【動画】建築知識ビルダーズNo.42の内容を紹介!

好評発売中の建築知識ビルダーズNo.42の中身を動画で紹介します。
今月号は、リノベ特集。木のリノベに関する知識やテクニックなど、内容がもりだくさん。ぜひ書店でお買い求めください!

好評発売中の、建築知識ビルダーズNo.42の中身をちらっと紹介します!

「リノベ」とは、構造以外をすべてやり替える改修(フルリフォーム)のこと。
軽微な内装・設備の更新が中心のリフォームと差別化するものとして、近年頻繁に使われています。
本特集はリノベのなかでも、無垢の木材を室内の仕上げや造作に使う「木のリノベ」に注目。
地域の工務店がなぜ積極的に取り組むのか、どのように設計・施工すればうまくいくのか、など、
その道の専門家の取組みを紹介しながら、木のリノベに関する疑問に答えます。

そのほか、好評のオリジナル家具の原寸型紙、リノベに役立つ年表の綴込み付録のほか、
注目の建築を取り上げる【MAKING REPORT】【10周年記念特別企画】
特集と連動した【特別企画】2本、などボリューム満載の内容です。
ぜひ書店でお買い求めください♪

———– 目次 ————–

【特集】
新築以上の感動を約束する!
木のリノベの正解。

第1章マンションリノベの正解。

共存のかたちをデザインする(伊礼智設計室)
長く住み続けるために設らえる(マスタープラン)
地域の素材とつくる技術を生かす(IFOO+ベガハウス)

第2章戸建住宅リノベの正解。

簡単に建て直しを選ばない(IFOO+ベガハウス)
戸建てリノベこそエコハウスに(リビルディングセンタージャパン)
古民家は「バランス」が大事(輝建設)

【2大綴込付録】
小谷和也デザイン
たためる
小さな家具パーツ
Zikkuri原寸型紙
+
木造住宅の法規と仕様の変遷年表

【MAKING REPORT】
フィボナッチ螺旋の壁ができるまで
皆川明×中村好文×羽根建築工房

【10周年記念特別企画】
LONGLIFE ARCHITECTURE
Vol.2 「 中心のある家」対談編阿部勤×伊礼智

【Interviews by Editors】
01 山下智弘[リノベる]/02 金子裕介[リフォーム産業新聞社]

【特別企画1】
木造住宅の「構造の現況」と「劣化の程度」
部位別チェックポイント 監修:齊藤年男[細田工務店]

【特別企画2】
はじめてでも安心 施主参加型DIYリノベの手引き 河野直[つみき設計施工社]

【特別連載】
かたちが決まるまで間取りを描くな
第2回窓の配置は立面で決める 飯塚豊[i+i設計事務所]

【連載】
every time BATA BATA!
第3回 42号表紙の撮影現場から

小谷和也のおすわり講座
第6回スツール60/アルヴァ・アールト 小谷和也[マスタープラン]

ウッドシップ流 超スーパーコスパのよい家の売り方・つくり方
第5回効率重視で考える見学会とモデルハウス 酒井忠雄[ウッドシップ]

シミュレーションでわかる エコハウス設計の勘どころ
第8回窓を変えれば室温はどれだけ上がるのか 神長宏明[Raphael設計]

世界のいろいろな建物
第19回パルテノン神殿 イラスト:丸山誠司

武将に学ぶ工務店経営
第43回林忠崇 森山高至[意匠経済計画研究所]

こちらの記事もおすすめ

【動画】ビルダーズNo.43の内容を紹介!-前編-

2020/11/30

好評発売中の建築知識ビルダーズNo.43の誌面を動画でちらりと紹介します。今回のテーマは【合理的な家づくり】!

【PR】「DULTON HOME BUILDERS」第二期募集をスタート

2022/05/26

工務店支援ネットワークのフォーセンスはインテリア雑貨メーカーDULTONの住宅会社であるダルトンホーム・ディベロップメントと提携し、DULTON HOME BUILDERSの住宅FCを展開。5月より第二期募集を新たにスタートすることを発表しました。

【PR】【体験型モデルルーム】カッシーナ、エコスマートファイヤー、バング&オフルセンが期間限定で空間提案

2020/10/12

カッシーナ・イクスシー青山本店・大阪店にて、3社の商品を実際に試すことができるモデルルームを2020年10月12日(月)~12月27日(日)の期間限定で公開。コンセプトは「上質なステイホームを」。カッシーナ・イクスシーの世界を舞台に、エコスマートファイヤーの「癒しの炎」、バング&オルフセンの「迫力の音」を体感できます。

【PR】「リノベーションコーディネーター資格制度」が9月9日より受付スタート

2022/09/14

リノベーション事業に携わる方は必携の資格制度が発足しました。売買・金融・設計・施工・修繕・管理までの幅広い知識を横断的に習得することができます。

建築書向き?!PDF版電子書籍のメリット・デメリット

2024/05/17

近年、身近になっている電子書籍。漫画や文庫本をKindleやKoboなどで読むのが一般的ですが、技術書や専門書の分野ではPDF版電子書籍が増えています。PDF形式で保管・閲覧できるため、専用の端末やリーダーは不要。好きなデバイスにダウンロードして利用できるのがメリットです。

Pick up注目の記事

Top