「庭と照明で視覚的な仕掛けをつくる」お洒落で落ち着くカフェ空間のつくりかた②

慌ただしい日常を離れて、ゆったりと時間を過ごせるカフェ。「カフェのような家に住んでみたい」という需要も高まっています。ここでは、カフェ界を牽引する「スターバックスコーヒージャパン」に究極のカフェ空間のつくりかたを徹底取材。そのポイントをまとめました。

はじめに

1971年に米国シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーチェーン店のStarbucks。1996年8月、銀座に日本1号店をオープン。その後、全国で店舗数を増やし、2019年12月末時点の店舗数は1530店。ペーパーカップやタンブラーを手に街を歩くスタイルや、家でも職場でもない「サードプレイス」の提案など、そのときどき空気を感じ取り、新たな価値を生み出してきました。その付加価値は、他のコーヒーチェーン店とは一線を画す、建築&インテリアへのこだわりからも感じられる違いありません。ここでは、そのエッセンスを3回に分けて紹介します。

 

 

3 年中緑を楽しめる庭づくり

コーヒーを飲みながらぼんやりと外を眺める時間は至福のひとときです。立地上、景観に恵まれない場合は植栽を設けて、自然を間近に感じられるようにしましょう。郊外に多い戸建の店舗の場合は、駐車場との距離を広く取ってアプローチを設け、植栽を施すとよいでしょう。地域の気候に配慮し、常緑と落葉樹をうまく組み合わせて、緑を一年中楽しめるようにするのもポイント。おすすめの樹種は、オリーブやシマトネリコ。香りの強い花をつける植物は、コーヒーの香りを邪魔してしまうことがあるため、避けたほうがよいでしょう。

 

「スターバックスコーヒー葉山店」のファサード。常緑樹と落葉樹をバランスよく植栽し、周辺の緑豊かな環境に馴染むようにしている

「スターバックスコーヒーさいたま南与野店」のファサード。外装の縦ハゼ葺きのガルバリウム鋼板の堅い印象を、植栽でやわらげている

「スターバックスコーヒー東京ミッドタウン店」では、2階のカウンターの背景に植栽が見えるように窓を設置。都心に居ながらも、緑に癒されながらコーヒーを楽しむことができる

 

4 照明は少し暗めが基本

カフェは、明るくしすぎず、少し暗めのほうが落ち着く空間となります。色温度は、温かみがあり、赤くなりすぎない電球色(2,700K程度)がおすすめ。また、同じ空間のなかでも均一な明かりにせず、明かりが「必要な部分のみ」に照明を設置することで、空間にメリハリが生まれます。訪れた客に見てほしい部分は明るくする必要があるでしょう。たとえば、カウンターやバリスタの顔や手元、機器が明るくなる照明を設置すると、表情や所作がいきいきと伝わり店の雰囲気も華やぎます。ただし、商業施設のなかにある店舗の場合は周囲の明るさに合わせて設定し、違和感が生じないようにしましょう。

 

独立型店舗の照明。若干暗めに設定しており、落ち着いたコーヒータイムを演出している(スターバックスコーヒー武生中央公園店)

商業施設のなかにある店舗の照明。周りの照明の明るさに合わせているため、独立型店舗に比べて明るい印象となっているが、共用部より色温度を落とし、温かみのある空間を演出している(スターバックスコーヒー渋谷ヒカリエShinQs店)

 

つづく

 

こちらの記事もおすすめ

中規模ビルに可能性あり。これからのオフィスの条件

建築2020/07/21

新型コロナウィルス感染症の流行によって、テレワークによる在宅勤務が推奨されるなど、オフィスの在り方が大きく変わろうとしています。そんな時代に求められる中規模オフィスとは?

センス0でもOK!オープン棚の5つのルール

住宅2021/02/19

おしゃれな部屋は、オープン収納の飾り方がとても上手。たくさんモノがあるのに不思議と散らかって見えません。そこには、実はあるルールがあります。今回の記事では、即実践できる、オープン棚をおしゃれに飾るコツを大公開!

「視線が自然と坪庭へと導かれる高低差の設計」昼の庭と夜の庭の美しい佇まい②

住宅2020/09/29

建築家・彦根明氏と造園家・荻野寿也氏がデザインを手がけたコートハウス「SGY」。建物のどの位置からも中庭の植栽を眺められ、居心地の良さは抜群です。昼も夜も。ここでは「SGY」の魅力と設計手法について、3回に分けて紹介します。

「木のしなやかさを生かす」“地産地消”でこれからの建築が変わる!-後編-

建築2021/06/07

屋根と基礎のみで成り立つ「K.S. Kindergarten Lunch House」。登り梁に採用したスギ材はヤング係数が低いため強度も低いと思われがちですが、この建築ではスギ材に「しなり」を加えることで強度を上げることに成功しました。今回の記事ではその設計方法を紹介します。

「真夏はつらいよ」低気密低断熱住宅に住んだルポ②

連載2020/10/09

こんにちは。一級建築士の神長宏明です。私は、エアコンを24時間つけっぱなしでも月々の光熱費が1万円以下で済む高気密高断熱住宅を設計していますが、住んでいるのは【低気密低断熱住宅】です。連載2回目は、7月~9月の実際の住み心地をレポートしていきます。

Pick up注目の記事

Top