「背景となる白とグレーは8割」お洒落で落ち着くカフェ空間のつくりかた⑤

慌ただしい日常を離れて、ゆったりと時間を過ごせるカフェ。「カフェのような家に住んでみたい」という需要も高まっています。ここでは、うちカフェの第一人者「cafenoma」に究極のカフェ空間のつくりかたを徹底取材。そのポイントをまとめました。

はじめに

「コーヒーのある生活」をテーマに、空間プロデュース、コミュニケーションデザイン、オリジナルプロダクツ開発・販売、接客・サービスのノウハウ提供などを手掛ける、夫婦ユニットcafenoma(カフェノマ)。10万人を超すフォロワーがいる人気のインスタグラマーでもあり、主な著書として「最高の暮らしを楽しむ住まいのレシピ」(エクスナレッジ刊)があります。本書には、コーヒーのある暮らしとインテリアについての考え方がキャッチーなコピーと美しい写真・イラストとともにまとめられています。ここでは、そのエッセンスを3回に分けて紹介します。

 

3 Cafenoma流 支配色の考え方

空間を占める支配色には白かグレーがおすすめ。白は明るく清潔感を、グレーなら落ち着きや洗練された大人っぽい雰囲気を演出することができます。どちらの色を使う場合も、その色が空間を占める割合には気を付けましょう。白すぎると少し緊張感が増し、グレーばかりだと無味乾燥な印象を与えてしまうからです。cafenomaは、そういう印象を和らげるために、古煉瓦や木製の家具を取り入れるようにしています。背景となる白やグレーが8割、温かみのある古煉瓦や木製の家具が2割というバランス感です。また、白やグレーにも様々な色があります。濃淡だけでなく、白ならアイボリー、グレーならブルーグレーや少しベージュがかったグレーなど、少しづつ印象の異なる背景色を合わせるのも大切です。

白が支配する空間にビンテージ感のある木製家具を配置した例。“清潔感のある白が8割・古い味わいのあるものが2割”の心地よいバランスが生まれる

床材に表面が白華する「SOLIDO typeF coffee」(ケイミュー)を採用した例。素材感があり、冷たい印象にならない。ただし内壁用製品なので、メーカーの製品保証対象外となる。採用する際には注意が必要

白色を基調にコーディネートした例。同じ白色でも、ツヤの少ない素材を選んだり、ベージュかかった色を選んだりすると優しい印象になる

グレーに差し色となる“辛子色” を組み合わせた例。グレーはどんな色とも相性がいいのも特徴

つづく

 

こちらの記事もおすすめ

【動画】オープンLDKでレンジフードを美しく納める

住宅2021/09/24

オープンなLDKの美しさを決定づけるのは、レンジフードと言っても過言ではありません。レンジフードはその大きさから存在感があるため、できるだけ目立たないように設置するのがポイント。『建築知識』では、MDS一級建築士事務所にレンジフードの美しい納め方を聞きました。

「第一印象は外観とレセプションでつくる」美しいホテルリノベの法則①

建築2020/08/12

ホテルでは、遊休状態の不動産をリノベーションするケースが少なくありません。今回は、ホテル・リノベーションのデザインを数多く手がけるSTAR・佐竹永太郎氏にその考え方をインタビュー。美しい写真とともに解説します。

「冬もカビが生える浴室」低気密低断熱住宅ルポ⑦

住宅2021/03/09

こんにちは。一級建築士の神長宏明です。私は、エアコンを24時間つけっぱなしでも月々の光熱費が1万円以下で済む高気密高断熱住宅を設計していますが、住んでいるのは【低気密低断熱住宅】です。この連載では、低気密低断熱住宅の住み心地を数回に分けてレポートしていきます。7回目は、年中続く湿気とカビの猛威についてです。

木のホテル「星野リゾート BEB5 軽井沢」の設計手法②

建築2020/10/23

木造1時間準耐火建築物のホテルとして注目を集め、数々の賞を受賞した「星野リゾート BEB5軽井沢」。今回は、この建物の設計を手がけた佐々木達郎氏に、構造・意匠・遮音・外装などについて、そのポイントを伺いました。

「国産の製材を使う」在来軸組でつくる木の保育所①

2021/08/17

国産材(JAS製材)を用いた非住宅の木造建築は注目すべきトレンドの1つ。ここでは、 古川泰司氏(アトリエフルカワ一級建築士事務所)が設計を手がけた「わらしべの里共同保育所」を紹介します。主として埼玉県産材を用いた準耐火建築物で、燃えしろ設計を活用した木のインテリアが特徴的です。

Pick up注目の記事

Top