住宅

ゲストを招きたくなる!アプロ―チのデザイン4選

外構のなかでも、家の印象を左右するアプローチは慎重に検討したいスペース。今回の記事では「その先にどんな空間が広がっているのか」を思わず想像したくなるおしゃれで素敵なアプローチのアイデアを、Instagramの投稿企画「#bコレ美しいすまいの外観」より4つご紹介します。

アプローチを整えることで、家の印象はガラッと変わります。デザイン次第では、防犯性やプライバシー性を高めることもできます。今回は、デザイン性の高い事例4つを紹介しながら、アプローチのデザインアイデアを解説していきます。

 

1. あえて「まっすぐ」にせず、曲線をつける

アプローチは、道路から玄関までまっすぐにせず曲線にすることで、さまざまなメリットを得られます。1つ目は、玄関までのわくわく感を演出できるということ。まっすぐのアプローチは玄関までの距離が短く感じますが、曲線や曲がり角をつくることで、距離を長く感じさせる効果があります。2つ目は、玄関ドアを開けたときに外から家の中が丸見えにならないということです。一直線では見通しがよすぎて、道路からの視線が気になってしまいます。写真のように、アプローチの両脇に植栽すれば「緑のトンネル」で来客をお迎えできます。

2. 玄関の前に「目隠し」をつくってプライバシーを守る

道路からの距離が短く、アプローチに曲線を設けるのが難しい場合は、玄関の前に「目隠し」をつくるのがおすすめです。道路からの視線を遮ることができるのはもちろんのこと、家の中の様子や、留守にしていることを知られないようにすることで、防犯面でも有利になります。また、小さな子どもがいる家庭は、子どもの急な飛び出しを防ぐこともできます。玄関ドアの前にフェンスとなる目隠しがあることで、子どもの足も自然と止まります。写真の家では、シャープなコンクリートの目隠しを設置。目隠しの前に植栽を設けることで、優しい印象をプラスしています。

 3. 自然石を使って品格アップ

アプローチにはさまざまな素材が用いられますが、なかでも自然石は使い方によって和風テイストにもモダンテイストにも合うので人気の高い素材です。雑草の処理を減らしたり、雨が溜まるのを防いだりする役目もあります。敷石には四角形に加工したもののほかに、素材の形そのままを生かした乱形と呼ばれるものがあります。写真では2つの自然石を組み合わることで、アプローチの表情に変化を持たせています。

4. 段差を生かした植栽計画で表情豊かに

道路から玄関までの距離が短く、さらに段差があるアプローチは、一見すると演出が難しく思えますが、植栽次第でぐっと魅力的になります。この場合は、単調にならないようにアプローチをL字型にするのがおすすめ。玄関前にスペースができるので、ここを利用して植物を植えれば、玄関に表情をもたせることができます。段差の隙間にも花やコケなどの植物を植えれば、小さいスペースでも奥行きのあるアプローチをつくることができます。写真の事例では、空いたスペースに植栽を配置するだけでなく、自然石とコンクリートの階段を組み合わせることで、表情にアクセントをつけています。

 

いかがでしたでしょうか。アプローチはちょっとした工夫でガラッと印象が変わります。ぜひ、外構を検討する際の参考にしてみてくださいね。

「建築知識ビルダーズ」では、外観が美しい住宅をInstagramで集めています(詳しくはコチラ)。ハッシュタグ検索#bコレ美しい住まいの外観 をフォローすれば、今回の記事で紹介したような上質でデザイン性の高い事例をたくさんご覧いただけます。ぜひ、フォローして、家づくりの参考にしてください。

工務店や設計事務所の方は、自慢の外観写真をぜひ投稿ください。ご応募お待ちしています!

こちらの記事もおすすめ

不動産的思考から学ぶリノベ最前線①

建築2020/09/16

空き家や遊休不動産。問題と言ってしまえばそれで終わりですが、うまく活用するチャンスは眠っています。今回は、不動産コンサルタントを務める創造系不動産の高橋寿太郎氏に、不動産活用の手法、建築家が不動産コンサルタントと協業するメリットを解説してもらいました。

「屋根の勾配・葺き方・雨樋」リオタの屋根③

住宅 建築2022/03/04

木造住宅の1つの顔ともいえる屋根。ステキな屋根をデザインするには、どうアプローチすればよいのでしょうか。本稿では、新刊『詳細図解 木造住宅のできるまで』(エクスナレッジ)の著者である関本竜太氏(リオタデザイン)が、木造屋根の設計を解説します。

「天井に表面結露発生!?」低気密低断熱住宅ルポ⑬

住宅2021/10/22

こんにちは。一級建築士の神長宏明です。私は、エアコンを24時間つけっぱなしでも月々の光熱費が1万円以下で済む高気密高断熱住宅を設計していますが、住んでいるのは【低気密低断熱住宅】です。この連載では、低気密低断熱住宅の住み心地を数回に分けてレポートしていきます。13回目は、低気密住宅で起こりうる表面結露の話です。

お財布にも地球にも優しい「ほぼオフグリッド」って?

住宅2021/09/07

オフグリッドとは、電力会社から電力の供給を受けず、電力を自給自足する暮らしのこと。こう聞くとハードルの高いものに思えますが、「ほぼオフグリッド」なら取り入れたくなるかも。この記事では、オフグリッドの基礎知識と、「ほぼオフグリッドハウス」の事例もご紹介。

過去80年を振り返り考察する、工務店の役割とは?

住宅2021/02/02

2021年1月19日に行われた第1回工務店編集会議のゲスト松村秀一先生/東京大学特任教授、工学博士の講演内容の一部をまとめました。

Pick up注目の記事

Top