住宅

「視線が自然と坪庭へと導かれる高低差の設計」昼の庭と夜の庭の美しい佇まい②

建築家・彦根明氏と造園家・荻野寿也氏がデザインを手がけたコートハウス「SGY」。建物のどの位置からも中庭の植栽を眺められ、居心地の良さは抜群です。昼も夜も。ここでは「SGY」の魅力と設計手法について、3回に分けて紹介します。

 

「SGY」は3.3寸勾配の大屋根空間に、中庭と2つの坪庭が設けられています。断面詳細図からは庭を楽しむためのさまざまな工夫を読み取ることができます。

1: ダイニングの奥に設けられた小さな腰窓は目の高さを考慮して位置を設定。壁仕上げを枠見込み部分に巻き込む納まりとしているので、視線が自然と坪庭へと導かれる 2:子ども室の腰窓はデスクに座ったときの視線に合わせて設定 3:ダイニング・リビング・寝室のサッシは既製品のアルミ樹脂複合サッシ「サーモスII-H」(LIXIL)を採用。サッシ高さはいずれも規格寸法の最大高さ2,200㎜で統一 4:スポットライトはダイニングや寝室から見えないように開口部の上に設置。月明かりのような自然な光で中庭全体をライトアップしている。スポットライトを地面に設置する方法では、光の方向が不自然であるうえ、地面が明るくならないので、庭全体の“明るさ感”が乏しくなる。ここでは、広角配光(70°)のスポットライト「OG 254 354」(オーデリック)を選定。挟角配光のスポットライトに比べて、樹木・中庭全体を光で包み込むことができる。色温度は落ち着きが感じられる電球色(2,700K)としている


子ども室の中庭側にはデスクを設置。視線の高さにスリット状の腰窓(突出し窓+FIX窓)を設けていて、背丈のあるアオダモやマンサクなどの緑を眺められる


中庭からダイニングを見る。外壁は焼きスギ板(DS-05 磨き 幅135/シンリン共同)の縦羽目板張り。アルミ樹脂複合サッシは「サーモスII-H」(LIXIL)のブラックを採用し、新緑の植栽が映えるシックな表情に仕上げた。横長の開口部越しに造作の本棚やダイニングテーブルなどが見え、お洒落なブックカフェのような雰囲気を漂わせている


ダイニングの天井はスギ板(森呼吸135幅/カネサダ横尾木工所)仕上げ、床は表面に2㎜厚の挽き板を張り付けた複合フローリング「ベリティス プラス 真銘木フローリング/ウォールナット」(パナソニック ライフソリューションズ社)仕上げとした。夜間に中庭がライトアップされると、“上から下へ”の光で植栽とウッドデッキ「木もちe-デッキ」(小川耕太郎∞百合子社)がライトアップされる。地明かりが得られ、昼間よりも、内と外の領域が曖昧に感じられる。樹形もはっきりと見える(手前の高木はコナラ)


リビングから中庭を見る。床レベルが1FLよりも800㎜下がっているので、庭と空が開口部越しに見える。一部連窓となった開口部や両脇の化粧柱、窓下の腰壁を濃色系で統一しているので、壁面全体が庭を切り取るフレームのように見える


写真=中村風詩人

①に戻る

③につづく

 

こちらの記事もおすすめ

「内部空間はフォトジェニックにつくり込む」美しいホテルリノベの法則②

建築2020/08/14

ホテルでは、遊休状態の不動産をリノベーションするケースが少なくありません。今回は、ホテル・リノベーションのデザインを数多く手がけるSTAR・佐竹永太郎氏にその考え方をインタビュー。美しい写真とともに解説します。

【PR】木のホテル「星野リゾート BEB5 軽井沢」の設計手法②

建築2020/10/23

木造1時間準耐火建築物のホテルとして注目を集め、数々の賞を受賞した「星野リゾート BEB5軽井沢」。今回は、この建物の設計を手がけた佐々木達郎氏に、構造・意匠・遮音・外装などについて、そのポイントを伺いました。

ブルースタジオ・大島芳彦、 増田奏設計の自邸を “ 二世帯化リノベ”する。①

住宅 建築 建材2024/05/07

ブルースタジオ・大島芳彦氏の自邸「大島邸」は、1991年に『住まいの解剖図鑑』の著者・増田奏氏が設計を手がけた住宅。2020年に原設計を生かしながら、高断熱・高気密の二世帯住宅としてリノベーションされました。本記事では大島氏が建築当時からの思い出と、リノベーションのポイントを語ります。

間取りから始める人は要注意!美しい住宅の設計法とは

2022/12/27

設計が上手い人のつくった家は、一目見ただけで素敵だなと思う何かがあります。一方、設計があまり上手くない人がつくった家は、どこかその場に馴染んでいない感じがするものです。その違いは何か。もしあなたが「間取り最優先」で設計しているなら、要注意。3人の建築家の手法を紹介しましょう。

「RCのコア抜きと遮音」各務謙司のマンションリノベ②

住宅 建築2021/06/18

『世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション』の著者であり、都心を中心に、マンション・リノベーションの設計を手がける各務謙司氏。間取りとインテリア、家具・ファブリックのデザイン・コーディネートに加え、法規・断熱・構造・設備・遮音などに関する知識を紹介しましょう。

Pick up注目の記事

Top