【期間限定】新住協「Q1.0住宅 設計・施工マニュアル 2020」集中講座アーカイブ動画配信中

新木造住宅技術研究協議会がてがけた、「Q1.0住宅 設計・施工マニュアル 2020」の集中講座のアーカイブ動画を限定公開しています。

高断熱住宅の基本から、Q1.0住宅の設計施工までの技術を徹底解説

誰もがつくれる燃費半分の省エネ住宅、それが「Q1.0住宅」です。この講座では、「Q1.0住宅 設計・施工マニュアル 2020」の項目に沿って、新木造住宅技術研究協議会(新住協)代表理事の鎌⽥紀彦氏が実務者に向けて実践的な技術の講義を行いました。

「Q1.0住宅 設計・施工マニュアル 2020」をテキストとして使用しています。

講師

室蘭工業大学名誉教授
鎌⽥紀彦

1947年岩手県生まれ。‘77年東京大学大学院博士課程修了後、‘78年室蘭工業大学建築工学科助教授。‘04年同大教授。現在、室蘭工業大学名誉教授。一般社団法人新木造住宅技術研究協議会(新住協)代表理事。著書に『燃費半分で暮らす家―新住協の家づくり 四季折々を省エネで快適に過ごす』(市ヶ谷出版社)『本音のエコハウス』(エクスナレッジ)がある。

ここから視聴できます!

第1回 2月26日(金)のアーカイブ動画・・・https://youtu.be/WgvQlZospEY

①GWS工法概略、床断熱、基礎断熱 ②外壁断熱、開口部断熱

第2回 3月5日(金)のアーカイブ動画・・・https://youtu.be/FK8jNw9eJ80

③天井・屋根断熱、改修について ④寒冷地での対策

※①~③は関東以南エリアでの対策を主に講じます。

※アーカイブ動画は、4月末ごろに削除する予定です。

主催:新木造住宅技術研究協議会
協賛:硝子繊維協会

こちらの記事もおすすめ

【告知】建築家・古川泰司さん、‟森と建築を語る”

2022/05/20

“木の建築”に精通する建築家・古川泰司さんが、林業と建築について議論する対話型セミナー「森と建築を一緒に考える」を全10回にわたって開催します。関心のある方はぜひご参加ください。古川さん出演のYouTube動画「JAS製材工場探訪。」もぜひご覧ください!

終了しました【ウェビナー】3/3 14:00~ イズミシステム設計が設備設計のBIM化を実現するサービスの発表に合わせてウェビナーを開催

2022/02/28

イズミシステム設計は、BIM モデルと空調設備・省エネ計算を双方向連携するクラウドサービス『B-LOOP(ビーループ)』を2022 年 3 月末にリリースすることを発表しました。それに先がけウェビナーを開催します。

建築知識ビルダーズNo.48が発売!気になる中身は?

2022/02/25

建築知識ビルダーズNo.48が、2022年2月26日に発売。今号の特集は、「賢くムダなく高性能!松尾式 住宅設計術」。建築家松尾和也さん率いる松尾設計室の家づくりを、まるまる一冊でご紹介します。

建築知識ビルダーズNo.46が発売!気になる中身は?

2021/08/27

建築知識ビルダーズNo.46が、8月27日に発売しました。今号の特集は、「断熱・気密」。高断熱高気密の設計から施工まで、最新事情を踏まえた知識をご紹介。ここでは、誌面の中身を少しだけお見せします。

「第17回日本構造デザイン賞」開催のお知らせ

2022/03/16

松井源吾賞および日本構造デザイン賞の受賞者を会員とする団体である日本構造家倶楽部が「第17回日本構造デザイン賞」を開催します。応募要項をご確認いただき、ぜひ、ご応募ください。写真は、第16回日本構造デザイン賞を受賞した「土佐市複合文化施設」(構造設計:坂田涼太郎)。地上4階のS造で免震構造を採用した建物で、大きな吹抜けが特徴です。

Pick up注目の記事

Top