「構造から美しい空間を考える」お洒落で落ち着くカフェ空間のつくりかた③

慌ただしい日常を離れて、ゆったりと時間を過ごせるカフェ。「カフェのような家に住んでみたい」という需要も高まっています。ここでは、カフェ界を牽引する「スターバックスコーヒージャパン」に究極のカフェ空間のつくりかたを徹底取材。そのポイントをまとめました。

はじめに

1971年に米国シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーチェーン店のStarbucks。1996年8月、銀座に日本1号店をオープン。その後、全国で店舗数を増やし、2019年12月末時点の店舗数は1530店。ペーパーカップやタンブラーを手に街を歩くスタイルや、家でも職場でもない「サードプレイス」の提案など、そのときどき空気を感じ取り、新たな価値を生み出してきました。その付加価値は、他のコーヒーチェーン店とは一線を画す、建築&インテリアへのこだわりからも感じられる違いありません。ここでは、そのエッセンスを3回に分けて紹介します。

 

 

5 スタバが考える カフェの構造

地方に多い一軒家型の店舗は、周囲の環境に合わせたデザインを心がけ、その地域になじむようにする工夫が必要です。特に古い街並みが残る地域では、周りの環境に違和感なく溶けこむようなデザインを目指しましょう。なお、木造と鉄骨造では空間のつくりがまったく異なるため、理想のカフェ空間に合わせて構造を検討する必要があります。鉄骨造は柱のない大空間を実現できるものの、そのぶん空間を隔てるものがなく、空間にメリハリをつけることは難しいものです。他方、木造には柱が必要ですが、設計の工夫次第で柱をうまく使えば、空間をさりげなく区切ることができます。

 

【木造の場合】

登り梁と柱による、シンプルな片流れの軸組フレームを3.6 mピッチで配置し、空間のアクセントにも使用した「スターバックスコーヒ一敷島公園店」[※]。2020年3月にオープン。軒裏に跳ね出す登り梁に、建築のダイナミズムを感じる

 

 

木造は、空間に柱が出てきてしまうが、上手く使えば空間をさりげなく区切ることも できる。柱の廻りに回遊動線が生まれる

垂木を露しにしたスターバックスコーヒー一宮富士店」[※]。正面の壁とカウンターの腰壁を縦羽目板張りとして、前者はスポットライトで、後者は間接照明でライトアップしている

 

※ 構造材にはそれぞれ下記を採用している。
〈スターバックスコーヒー敷島公園店〉柱:ベイマツ集成材、柱(外部):ベイマツ無垢材、梁(化粧):ベイマツ集成材
〈スターバックス一宮富士店〉柱:スプルース・ロッジポールパイン集成材、梁:オウシュウアカマツ集成材、母屋(化粧):ベイマツ集成材、母屋:オウシュウアカマツ集成材、垂木(化粧):SPF

 

【鉄骨造の場合】

「スターバックスコーヒー川越鐘つき通り店」は無柱空間を実現。ダイナミックな和のデザインとした。建物の奥に裏庭が設けられており、壁面いっぱいをスチールによるカーテンウォールとして、植栽に視線を導いている。内壁の仕上げ材には「SOLIDO type F coffee」(ケイミュー)を使用。スターバックスで使用したコーヒーの豆かすを適度に主原料であるセメントに混ぜ、茶色みがかった絶妙なグレー色となっている。床はメンテナンス性 を考慮して、コンクリート(30㎜厚)のうえに、防塵塗装とすることが多い。適度なヒビ割れは“味”と捉えている

ファサードは、古い面影を残す街並みに合わせて木造風に。屋根には重量のある瓦を採用、外壁と格子は西川材(埼玉県産のスギ材)を下見板張りとし、オーセンティックな和のデザインに仕上げている

鉄骨造の場合、スパンを飛ばすことができるため、柱のない大空間をつくることができる

庭は店の奥だけではなく、店の中央部にも設けられており、屋内でも外の開放的な雰囲気を十分に楽しむことができる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

 

こちらの記事もおすすめ

「“火”に強い木の内外装」安井昇の木造化・木質化と防耐火④

建築 連載2021/02/05

木材を燃えにくくする  B(木材を燃えにくくする)とは、木材に対してホウ酸やリン酸などの難燃化が可能な薬剤を加圧注入して、木材を不燃化する方法です。不燃成分の働きによって、木材への着火を防止できます。 …

映える!はかどる!テレワークのインテリア

住宅2021/03/19

自分のペースで仕事を進められるテレワークは、メリットも多いですが、一方で「仕事をするスペースがない」「家族との距離感が難しい」「オンライン会議で部屋が映るのが恥ずかしい」など、ときには悩みの種になることも。今回はそんなお悩みをプロのインテリアコーディネーターが解決します!

「高性能グラスウールの選び方」木造の断熱改修①

住宅 建材2021/05/28

図面がなく、解体しないと状態が分からない改修工事では、適切な断熱材を現場で選ぶ判断能力が求められます。築40年の木造戸建住宅の改修を通して、高性能グラスウールの適切な使い方を解説します。

「図面を書く意味とは?」建築教育のリアル①

住宅 建築2021/11/30

「建築学科を卒業したにも関わらず、実務設計の知識がない!」と新人教育で嘆く実務者の声をよく聞きます。この連載では、「実施設計を行い、実際に家を建てる」というユニークな授業を行う学校法人フェリカ学園 フェリカ家づくり専門学校で教える教師に取材。連載1回目は、実践的な授業の中身と図面に描かれる線の大切さについてです。

【動画】高断熱・高気密住宅の施工の肝を押さえる!

動画2021/08/10

高断熱・高気密住宅をつくるためには、緻密な設計と精度の高い施工が欠かせません。建築知識ビルダーズのinstagram公式アカウントでは、施工のコツが分かる「現場動画」を随時アップしています。今回はそのなかから最新動画を6つご紹介します。

Pick up注目の記事

Top