大建工業「MY防音室フォトコンテスト」を開催中

大建工業は、同社の建築音響製品を使った防音室の空間写真を広く一般の方から募集する「MY防音室フォトコンテスト」を開催中。防音室の空間写真を募集するフォトコンテストは初の開催。募集期間は2022年3月31日(木)まで。

大建工業初の「防音室フォトコンテスト」を開催

昨今、ニューノーマルな生活様式の浸透により、おうち時間をより有意義に過ごしたいというニーズが増加傾向にあり、防音や遮音など暮らしの音に関する問合せが急増しています。

そこで一般の方々を対象に防音室のある暮らしの写真を募集。応募作品を大建工業WEBサイト等にて公開することで、音について悩んでいる方、防音室設置を検討中の方、防音室のグレードアップを考えている方に、その魅力を伝えていきます。

【募集概要】

1.応募条件

国内在住で、築10年以内の「DAIKENの建築音響製品を使った防音室」をお持ちの方。

※防音室の用途は問いません。

2.応募方法

・応募フォームの場合:

フォトコンテスト特設ページ内の応募フォームより、必要事項を明記の上、写真をアップロード。

・Instagramの場合:

ご自身のアカウントから、①「#防音室」を付けて投稿、

または②DAIKEN公式アカウントをタグ付けまたはメンションして投稿。

3.応募形態

・人物やペットなどが写りこんでいない画像データ。

・画像の合成(複数のシーンを組み合わせるコラージュ)不可。

・使用建材が下地材の場合は、製品が確認できる施工途中の写真も投稿して下さい。

4.賞について

・最優秀賞…1名(賞金10万円)

・優秀賞…3名(賞金3万円)

・入賞/Instagram賞…計6名(賞金1万円)

※最優秀賞、優秀賞、入賞は応募フォームから応募いただいた中から選出し、Instagram賞はInstagramに投稿いただいた中から選出します。

5.募集期間

2022年1月5日(水)~3月31日(木)

6.結果発表

受賞された方のみ、メール等で事前に個別連絡した後、特設ページ上にて発表します。(2022年5月末予定)

なお、最優秀賞・優秀賞・入賞に受賞された場合、大建工業よりプロのカメラマンによる現地取材をお願いする可能性があります。

 

詳細は「MY防音室フォトコンテスト」特設ページへ。https://www.daiken.jp/sounddesign/contests/

こちらの記事もおすすめ

『洋風住宅・洋館の用語図鑑』—建築知識2021年12月号発売!

2021/11/19

「建築知識2021年12月号」が発売になります。テーマは、書籍でも高い人気を博す『洋風住宅・洋館の用語図鑑』。海外における建築のデザインを、美しいイラストと徹底した用語の解説でまとめています。ご興味のある方は『日本でもできる! 英国の間取り』『英国建築の解剖図鑑』もチェックしてみてください。

「建築知識3月号」が発売、近現代の日本建築を解説!

2023/02/24

「建築知識2023年3月号」が発売になりました。特集のテーマは(日本の家と街並み 明治・大正・昭和)。大好評だった「建築知識2022年8月号」の特集(縄文から江戸時代まで 日本の家と街並み 詳説絵巻)の第二弾となります。日本建築の歴史を学びたい方、ぜひ、ご一読ください!

終了しました【募集】Builders’コレクション第2弾! 「小さな家」の写真をInstagramで募集

2022/03/24

2022年5月27日発売の建築知識ビルダーズNo.49は「小さな家の間取りと庭」特集。そこで誌面に掲載する「小さな家」の写真をInstagramで募集します!締め切りは4月14日(木)。ぜひ奮ってご参加ください!

建築知識ビルダーズNo.46が発売!気になる中身は?

2021/08/27

建築知識ビルダーズNo.46が、8月27日に発売しました。今号の特集は、「断熱・気密」。高断熱高気密の設計から施工まで、最新事情を踏まえた知識をご紹介。ここでは、誌面の中身を少しだけお見せします。

【8月24日発売】「美しい住まいのしつらえ」

2020/08/12

「建築知識」の連載「丸山弾の住まいのしつらえ方」がイラストのカラー化、写真を大幅に追加して書籍化しました。 たとえ兼建築実務者であっても、ほかの作家の図面から空間を読み解くのは難しいものです。そこで本 …

Pick up注目の記事

Top