請負契約をもっと簡単・スムーズに!「注文分譲クラウドDX」と「クラウドサイン」連携スタート

ダイテックは、住宅会社向けに提供している「注文分譲クラウドDX」と弁護士ドットコムが提供しているWeb完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」のAPI連携を2022年2月より開始することを発表しました。

連携が生む効果

ダイテックの住宅会社向け基幹システム「注文分譲クラウドDX」は、顧客管理から商談、契約、見積、実行予算、発注、査定、支払、アフターまで一貫処理できるクラウドサービスとして、地域工務店から大手ビルダーまで、すでに多くの住宅会社に採用されています。今回のWeb完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」との連携は、請負契約書の作成から締結、保管まで全て電子化、従来機能の電子承認や電子受発注機能と相まって住宅会社の更なるペーパーレス化が進むことを可能にしました。

 連携することで生まれる3つのメリット

・請負契約の締結が簡単・スピーディーに
・請負契約書の作成から契約締結、保管までがシームレスに
・連携機能利用費不要(別途、クラウドサインの契約が必要です)

「クラウドサイン」とは

弁護士ドットコムが提供するWeb完結型クラウド契約サービス。紙と印鑑をクラウドに置き換え、業務効率化を推進します。大企業からベンチャー企業まで30万社以上の導入実績があります。

■「注文分譲クラウドDX」電子契約の流れ

 

 

注文分譲クラウドDXの詳細はこちらから

 

 

こちらの記事もおすすめ

築25年の家のシロアリ被害はほぼ100%! どうする蟻害対策?

サービス2021/03/19

創業84年の田中工務店 代表取締役の田中健司さんによると、ここ数年、築古の家の現場調査に行くと、シロアリの被害を高い確率で見つけるようになったそうです。そこで蟻害を最小限に防ぐための新築時のシロアリ対策と定期点検の内容と、築古の家での対処方法をうかがいました。

3D設計・プレゼン時代の ハイエンドP C(1)

2020/06/29

BIMなどの3D-CADやVR、レンダリングなどに対するニーズは日増しに高まっています。ただし、こうしたソフトウェアには、それなりのハードウェアが必要です。ここでは、PCを選ぶために必要となるスペックの見方について解説します。

天童木工がUNDERCOVERのデザインによる「ANARCHY CHAIR」を製作

2022/03/15

家具メーカーの天童木工は、服飾ブランド UNDERCOVER( アンダーカバー ) の高橋盾氏がデザインした「ANARCHY CHAIR」を製作した。 アナキズムのシンボルであるサークル A を背面に配したチェアをリファイン。

「グラスウールの良さ」をより多くの方々へ

建材2022/05/06

グラスウールは建築分野、特に木造で最も利用されている断熱材。なかでも、パラマウント硝子工業はグラスウールの草分け的な企業です。今回はパラマウント硝子工業 取締役 営業本部 本部長 雨田祐一氏に、同社の取り組みとグラスウールの可能性について聞きました。

知ってた? シロアリはゴキブリの仲間!

動画 建材2020/08/28

雨漏りや結露が起こったり、シロアリに食われたりすると、どんなに丈夫な家でも内側からダメになってしまいます。雨漏りや結露は工事の質を徹底すれば防げますが、生き物であるシロアリはいつ家の中に侵入してくるか分かりません。この記事では家を長持ちさせるためのシロアリ対策について、ホウ酸処理でシロアリ対策を行う日本ボレイトに話を伺いました。

Pick up注目の記事

Top