【通巻800号】ありがとう!800号記念特集-建築知識2021年7月号が発売。

1959年に創刊した『建築知識』は、おかげさまで2021年7月号にて通巻800号記念を迎えることができました。本号では、60年余りにおける日本の間取りを年表で振り返るとともに、これからの時代にマッチした間取りの考え方を詳しく&楽しく解説しています。

創刊62年目で通巻800号を達成‼

 話題の 『建築知識2021年6月号―最高の建物と街を描く技術』に続いて、いよいよ通巻800号記念となる『建築知識2021年7月号-ありがとう!800号記念特集 最高に楽しい間取り』が発売になります。

 1959年1月号の創刊から60年余り。時代が大きく様変わりするなかで、800号を迎えることができました。本号では、これからの時代に適した”間取り”について解説します。表紙はもちろん吉田誠治さん。空に浮かんだ電球型の家に、明るい未来を感じますね。

 

 

 ちなみに、こちらが創刊号の表紙です。時代を感じますね。

 

 

 まずは『建築知識』の歴史と絡めた「日本の間取り大年表1959~2021」。時代の変化によって変化する家の間取り、その変遷が紹介されています。

 

 

 続いては本誌の主な内容はこちら。

■テレワークに適応した書斎・デスクスペース
■時間のゆとりを生み出す効率的な家事・育児動線
■開放的な外部空間も楽しめるリビングやダイニング
■稼ぐ賃貸・店舗・ホテル併用住宅

 

 

 これら約100点におよぶ間取りを徹底解説。彦根明氏、本多さおり氏、中村好文氏、谷尻誠氏が語る「これからの間取り」も必見です。

 

 

そのほか、『住まいの解剖図鑑』の増田奏さん『片づけの解剖図鑑』の鈴木信弘さん『間取りの方程式』の飯塚豊さんも大集合!

 

 

 間取りを成功させて暮らしを豊かにするために知っておきたい知識が満載です! ぜひ、お買い求めください。

こちらの記事もおすすめ

第6回「日本エコハウス大賞」最終審査会レポート

2022/10/12

2022年9月20日に第6回「日本エコハウス大賞」最終審査会(JAPAN ECOHOUSE BIG SHOW 2022〈JEB〉)が行われました。この記事では、最終審査会の様子をレポートします。

【PR】【受賞作品発表】第4回COFI木造建築デザインアワード

2022/04/01

健全な木材の利用促進に資する木造建築の発展と普及を目的として開催された、カナダ林産業審議会主催「COFI木造建築デザインアワード」。第4回目となる今回は2つの部門で実例作品を広く募集し、このたび入賞作品が決定されました。

【PR】DNライティング社が光の連続性を高めた“第二世代極細LEDモジュール”を開発。ショールームで見学可能に

2021/09/15

DNライティング社(本社:神奈川県平塚市)は、幅8mm高さ10mmの極細サイズのLEDモジュール「XC-LED」を改良し新たに開発。発光面の途切れを抑え、連結時の光の連続性を高めた第二世代の「XC-LED2」として2021年9月1日から発売を開始しました。

第6回きのくに建築賞~ワカヤマの魅力ある建築~ 作品募集中(8/31まで)

2022/08/05

和歌山の建築文化の向上と、活気のある魅力的で美しいまちづくりに寄与することを目的に、建築三団体まちづくり協議会によって創設された「きのくに建築賞」。建築物とそれに携わった人々の志に光を当てる「第6回きのくに建築賞~ワカヤマの魅力ある建築~」の募集が7/31よりスタートしました。

【〆切迫る】日本エコハウス大賞エントリー受付6/30迄 ~設計審査員からのメッセージ~

2022/05/27

日本エコハウス大賞は、脱炭素時代の美しい日本の住宅を表彰する設計実例コンテスト。今回のテーマは「高性能を活かした住まい方の提案」。この記事では、審査員からコンテストの応募者に向けたメッセージをご紹介します。

Pick up注目の記事

Top