的にも珍しい文化があります。1990年~2000年ごろに起こった“板ブーム”では、樹齢200年以上の希少価値の高い木々を、人間の勝手な都合で乱伐してきた歴史もあります。一時的なブームが終わり、不要になった一枚板が誰にも使われずに眠っているといいます。今回、一枚板のこれからの姿を編集部で追いました。

【PR】カリモク家具 トラフ建築設計事務所とコラボレーション 端材を活用した木製小物「Ki Ki Ki」発売開始

2021/10/27

カリモク家具が、家具製作の過程で排出される端材を材料として活用したデザイン雑貨・木製小物「Ki Ki Ki」を国内外で同時発売を開始しました。デザインは、家具制作、オフィスデザインなど、多岐に渡り協業してきたトラフ建築設計事務所が担当。

“たためる感じ”がしない たためる円卓

動画 家具2020/06/30

オープンハウスやイベント時に、誰かが住んでいるような自然な生活感を演出することは工務店や設計者にとって、大切な仕事の1つ。無垢の木や漆喰など自然素材を使った家ならなおさら、家具も空間に合わせて上質なものを選びたいと思うでしょう。そんな時に役に立つ「たためる円卓」をデザインしたマスタープラン 小谷和也氏にインタビューしました。

Pick up注目の記事

Top