動画

皆川明×中村好文×羽根建築工房「フィボナッチ螺旋の小屋ができるまで」

兵庫県立美術館で開催中の「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく展」(2020年11月8日まで)。本展覧会の見どころの1つ「シェルハウス」は、てっぺんまでくるくるっと渦を巻くような美しい螺旋の壁が特徴です。この壁は、どのようにしてつくられているのか?設営現場を取材しました。

もし、あなたが建築家で、親しい友人から次のようなオーダーを受けたらどうしますか?

巻貝のようにぐるぐると渦を巻き、

年外壁がそのまま内壁になっていくような、

簡素で心地よい宿

ミナ ペルホネンの創設者でデザイナーの皆川明さんは、以前から夢だった小さな宿の構想を、友人で建築家の中村好文さんに依頼しました。そのときの皆川明さんのスケッチが「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく展」に展示されています。

皆川明氏の構想スケッチ「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく展」より

 

巻貝のような、竜巻の子どものような、くるくるっと描かれたスケッチから、中村さんが「フィボナッチ数列」にあてはめたプランにたどり着くまでにそう時間はかからなかったと言います。

 

フィボナッチ数列の黄金矩形

平面図「ミナペルホネン/皆川明 つづく展」より

 

柱が1本もなく、曲線を描く壁で構成されたプラン。これをどのように具現化するのか?

中村さんは、大阪の大工工務店の羽根建築工房に施工を依頼。曲面用の合板を使って成立できないか、原寸大をつくって検討を重ねたそうです。最終的に内側と外側に12mm厚の合板を重ね、合計24mm厚の螺旋の壁を立ち上げることになりました。

壁が立ち上がるまでを3分動画でご覧ください。後半の板材をきれいに早く張る工夫は見事です。

写真・ドローン撮影:杉野圭
スマホ動画:編集部

 

構造物としての強度を保ちつつ、それを感じさせないなめらかな螺旋を木の壁でつくるには、下地と仕上げの細かな割付が鍵となっています。『建築知識ビルダーズno.42』では、この壁の展開図を掲載しています。誌面と合わせて楽しんでいただけたら嬉しいです。

建築知識ビルダーズNo.42の内容はコチラ

こちらの記事もおすすめ

「家の性能より立地を優先」低気密低断熱住宅に住んだルポ①

連載2020/10/09

こんにちは。一級建築士の神長宏明です。私は、エアコンを24時間つけっぱなしでも月々の光熱費が1万円以下で済む高気密高断熱住宅を設計していますが、住んでいるのは【低気密低断熱住宅】です。この連載では、なぜ低気密低断熱住宅に住むことにしたのか、そして実際の住み心地を数回に分けてレポートしていきます。

「木でつくる燃えにくい建築」安井昇の木造化・木質化と防耐火②

建築 連載2021/01/08

 建築物の木造化・木質化における防耐火設計について具体的に考えてみましょう。目標は、木材の特性を正しく理解したうえで、 〝火炎を燃え拡がらせない〞〝火炎で建物が壊れない〞〝火炎を建物の内外へ燃え抜けさ …

「構造から美しい空間を考える」お洒落で落ち着くカフェ空間のつくりかた③

2020/07/28

慌ただしい日常を離れて、ゆったりと時間を過ごせるカフェ。「カフェのような家に住んでみたい」という需要も高まっています。ここでは、カフェ界を牽引する「スターバックスコーヒージャパン」に究極のカフェ空間のつくりかたを徹底取材。そのポイントをまとめました。

工務店の社屋が熱い!鹿児島の丘の上の工務店。衣・食・住を提案<動画あり>

住宅2020/11/02

鹿児島の工務店、粹家創房(いきやそうぼう)は、家づくりのほかにギフトショップやカフェの運営、オリジナルプロダクトの販売なども手掛けるオールマイティな工務店。なぜ、家づくりだけでない幅広い事業を手掛けているのでしょうか?代表の冨ヶ原さんにお話を伺ってきました。

工務店の社屋が熱い! 北海道でゼロエネ&快適オフィスリノベ

新着 建築 設備2020/11/19

全国の工務店の社屋を訪ね、これからの住まいについて考える不定期連載。記念すべき第1回は、札幌市の棟晶。精密機器メーカーの流通倉庫兼事務所だった築30年の鉄骨3階建てをリノベーションして、エネルギー負荷のない先進的な事務所に蘇らせました。

Pick up注目の記事

Top