住宅 建築

「マンションの断熱改修」各務謙司マンションリノベ①

『世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション』の著者であり、都心を中心に、マンション・リノベーションの設計を手がける各務謙司氏。間取りとインテリア、家具・ファブリックのデザイン・コーディネートに加え、法規・断熱・構造・設備・遮音などに関する知識を紹介しましょう。

断熱改修は吹付け硬質ウレタンフォームが合理的

 一般的に、2 0年以上前に建てられたマンションの断熱性能はかなり低いので、スケルトン・リノベーションを行う場合は、断熱改修を行うようにしています。使用する断熱材は、ボード系断熱材もしくは吹付け硬質ウレタンフォームのいずれか。気密性の確保や施工スピードを考えると、吹付け硬質ウレタンフォームがお薦めです。「代々木上原I邸」では、熱伝導率0.026W/m・K の「アキレスエアロンF R – F O」(アキレス)を使用して断熱を行いました。

 

「代々木上原I邸」はメゾネット住戸で、上階(4階)は最上階。夏期の日 射(輻射熱)を考慮して、壁面だけではなく天井面にも断熱材を吹き付けている。全体の吹付け費用と面積は3階と4階合計で、壁・天井・発電機代を合わせて、1,334,000円/280㎡。平米単価は4,764円

吹付け硬質ウレタンフォームの施工をマンションで行う場合は、外部の加圧コンプレッサーからホースを伸ばして窓の外から室内に通す。ただし、マンション管理組合の事前承認が必要となる。最近では、小型の加圧コンプレッサーを室内に持ち込む方法も選択できるが、コストアップにつながるので注意

断熱を行わない部分の下地にはビニルマスカーであらかじめ養生を行う。施工後に断熱材を削り取る部分については、剥離剤(洗髪に利用されるリンスと同じ成分)を塗布しておく

「アキレスエアロンFR-FO」は、HFO(ハイドロフルオロオレフィン)の発泡剤「ソルスティス® LBA」(日本ハネウェル)を使用。気泡の1つ1つが独立している“独立気泡”タイプなので、気泡がつながっている“連続気泡”に比べて気密性がい。“30倍発泡品”でもあるので、“100倍発泡品”に比べて廃棄量も少なくて済む[※]

 

窓の断熱改修はインナーサッシが基本

 マンションの窓は共用部分に該当するので、原則的には交換できません。断熱性能を高めるには、既製品のインナーサッシ(ペアガラス)を取り付けるのが最も合理的です。既存のシングルガラスを含めて、ガラスが3層になるので、断熱性能を効果的に高められます。ポイントはサッシの色。室内の雰囲気を考慮しながら、色を選択しましょう。窓のある壁面全体に造作のフレームを廻して、インナーサッシの存在感を小さくするのも常套手段の1つです。

 

「代々木上原I邸」のリビング・ダイニング。正面の窓はインナーサッシ「かんたんマドリモ 内窓プラマードU」(YKK AP)のミディアムオーク(E 9)を採用。窓際には木製(樹種はホワイトオーク)のフレームを廻し、全体の雰囲気を上品にまとめた

あまり広くはないリビング・ダイニング。コンパクトなL字形のキッチンを囲むように、ダイニングとリビングを配置。床材はサイザル麻[②参照]。“く”の字型のソファの下には円形のラグを敷いて、リビングのエリアを規定した

 

サッシを残してガラスのみを交換する方法もある

 管理組合の承認が得られた場合に限りますが、サッシを残してシングルガラスを真空ガラスに交換する方法もあります。ただし、ガラスの単価が高いほか、サッシ部分の断熱性能は変わらないので、費用対効果はそれほど高いとはいえません。手間はかかるものの、サッシ部分については、断熱塗料を張って対処する方法もあります。

 

熱貫流率1.4W/(㎡・K)の真空ガラス「スペーシア」(日本板硝子)によるガラス交換を行った例。窓の外にバルコニーがあったため、窓の外に立ってガラスを交換でき、作業はスムーズに進んだ

 

 各務謙司さん[カガミ建築計画/カガミ・デザインリフォーム]は、1級建築士およびマンションリフォームマネージャー。都心を中心とした高級マンション・リノベーションの設計提案を得意としています。工事費が1,000万円を超える高額リノベーションの実績は100件を超える。主著に『世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション』最新版 驚異のリフォーム・リノベーション術』(いずれもエクスナレッジ)。自身のブログ「建築家が考えるプレミアムリフォーム・リノベーション」を通じて精力的に発信しています。

 

※ 吹付け硬質ウレタンフォームとは、ポリイソシアネートとポリオール、触媒、発泡剤などを混合したウレタン原液を発泡して成形した断熱材。いくつかの種類があり、建築用としては主に「JIS A9526 A種1H」と「JIS A9526 A種3」の2種類がある。前者は30倍発泡、後者は100倍発泡の断熱材。30倍発泡は、断熱性能(熱伝導率)および施工性において、100倍発泡よりも優れている

 

②につづく

こちらの記事もおすすめ

“グレー”を使ったインテリアが成功するワケ

家具2020/12/22

最近、「グレーを取り入れた空間」が、インテリアのトレンドとなっているのをご存じでしょうか。グレーは、どんな色とも相性が良いため、壁やソファの張地など、空間の中で大きな面積を占める部分に使われることも多い色なのです。今回は、トレンドのグレーを取り入れた住宅のインテリアコーディネート術を、インテリアコーディネーターで、本の執筆やセミナー講師もされている三宅利佳さんに解説していただきました。

〝片づけ〞の善し悪しは空間の強度で決まる。ー鈴木信弘ー①

インタビュー2022/06/21

おかげさまで「建築知識」は2021年7月号で通巻800号記念を迎えました。それを記念して、『片づけの解剖図鑑』の著者である鈴木信弘氏(鈴木アトリエ)に、「建築知識」での思い出や、書籍誕生に関する秘話、これからの家づくりについてお話を伺いました。セミナー動画もご覧ください!!

「背景となる白とグレーは8割」お洒落で落ち着くカフェ空間のつくりかた⑤

2020/07/07

慌ただしい日常を離れて、ゆったりと時間を過ごせるカフェ。「カフェのような家に住んでみたい」という需要も高まっています。ここでは、うちカフェの第一人者「cafenoma」に究極のカフェ空間のつくりかたを徹底取材。そのポイントをまとめました。

好印象間違いなし!門柱・門塀のデザイン5選

2021/04/16

表札やインターホンがある門まわりは、その家の「名刺」のようなもの。来客は、門まわりの印象で、住んでいる人がどんな人なのかを想像します。一方で、コロナ感染対策として宅配ボックスを設けるなど、新しいニーズも増えてきています。今回の記事では、Instagramとの連動企画「#bコレ美しい住まいの外観」の投稿の中から、おしゃれで機能的な門柱・門塀のデザインアイデアをご紹介します。

「木のしなやかさを生かす」“地産地消”でこれからの建築が変わる!-後編-

建築2021/06/07

屋根と基礎のみで成り立つ「K.S. Kindergarten Lunch House」。登り梁に採用したスギ材はヤング係数が低いため強度も低いと思われがちですが、この建築ではスギ材に「しなり」を加えることで強度を上げることに成功しました。今回の記事ではその設計方法を紹介します。

Pick up注目の記事

Top