家具

プロが教える!失敗しないインテリアの鉄則3選

インテリアコーディネートって難しそうで、とっつきにくい。そんな方のために、プロが「ここだけ気を付ければ空間がおしゃれになる!」という最重要ポイントを解説。建て主へのアドバイスの参考としてはもちろんのこと、これからお家を建てようと考えている方も必読です。

せっかく設計に力を入れて建て物をつくっても、家具やインテリアを置いたら想像していたイメージと違ってしまった…ということは少なくないはず。ここでは、そんな失敗を防ぐためのとっておきの鉄則3つを、インテリアコーディネーターの三宅利佳さんに解説いただきます!

三宅利佳 Miyake Rika インテリアコーディネーター/2級建築士/AFT色彩検定1級防衛庁(現・防衛省)公務員職員から転職。設計事務所や家具販売店と派遣ICを経て2002年よりフリーランスとなる。イベントやセミナーのほか、執筆活動も行う。

Instagram : https://www.instagram.com/rikamiyake/

ブログ(オンラインサロン): https://jay-blue.com/online-salon

 鉄則1:ソファは部屋の広さに合わせて選ぶべし

家具は、空間の中で大きな面積を占めるため、イメージを大きく左右します。特に失敗が多い家具はソファ。部屋に置くソファは、部屋の広さとバランスが要となります。

8畳以下の部屋なら2人・または3人掛けソファ、10畳以上あるのならコーナータイプを選ぶとバランスがとりやすいのでおすすめです。広い部屋には、それに見合った大きいソファを置くと、空間に安定感が生まれますよ。(三宅さん)

ただし、マンションの場合は搬入経路に制限があるため、部屋に運び入れることができるサイズを選ぶのが前提なので要注意です。

コーナータイプのソファを置いたコーディネート例

鉄則2:カーテンは「壁」をどう見せたいかで決めるべし

カーテンは柄や色が豊富で、長さもさまざま。本当はカーテンを付けたくないときも、外からの視線を遮りたいからとりあえず付けておこう…と仕方なく付けることも多いでしょう。

しかし、カーテンは壁を華やかに彩ってくれる重要なアイテムです。

「カーテンは窓を隠すもの」という既成概念にとらわれずに、「壁をどう見せたいか」を考えるとコーディネートが上手くいきます。場合によっては、腰壁であっても床までカーテンを垂らすのもOK

一般的に床の高さとぴったりに納めることが多いですが、裾を長めに仕立ててわざと引きずるようにする「ブレイクスタイル」にするのもおすすめ。

カーテンはデザインの幅が広いので、自由な発想でオリジナルのコーディネートを楽しみましょう!(三宅さん)

華やかな印象のインテリアに合わせて、カーテンをブレイクスタイルとした例。ブレイクスタイルは、ジャストサイズよりゴージャス感が生まれる

鉄則3:壁のアクセントは「床1,500mm」に飾るべし

時計やアートなど、壁に掛けて飾るものの位置にもポイントがあります。

天井に近すぎたり、逆に床に近すぎる位置に配置するとバランスが悪くなってしまい、部屋の見栄えも悪くなってしまいます。

壁に掛けて飾るものは、床と天井の真ん中よりも少し上(床から1,4001,500mm)の位置がベストバランスです。

高すぎず低すぎず、座っているときも立っているときも違和感のない位置に飾るのがコツです!(三宅さん)

空間のアクセントとしてソファの上部にアートを飾った例

 

いかがでしたか?「インテリアコーディネート」と聞くと難しいテクニックを要求されているように思う方もいるかもしれませんが、ちょっとしたコツで空間の見栄えはぐっとよくなるものです。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ

「中価格帯のスタイルを提案」 ―「KANADEMONO」の家具・インテリア―①

住宅 建築 家具2022/07/27

中価格帯&ECに特化した家具ブランド「KANADEMONO」。シンプルで、どのようなスタイルのインテリアにもなじむアイテムは、SNSを中心に評判となり、住宅のみなならず、オフィスや店舗でも採用が増えています。コンセプトや商品の特徴、スタイリング例などについて2回に分けて解説します。

「木のしなやかさを生かす」“地産地消”でこれからの建築が変わる!-後編-

建築2021/06/07

屋根と基礎のみで成り立つ「K.S. Kindergarten Lunch House」。登り梁に採用したスギ材はヤング係数が低いため強度も低いと思われがちですが、この建築ではスギ材に「しなり」を加えることで強度を上げることに成功しました。今回の記事ではその設計方法を紹介します。

「国産の製材を使う」在来軸組でつくる木の保育所①

2021/08/17

国産材(JAS製材)を用いた非住宅の木造建築は注目すべきトレンドの1つ。ここでは、 古川泰司氏(アトリエフルカワ一級建築士事務所)が設計を手がけた「わらしべの里共同保育所」を紹介します。主として埼玉県産材を用いた準耐火建築物で、燃えしろ設計を活用した木のインテリアが特徴的です。

「都心の真ん中に立つ活動の場」働き方とまちづくり①

建築2022/04/15

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、リモートワークなどの柔軟な働き方が一気に浸透しました。この連載では、新たなライフスタイルに合わせ多様化する働き方やそれらを受け止めるワークプレイス、またその周辺を取り巻くまちとの関わりについて紹介します。

「過酷な冬の住環境」低気密低断熱住宅ルポ⑮

住宅2022/01/14

こんにちは。一級建築士の神長宏明です。私は、エアコンを24時間つけっぱなしでも月々の光熱費が1万円以下で済む高気密高断熱住宅を設計していますが、住んでいるのは【低気密低断熱住宅】です。この連載では、低気密低断熱住宅の住み心地を数回に分けてレポートしていきます。15回目は、性能の低い家の冬の実況レポートです。

Pick up注目の記事

Top