家具

プロが厳選!コスパ・デザイン最強家具6選

おしゃれな家具を、お財布にやさしい金額で手に入れたい。そんな方のためにプロのインテリアコーディネーターがアドバイス。お仕事でもよく使うというプロお墨付きインテリア家具を6つご紹介します!

毎日をおしゃれに気分よく過ごすために、部屋には高級感のある素敵な家具をセレクトしたい。けれども予算は厳しい…

「それでもおしゃれな部屋づくりは諦めたくない!」という方のために、今回は、プロがよく使う“低価格でもデザイン性のよいコスパ最強家具”を、インテリアコーディネーターの三宅利佳さんがご紹介。「IKEA」「ニトリ」「Francfranc」の3大コスパ最強インテリアブランドからピックアップしていただきました。

三宅さんの他の記事はこちらから↓

プロが教える!失敗しないインテリアの鉄則3選

「“グレー”を使ったインテリアが成功するワケ」

三宅利佳 Miyake Rika インテリアコーディネーター/2級建築士/AFT色彩検定1級防衛庁(現・防衛省)公務員職員から転職。設計事務所や家具販売店と派遣ICを経て2002年よりフリーランスとなる。イベントやセミナーのほか、執筆活動も行う。

 

シンプルもトレンド感もお任せ。「IKEA」

徹底したコストカット、環境への取り組みが評価されているスウェーデンの家具メーカー。組み立てや商品の受け取りをセルフにしたことが、逆に顧客の満足度を高めており、「IKEA効果(自分が手間をかけたものに愛着が湧き、通常よりも高く評価する心理現象)」という言葉も生まれた。

 

トレンドのシーグラス素材のランプシェード。どんなテイストのコーディネートにも合わせやすくておすすめ。

写真:IKEA JAPAN

TORARED トラレード 1,999(税込)

 

デザインの主張が穏やかで、使いやすいホワイトのチェスト。収納量も抜群。

写真:IKEA JAPAN

MALM マルム ¥10,750(税込) 

 

とんがったデザインが多いですが、トレンド感のあるものも多く登場しています。まずは取り入れやすいクッションなどの小物からチャレンジしてみてください。(三宅さん)

 

ベーシックアイテムを安く手に入れる「ニトリ」 

余計な装飾のないシンプルなデザインの家具が定番商品として多数扱いがあるので、どんなテイストの部屋にも合わせやすい。一方で、世界中のインテリアメーカーが集まる見本市「ハイムテキスタイル」や「メゾンオブジェ」などで発表されたトレンド情報をいち早くキャッチしてすぐに製品化するので、最新のトレンドを取り入れた製品の取り扱いもある。

ニトリオリジナルのマットレス。きちんと厚みがあって安っぽくみえない。店舗で寝心地を確認できる。

 

写真:ニトリ

シングルマットレスNスリープC1-02VB 20,268(税込)

シンプルなオープン棚。棚を造作できなかった場合によく採用するそう。

写真:ニトリ

本棚 グレンBS18120WH ¥10,175(税込)

予算の関係で造作できなかった収納家具は、ニトリさんの家具を使うことが多いです。極力シンプルなものをセレクトするのがコツです。(三宅さん)

 

フェミニンでかわいらしいインテリア好きにはたまらない。「Francfranc」

店舗数が多く、雑貨の取り扱いも豊富なため、インテリアに興味のない客層にも馴染みがあるブランド。女性のおしゃれ心をくすぐるちょうどいい「かわいらしさ」が魅力。空間の中のアクセントとして提案しやすい家具が豊富。

一脚あるだけで絵になるチェア。フェミニンな印象の空間にぴったり

写真:Francfranc

 NIKA ZUPANC リボン チェア ピンク ¥36,000(税込)

 

Francfrancのクッションカバーはバリエーション豊富。空間にアクセントを効かせたいときにおすすめ

写真:Francfranc

クッションカバー450×450 ¥4,000(税込)

Francfrancさんのクッションカバーは、コーディネートのとき間違いのない鉄板アイテムとしてよく使います。何かアクセントが足りない…と思ったらアクセントカラーのクッションで解決できることが多いんです。(三宅さん)

いかがでしたでしょうか。どうしても予算が合わない…といったときには、これらのインテリアの採用も検討してみてください。

こちらの記事もおすすめ

「燃え代で木を見せる」在来軸組でつくる木の保育所②

2021/08/31

国産材(JAS製材)を用いた非住宅の木造建築は注目すべきトレンドの1つ。ここでは、 古川泰司氏(アトリエフルカワ一級建築士事務所)が設計を手がけた「わらしべの里共同保育所」を紹介します。主として埼玉県産材を用いた準耐火建築物で、燃えしろ設計を活用した木のインテリアが特徴的です。

どこがすごい?LIXIL住宅研究所が開発した「すごい家」

住宅2021/10/26

今、多くの人が自身や家族の健康について不安に感じているというデータがあります。この記事では、そんな声に応えてLIXIL住宅研究所が開発した「すごい家」の全貌をご紹介。高い断熱・気密性能はもちろん、耐震性能や最新設備の搭載など、これからの住宅に必要なものがぎゅっと詰まっています!

「建築のなかに緑を!」緑が豊かにする家と街並み①

建築 連載2021/03/12

植栽やランドスケープなどの〝緑〞を軸に据えた建築デザインを得意とする古谷デザイン建築設計事務所。建物内部を含めて、〝緑〞の要素が生かされています。今回は、代表作の1つでもある木造3階建て戸建住宅「インターバルハウス」を紹介します。

「在来軸組構法とC L T の融合」木造軸組とCLT②

建築2021/11/12

成瀬友梨氏+猪熊純氏が設計を手がけた「meet tree NAKATSUGAWA」(岐阜県中津川市)は、木造在来軸組構法とCLTを組み合わせてできた4号建築物です。地元産の木曽ひのきをふんだんに使用した建物で、木造建築の可能性を示唆しています。YouTubeの動画でも、その魅力をもご覧ください!

「自然が豊かなテレワーク施設」働き方とまちづくり④

建築2022/05/31

コロナ禍を経て、リモートワークなどの柔軟な働き方が一気に浸透しました。この連載では、ワークプレイス、またその周辺を取り巻くまちの活動について紹介します。最終回の連載4回目は、都心からのアクセスのよさや豊かな自然環境などの魅力を生かした個性豊かなテレワーク施設を設ける長野県塩尻市・富士見町です。

Pick up注目の記事

Top