住宅 建築 連載

リノベーションが創造する 過去のある未来④

住宅に限らず、商店・ビルなど、さまざまな用途分野で活性を高めているリノベーション。本対談では、設計者としていち早くからリノベーションを手がけてきた各務謙司氏と中西ヒロツグ氏が、建築としてのリノベーションの魅力や、長年の経験で培われてきたノウハウについて語ります。

工業製品を使いこなす利点

各務 ここからは空間の設えについて話を進めてみましょう。分譲マンションでは、エントランスやエレベータホールなどの共用部分は、大理石などによる仕上げによって高級感を感じさせる一方、専有部分の室内では床が複合フローリング、壁・天井は白いビニルクロス仕上げと、あまりにも無味乾燥な設えになっているケースがほとんどです。

これは、誰にでも受け入れられやすいデザインであることを念頭に設計が進められているからです。リノベーションでは、住み手の個性や価値観を空間で表現することが求められるので、さまざまな素材を組み合わせてインテリアを構成していきます。

特に重要なのが玄関。玄関の正面に見えるものの第一印象はとても大切です。玄関とリビングが正対するような間取りの場合は、「代官山T邸」(2013年)のように、間仕切を兼ねる建具に希少な突き板を利用して高級感を印象づけたり、「一番町Y邸」(2015年)のように建具を全面ガラス張りにして、リビング・ダイニングの雰囲気が感じられるようにしたりします。

 

「代官山T邸」における黒檀の突き板を面材とする天井いっぱいの開き扉。両袖は左側が姿見となる鏡、右側は奥にあるリビング・ダイニングの雰囲気がうかがえるガラス張り

「一番町Y邸」における建具本体・袖壁すべてをガラス張りとした開き扉。枠は天井や壁、床に埋め込んで視覚的なノイズを極力排除した。天井および床の仕上げを玄関ホールと居室で連続させた。床材は磁器質タイル「ミネラルDリビング ブラウン 磨き」(アドヴァン)

 

仕上げ材の選び方について話をすると、複合フローリングや磁器質タイルなどの工業製品を随所に使うのが、私の基本姿勢です。大理石や無垢材などの自然素材のみで空間全体を仕上げると、素材の個性やムラが強く出すぎ、まとまりに欠ける印象を与えかねないからです。

ただし、複合フローリングといっても無垢の質感は大切にしたいところ。表面の突き板の厚さが2㎜以上あるものがいいですね。ホワイトソープ仕上げの白拭き取り具合が絶妙で上品さが際立つ「スカンジナビアンフローリング ワイドプランクOAEWS」(スカンジナビアンリビング)や、B&C級グレードの表面突き板を混ぜながらも木ならではの風合いを表現した「複合フローリング20シリーズ」(IOC)などがお薦めで、後者は壁仕上げ材としても重宝しています。

 

「南麻布T邸」のLDK。床材は「スカンジナビアンフローリング ワイドプランクOAEWS」を採用

「一番町Y邸」のLDK。床材には「複合フローリング20シリーズ オーク20ホワイトオイル」、左側の壁材には「複合フローリング20シリーズ ウォールナット20クリアオイル」(いずれもIOC)を採用

 

磁器質タイルは大理石の代わりとなるもの。大理石は確かに高級感のある素材ですが、産地での大量採取により最近ではきれいな柄のものが入手困難になっているうえ、仕上げ厚が50㎜程度にもなるため、下地やそのほかの仕上げ材との取合いが複雑になります。

一方、磁器質タイルは仕上げ厚も15㎜でそのほかの仕上げ材と面で納めることが容易ですし、最近はインクジェット技術の向上がめざましく(美しい柄を何通りも写真で撮影して、それを表面に印刷するなど)、本物の天然石と見間違えるような質感の磁器質タイルが比較的安価に入手できます[※1]

 

「赤坂S邸」の水廻り。壁と床には磁器質タイル「ヴィストーンVS-4848S」(平田タイル)を採用。ホテルライクな設えとした 

「南麻布T邸」の水廻り。床材には磁器質タイル「サンロック」(ABC商会)を採用しており、間仕切とタイルの目地の位置がそろうように割り付けた

※1 伊グラニティ・フィアンドレ社製のものでは、インクジェット印刷によって、表面のみならず内部にまで柄模様を染み込ませることで、同じ柄でもグロスもしくはマットといった質感の違いを表現できるようになっている

 

中西 私も各務さんと同じで工業製品をよく使います。「複合フローリング20シリーズ」などの複合フローリングは定番です。後者も床暖房対応で、コストパフォーマンスが高いです。

 

「TIO複合フローリング」(伊勢通)を採用した「西尾久の家」のLDK。樹種はバーチ

 

工業製品を使う理由は、個人的に営繕の経験が意識に刷り込まれているのかもしれませんが、竣工後に起こり得る不具合のリスクが少ないことと、メンテナンスが比較的容易なことです。素材のクセを見極めて施工してくれる職人が減少傾向にあることも理由の1つです。

それが最もよく現れるのが建具です。製作のフラッシュ戸は、面材の反りによる開閉不良などが少なくありません。一方、既製品の建具は非常に進化しており、面材の反りはまず起こりません。なかでも、各務さんがインクジェット印刷技術による描画力の高さをご指摘されましたが、「VERITIS」(パナソニック エコソリューションズ社)は、建具の表面を覆う特殊シートが天然木や漆喰の質感を忠実に再現しています。

 

独立柱を露しにしたインテリアが特徴的な「結城の家」のLDK。正面に見える採光タイプの親子ドアは「VERITIS」の「親子ドアMC型(固定枠・スタンダード仕様)」で、色柄には「ウォールナット柄」を採用し、独立柱との色調を合わせた

 

加えて、リノベーションの現場では、躯体の状況に合わせて部材寸法を細かく調整する必要がありますが、現場で簡単にカットできるなど、対応力にも富んだ製品です。今後のさらなる進化にも期待大です。そういえば、各務さんも既製品の建具を使いますよね。

各務 玄関正面にあるメインの建具には使いませんが、建具がそれほど目立たなくてもよい場所では「フルハイトドア」(神谷コーポレーション)を使っています。

 

グレーのクロス・面幅木で仕上げた「青山P邸」の廊下。部屋の出入口には「フルハイトドア」(神谷コーポレーション)の「F/S KF-7」を採用。通常のケーシング枠とは異なり、壁仕上げを枠見込み部分にまで巻き込めるので、すっきりとした印象になっている

 

建具について補足すると、面材として多用するのがカラーガラスです。商業施設で使われることの多い素材ですが、ガラスがもつ透明感と光沢感は空間のアクセントとして映えます。ただし、小口が見えると興ざめなので、小口はアルミアングルでカバーしています。お薦めは「ラコベル」(AGC)など。色はブラウンや白、ブラックやネイビーを多く用います。

 

「南平台N邸」のリビング・ダイニング。ダイニングの天井にはカラーガラ ス「ラコベル クラシックブラック」(旭硝子)を採用したほか、スポットライトおよびスポットライトを納める照 明ボックスを黒で統一し、男性好みのシックな設えとした

 

カラーガラスを建具に張る場合、重量増への対応には苦労しますが、従来比60%の重量を削減した「ラコベル・プリュム」(AGC)は軽量で施工性も悪くありません。

中西 設えとして目に見える部分ではありませんが、木造戸建住宅では耐震性能や断熱性能を向上させることも重要なので、それぞれの建材選びも重要です。耐震性能を向上させる耐力壁は、基本的な考え方として外壁を構造用合板で固め、内部の耐力壁を少なくして、将来的にもプランニングの自由度を高めています。

もちろん、建物形状(建物が長方形の場合など)によっては、内部にも耐力壁を設ける必要があるので、その場合は、設備配管による欠損が避けられる筋かい耐力壁を使います。このとき、より高い安全性を求めるのであれば、制震ブレース「ミューダム」(アイディールブレーン)がお薦めです。地震力による揺れ幅を85%低減できるほか、壁倍率の認定を取得しているので補強設計のうえでも有効です。

断熱改修では、外張り断熱を採用する場合もありますが、コストの観点から外壁仕上げは部分的な解体にとどめる(断熱性の高いサッシを取り付ける場合に窓廻りを解体するなど)ことが多いため、室内側からの施工が可能な充填断熱とするケースが多くなります。高性能グラスウールの「アクリアウールα」(旭ファイバーグラス)などをよく使います。

 

熱伝導率0.034W/m・Kで140㎜厚の「アクリアウールα」で屋根断熱を行い、熱伝導率0.038W/m・Kで89㎜厚の「アクリアウール」で外壁断熱を行った例。既存の躯体に隙間なく断熱層を形成し、別途、気密処理を入念に行うことで、温熱環境を劇的に改善させている

 

防湿・気密シートに適度な硬さがあり、施工中に破れにくく、コストパフォーマンスが高いところがいいですね。1階床下は、布基礎などで基礎断熱が難しいことが多いため、基本的に根太間を利用した床断熱としています。フェノールフォームの「ネオマフォーム」(旭化成建材)なら、根太の成と同じ45㎜厚で、省エネ基準(6[Ⅳb]地域)で必要な熱抵抗値2.25(㎡・K)/Wが担保されているので、重宝しています。

 

〝かたち〞を変えて生き続ける建築

各務 色々と話してきましたが、そろそろ総括に入りましょう。リノベーションのよさとは、過去を未来に生かすことにあると思います。設計者がかかわる大規模な計画は、スケルトンリフォームになりがちですが、過去のよいところは積極的に活用すべきだと考えています。

1980年代までに建てられたヴィンテージマンションも、また「田園調布F邸」(2012年)も例外ではなく、家具や建具、小屋組などその当時でしか実現できないデザインが随所にあります。

 

小屋組を露しにした「田園調布F邸」の寝室。プレカット加工による製材では入手困難な丸太のような梁は、サンダー掛けのみの表面処理で欧米風に見せた

トップライトと壁面いっぱいの造作家具が印象的な「田園調布F邸」のリビング・ダイニング。シナ合板仕上げの天井とトップライトによる垂壁の取合いには廻り縁を設けず、屋根に孔があいたような意匠としている。造作家具はチーク製

 

解体は部分的にとどめて、新しい技術と組み合わせると、コストが抑えられるだけではなく、〝世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション〞を表現することができるでしょう。

中西 まったく同じ意見です。リノベーションのよさとは過去に学ぶことにあると思います。先人たちが長い時間をかけて築き上げた知恵を現代の状況に合わせて読み替え、新しい価値として未来につなげていく行為には、大きな使命感を覚えます。ですから、完成品をつくるというよりは、手を加えやすいよう〝かた〞[※2]を整える姿勢で仕事に臨んでいます。

 

※2  菊竹清訓氏が提唱した“か かた かたち”の方法論。“か”は原理や構想を指し、“かた”は法則やシステム(ここでは直下率やモジュール)を意味する

 

これからの時代は、新築を設計する場合にもリノベーションを想定する必要があると思います。自分の作品を世の中に顕示しようとする意識が強すぎると、後から手を加えることが難しい計画になりがちですが、設計者は〝数十年後に建て替えられる建物を設計すべき〞なのか、〝世代を超えて、目的を変えながらも受け継がれる建物を設計すべき〞かをよくよく考えるべきでしょう。西洋の格言にもあるように、私たちは、巨人の肩に乗っているのですから。

 

写真・傍島利浩(ポートレート、「青山P邸」「田園調布F邸」)

 

③に戻る

おわり

 

こちらの記事もおすすめ

日本一 ペットにやさしいエコハウス

動画 住宅2020/07/14

日本エコハウス大賞で受賞した住宅を徹底解説! 1回目は、第5回日本エコハウス大賞でグランプリを受賞した「水戸の家」。設計・施工を手がけた茨城県水戸市のサンハウスの野辺さんの自邸である。つくり手であり、住まい手でもある野辺さんは大の動物・爬虫類好き。温度変化に敏感なペットたちのことを思ってつくられた家が、日本一のエコハウスになったわけとは?

兵庫県立美術館の巨大な青りんご。その意味とは

2020/07/01

兵庫県立美術館内にある「Ando Gallery」(2019年5月23日開設)に行ってきました。兵庫県立美術館がオープンしたのは2002年。安藤忠雄氏の設計です。Ando Gallery は、その展示 …

【PR】【動画】350㎜幅の耐力壁で実現 圧迫感のない狭小建築

動画 住宅 建築 建材2021/06/19

間口の狭い木造2・3階建て戸建住宅の構造計画を行う場合に悩ましいのが、バランスのよい耐力壁の配置です。今回は、山田憲明構造設計事務所の山田憲明氏に、狭小建築における構造的な問題点とその解決方法をうかがいました。解説動画もご覧ください。

【PR】「高性能グラスウールの選び方」木造の断熱改修①

住宅 建材2021/05/28

図面がなく、解体しないと状態が分からない改修工事では、適切な断熱材を現場で選ぶ判断能力が求められます。築40年の木造戸建住宅の改修を通して、高性能グラスウールの適切な使い方を解説します。

「手に触れる部分の寸法と素材の選定」お洒落で落ち着くカフェ空間のつくりかた①

2020/07/07

慌ただしい日常を離れて、ゆったりと時間を過ごせるカフェ。「カフェのような家に住んでみたい」という需要も高まっています。ここでは、カフェ界を牽引する「スターバックスコーヒージャパン」に究極のカフェ空間のつくりかたを徹底取材。そのポイントをまとめました。

Pick up注目の記事

Top