住宅

「内外の境界を美しく納めるディテール」昼の庭と夜の庭の美しい佇まい③

建築家・彦根明氏と造園家・荻野寿也氏がデザインを手がけたコートハウス「SGY」。建物のどの位置からも中庭の植栽を眺められ、居心地の良さは抜群です。昼も夜も。ここでは「SGY」の魅力と設計手法について、3回に分けて紹介します。

 

「SGY」では植栽の美しさを引き立てるためのディテールにも工夫が凝らされています。ここでは、注目すべき2つのディテールを紹介しましょう。彦根氏が得意とする既製品アルミ樹脂複合サッシを組み合わせた連窓のディテール、防火構造に対応する焼杉のディテールについてです。


1 庭を美しく見せる開口部の納まり

1:アルミ樹脂複合サッシには、枠廻りがすっきりと見えて断熱性能も高い(熱貫流率2.33[㎡/K]以下相当)「サーモスII H」(LIXIL)を採用。納まりは外部との連続性を重視して、障子枠が室内から見えない外付けとしている 2: 庭との一体感を高めるには、開口部に視線を遮る垂壁を設けないほうがよい。ここでは、サッシの上枠に合わせて天井を仕上げ、視線の抜けを確保 3:サッシは外がきれいに見えるFIX窓が理想的。ただし、通風の目的で一部を段窓として、突出し窓(一部FIX窓)を組み込んでいる。上下のサッシが室内から見えないように、枠に合わせてラワン合板仕上げの無目を設けている 4:腰壁の色は、サッシの色に合わせてダークブラウン色仕上げ(オイルステイン)とし、開口部全体をフレームのように見せている


最高天井高5,825㎜とした吹抜けのリビングに面する書斎スペースから1階を見下ろす。中庭と坪庭の2方向に視線が抜けるので、緑に囲まれているような感覚が得られる


2 焼きスギ板の外壁に映える新緑の樹木

1:屋根はカラーガルバリウム鋼板立はぜ葺き仕上げ。鋼板には、ガルバリウム鋼板のめっき層に微量のマグネシウムを添加して、従来比3倍超の耐食性を実現した次世代ガルバリウム鋼板「エスジーエル」(日鉄鋼板)による「耐摩カラーSGL」(日鉄鋼板)を採用 2:軒天井はスギ板仕上げ。ただし、建物は準防火地域内にあり、「延焼のおそれのある部分」(法2条6項)の範囲内にあるため、防火構造としなければならない。ここでは、下地を12㎜厚のケイ酸カルシウム板張り[国土交通大臣認定(認定番号:QF045RS-9113)]としている 3:外壁は焼きスギ板仕上げ。ただし、軒裏と同様に、防火構造としなければならない。ここでは、下地をラスモルタル20㎜厚[平12建告1359号第1第1号ロ(2)(ii)]として、防火構造を実現した


建物の外側にも砂利を敷き詰め、トキワマンサクやハクサンボクなどを植え込んだ。中庭と同様に、スポットライトを壁面の上部に設置。地明かりを確保しつつ、樹木をまんべんなくライトアップしている


玄関の前にも樹木を植え込む。玄関は両側がスリット窓となっており、中庭の様子をうかがうことができる。玄関扉を開けると、ライトアップされた中庭まで視線が抜ける。ブラケット「LEDB87936L(K)-LS」(東芝ライテック)で強調された焼きスギのテクスチュアも印象的


写真=中村風詩人

①に戻る

②に戻る

 

こちらの記事もおすすめ

好印象間違いなし!門柱・門塀のデザイン5選

2021/04/16

表札やインターホンがある門まわりは、その家の「名刺」のようなもの。来客は、門まわりの印象で、住んでいる人がどんな人なのかを想像します。一方で、コロナ感染対策として宅配ボックスを設けるなど、新しいニーズも増えてきています。今回の記事では、Instagramとの連動企画「#bコレ美しい住まいの外観」の投稿の中から、おしゃれで機能的な門柱・門塀のデザインアイデアをご紹介します。

「マンションの断熱改修」各務謙司マンションリノベ①

住宅 建築2021/06/15

『世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション』の著者であり、都心を中心に、マンション・リノベーションの設計を手がける各務謙司氏。間取りとインテリア、家具・ファブリックのデザイン・コーディネートに加え、法規・断熱・構造・設備・遮音などに関する知識を紹介しましょう。

「爆上がりの光熱費」低気密低断熱住宅に住んだルポ④

住宅 連載2020/12/04

こんにちは。一級建築士の神長宏明です。私は、エアコンを24時間つけっぱなしでも月々の光熱費が1万円以下で済む高気密高断熱住宅を設計していますが、住んでいるのは【低気密低断熱住宅】です。この連載では、低気密低断熱住宅の住み心地を数回に分けてレポートしていきます。4回目は、エアコンを使って快適に過ごせるか実験してみました!

「緑を生かす間取りとディテール」緑が豊かにする家と街並み②

建築 連載2021/03/16

植栽やランドスケープなどの〝緑〞を軸に据えた建築デザインを得意とする古谷デザイン建築設計事務所。建物内部を含めて、〝緑〞の要素が生かされています。今回は、代表作の1つでもある木造3階建て戸建住宅「インターバルハウス」を紹介します。

「エアコンによる結露と温度ムラを考える」これからのカフェ・飲食店設計術③

建築 設備2021/05/07

飲食店における空調設計は、目に見えないものですが、飲食店の評価を大きく左右するもの。最近では、換気の重要性も非常に高まっています。ここでは、空調や換気を重視した飲食店の設計について解説します。

Pick up注目の記事

Top