設計のリモートワークに不可欠  CAD&CG対応のハードウェア

建築業界もリモートワークが浸透しています。仕事のクオリティを高めるには、PCやリモートアクセスシステム、VRなどのハードウェアを最新のものにしておきたいところ。こうしたデジタル技術のトータルソリューションに力を入れているのが日本HPです。主な製品・サービスについて紹介しましょう。

持ち運び可能なデスクトップPC

 リモート(クラウド)環境下で設計作業を行う機会が増えている昨今、CAD(BIM)やCGの編集作業が最適に行えるPC・ワークステーションは必要不可欠なアイテム[※1]。持ち運びを考慮すればノートPCが理想的でしょう。ただし、デスクトップPCでありながら、手軽に持ち運びできるものもあります。一般的に、デスクトップPCはノートPCよりも高速処理が行えるほか、排熱性能にも優れており、選択肢として十分でしょう。

 お薦めは「HP Z2 Mini G5 Workstation」。外形寸法は 216×216×58 ㎜と非常にコンパクト。総重量もわずか約2.18kgと軽量で、カバンに入れて持ち運べます。在宅勤務時に自宅へ持ち帰りやすく、出社勤務時に事務所に持ち戻すのも簡単。依頼主のもとに持参し、その場にあるモニターに接続してプレゼンするのも可能。“新しい働き方”に対応しています。最大通信速度9.6Gbpsの“Wi-Fi6”(第6世代)に対応する構成も選択できるので、自宅で作業する場合も、LANケーブルの配線などに煩わされることもありません。

コンパクトな「HP Z2 Mini G5 Workstation」。モニターの背面やデスクの下にも取り付け可能で、自宅で新たにリモートワーク用のスペースを確保するのにも重宝する

 フルカスタマイズモデルの場合、MPU(6コア/12スレッド以上)は「インテル Xeonプロセッサー」(Intel)、GPUは「NVIDIA Quadro T2000」(NVIDIA)を搭載可能。メモリは16GB以上、HDDは1TB以上であり、今後の普及が期待されるBIMなどの作業にも問題なく対応できます。日本HPによると、リモートワークが普及している大手の設計事務所で、数多く採用されているとのこと。近日中には、「NVIDIA Quadro RTX3000」(NVIDIA)搭載モデルの提供も開始される予定。よりリアルな3D-CGの制作が可能になります。

PCの選び方については、こちらの記事(3D設計・プレゼン時代の ハイエンドP C)も参考にしてください。

 

CADの遠隔操作がラクラク

 他方、リモート環境下で社内のPCに保存された設計データを編集するシーンも想定されます。これには、遠隔地からでも安全かつ高速に編集可能なネットワークシステムが必要となります。一般的にRDP(Remote Desktop Protocol)と呼ばれるものです。しかしながら、RDPでは、フレームレート[※2]が毎秒1fps程度しかなく、作業中に画面がフリーズしてしまうなど、パフォーマンスが著しく低下します。CAD(BIM)やCGを編集するために、出社が余儀なくされてしまうかもしれません。

 こうした問題を解決するのが「HP ZCentral Remote Boost」です。ワークステーション「HP Z Workstation」をセンダー[下図参照]とした環境に対応したリモートアクセスシステムで、画面のピクセルデータを1/170に圧縮・暗号化し転送します。フレームレートは60fps。リモート環境下でもオフィスにいるのと変わらない作業性を実現しています。

「HP ZCentral Remote Boost」のイメージ。レシーバー(ノートPC)から、センダー(「HP Z Workstation」)にアクセスし、外部から編集作業を行う。複数台のレシーバーからアクセスすることが可能。一方、編集権限は1台のみなので、権利を受け渡しながら作業を行う

 通信インフラも従来からの通信インフラで十分。5Gをはじめとする高速・大容量の通信インフラを使用する必要はありません。実データの転送は発生しないほか、通信が暗号化されているので、セキュリティは万全。秘匿性の高い設計データも漏洩しません。

 しかも、ライセンス費用は無料[※3]。レシーバー[上図参照]はWindow OS・Mac OSのPC・タブレットに対応しているので、汎用性も高いです。もともとはHPとNASAが共同開発した技術。月面探査で撮影した画像を効率よく地球に送信するノウハウをベースになっています。2003年に「HP Remote Graphics Software」としてリリースされており、実績も申し分ありません。

 

没入感の高いVRヘッドセット

 プレゼンでの需要が高まるVRについて、高性能なVRヘッドセット「HP Reverb G2 VR Headset」を紹介しましょう。ヘッドセットには4つのカメラが内蔵(従来は2つのカメラ)、2,160×2,160ピクセルという高解像度の画像上をスムーズに動き回れます。音質や操作性も抜群。設計の意図を正確に伝えられるに違いありません。

「HP Reverb G2 VR Headset」はValve CorporationMicrosoftの共同開発により生まれた。1眼辺りの画素数は9,300,000画素。一方、音響については、Valve製のスピーカーで高品質のオーディオ体験が可能なほか、耳から10㎜ほどずらしているので、より快適な装着感を実現した

 日本HPでは、ヘッドマウントディスプレイをVR対応PCに接続するPC・VRの方式を推奨している。CADからVRまでを1台でフルサポート可能な「HP ZBook Studio G7 Mobile Workstation」、VR専用として高いコストパフォーマンスを実現する「HP ZBook Create G7 Laptop PC」など、ラインアップは充実。もちろん、「HP Reverb G2 VR Headset」とセットでサポートを受けられます。

「HP ZBook Create G7 Laptop PC」。MPUには6コア/12スレッドの「インテル Core i7-10750H プロセッサー」、GPUには「NVIDIA GeForce RTX 2070」などを搭載。価格は226,000円からとコストパフォーマンスの高さが魅力

※1 ワークステーションとPCの違いは、3D-CAD(BIM)やCGなど専門性の高いアプリケーションの動作認定(ISV認定)を受けているかどうか。ワークステーションは、ISV認定を取得しているため、インストールしたアプリケーションの動作がアプリケーションベンダーから認定を受けていることが安心感につながるという
※2 単位時間当たりに処理させるフレーム“コマ”の数
※3 テクニカルサポートは別途契約が必要

こちらの記事もおすすめ

「換気扇はシロッコファンがお薦め」換気-空気の道をデザインする⑤

2020/11/20

家にいる時間が圧倒的に増えることによって、俄然注目を浴びるようになった“換気”。設備設計者として第一線で活躍し、多くの著書を執筆している山田浩幸氏が、家における正しい換気の方法について解説します。

もう怖くない! 生涯安心のシロアリ対策

動画 建材2020/08/31

シロアリ対策その1では、家をダメにするシロアリには2種類のタイプがいることを紹介しました。この記事ではシロアリ対策に使われる“素材”について、日本ボレイトに話を伺いました。

3D設計・プレゼン時代の ハイエンドP C(1)

2020/06/29

BIMなどの3D-CADやVR、レンダリングなどに対するニーズは日増しに高まっています。ただし、こうしたソフトウェアには、それなりのハードウェアが必要です。ここでは、PCを選ぶために必要となるスペックの見方について解説します。

「3つの換気設備の正しい知識」換気-空気の道をデザインする④

2020/11/17

家にいる時間が圧倒的に増えることによって、俄然注目を浴びるようになった“換気”。設備設計者として第一線で活躍し、多くの著書を執筆している山田浩幸氏が、家における正しい換気の方法について解説します。

狭小建築の救世主! 350㎜のスリムな耐力壁の魅力

建材2020/12/25

狭小地で建築予定の方必見! 開放的な間取りと耐震性を両立できる、柱芯-芯350㎜で壁倍率7倍のスリムな耐力壁「フロッキン狭小壁」がダイドーハントより発売されました。今回は、その使いどころや施工性、コストなどを紹介します。

Pick up注目の記事

Top