【通巻800号】ありがとう!800号記念特集-建築知識2021年7月号が発売。

1959年に創刊した『建築知識』は、おかげさまで2021年7月号にて通巻800号記念を迎えることができました。本号では、60年余りにおける日本の間取りを年表で振り返るとともに、これからの時代にマッチした間取りの考え方を詳しく&楽しく解説しています。

創刊62年目で通巻800号を達成‼

 話題の 『建築知識2021年6月号―最高の建物と街を描く技術』に続いて、いよいよ通巻800号記念となる『建築知識2021年7月号-ありがとう!800号記念特集 最高に楽しい間取り』が発売になります。

 1959年1月号の創刊から60年余り。時代が大きく様変わりするなかで、800号を迎えることができました。本号では、これからの時代に適した”間取り”について解説します。表紙はもちろん吉田誠治さん。空に浮かんだ電球型の家に、明るい未来を感じますね。

 

 

 ちなみに、こちらが創刊号の表紙です。時代を感じますね。

 

 

 まずは『建築知識』の歴史と絡めた「日本の間取り大年表1959~2021」。時代の変化によって変化する家の間取り、その変遷が紹介されています。

 

 

 続いては本誌の主な内容はこちら。

■テレワークに適応した書斎・デスクスペース
■時間のゆとりを生み出す効率的な家事・育児動線
■開放的な外部空間も楽しめるリビングやダイニング
■稼ぐ賃貸・店舗・ホテル併用住宅

 

 

 これら約100点におよぶ間取りを徹底解説。彦根明氏、本多さおり氏、中村好文氏、谷尻誠氏が語る「これからの間取り」も必見です。

 

 

そのほか、『住まいの解剖図鑑』の増田奏さん『片づけの解剖図鑑』の鈴木信弘さん『間取りの方程式』の飯塚豊さんも大集合!

 

 

 間取りを成功させて暮らしを豊かにするために知っておきたい知識が満載です! ぜひ、お買い求めください。

こちらの記事もおすすめ

11月下旬『建築知識2019年10月号』3刷決定!!

2020/11/26

発売→即重版→完売!!!!の『建築知識2019年10月号』ですが
多くの方から「欲しい!」という声をいただき、異例の3刷が決定しました!!
重版出来日は11月下旬です。お楽しみに。

建築知識ビルダーズNo.51が発売!気になる中身は?

2022/11/28

建築知識ビルダーズNo.51が、2022年11月28日に発売。今号は「はじめての断熱等級6」「高性能化のその先へ循環型エコハウスの挑戦」「満室御礼“高性能賃貸住宅”成功の法則」の3大特集です。

第6回きのくに建築賞~ワカヤマの魅力ある建築~ 作品募集中(8/31まで)

2022/08/05

和歌山の建築文化の向上と、活気のある魅力的で美しいまちづくりに寄与することを目的に、建築三団体まちづくり協議会によって創設された「きのくに建築賞」。建築物とそれに携わった人々の志に光を当てる「第6回きのくに建築賞~ワカヤマの魅力ある建築~」の募集が7/31よりスタートしました。

【フォトコンテスト】ユニソンが施工写真を募集中!

2022/07/22

「ユニソンフォトコンテスト」が今年も開催。今年度のキャッチコピーは「#グラデーション それぞれの過ごし方・これからの暮らし=十人十色」。締め切りは2022年9月30日(金)。奮ってご参加ください!

「あたたかい暮らしのヒミツ」が語りかけるもの。

2020/08/07

「建築知識」の連載「快適な暮らしのヒミツ」(旭化成建材 快適空間研究所)が、「あたたかい暮らしのヒミツ」として5月末に書籍化されました。 内容は、優れた温熱環境を実現するために必要な基礎知識などを中心 …

Pick up注目の記事

Top