動画 住宅

日本一 ペットにやさしいエコハウス

日本エコハウス大賞で受賞した住宅を徹底解説! 1回目は、第5回日本エコハウス大賞でグランプリを受賞した「水戸の家」。設計・施工を手がけた茨城県水戸市のサンハウスの野辺さんの自邸である。つくり手であり、住まい手でもある野辺さんは大の動物・爬虫類好き。温度変化に敏感なペットたちのことを思ってつくられた家が、日本一のエコハウスになったわけとは?

日本エコハウス大賞とは

『建築知識ビルダーズ』が主催する意匠と性能の両面で優れた住宅を表彰する設計実例コンテスト。第5回目のグランプリを受賞したサンハウスが手がけた水戸の家は、代表の野辺氏の自邸である。魅力的な外観、コンパクトな空間や自然素材、光を考慮した設計力と、温熱・耐震設計を兼ね備えた総合力を評価されました。建築知識ビルダーズNo.40に詳細な解説を掲載しています。

「水戸の家」は、茨城県水戸市の住宅街に建っています。この家では、家族4人に加えて、柴犬、ハムスター、カメレオン、ヒョウモントカゲモドキ、ローソンフトアゴヒゲトカゲ、ウーパールーパー、ツノガエル、バジェットガエルと一緒に住んでいます。

 



野辺家に訪れるとまず目が留まるのは、外観の美しさ。前面道路側の前提はコモンスペースとし、カエデやコバノトネリコなどの草花を植え、近隣に緑をおすそ分けしています。そのほか、芝や石を引き詰めたアプローチなど天然の素材を用い、風土に根差した住まいを目指しています。外壁は、黒く塗装したスギ板を縦張りにしています。水戸に古くから伝わる黒染め物の水戸黒から着想を得たそうです。

「水戸の家」は野辺さんの自邸のため、実験的に床下エアコンと、温水パネルを設置。しかし、高断熱・気密性能であったことと、日射取得が十分にできたためほとんど必要なかったそう



どんな場所に建っているの?

「水戸の家」が建つ水戸市の気温は、冬はマイナス5℃で平均気温は新潟市とほぼ同じ。そのため、爬虫類たちが暮らすには少し厳しい環境です。一方で、平均日射取得量は高いエリア。そのメリットを生かすために、南側に大きな窓を配置し、ダイニングやリビングに日射がしっかりと入るように設計されています。窓から入ってきた日射は、足元の500㎜厚のタイルに蓄えられます。蓄熱して暖かくなったタイルは、夜でもじんわりと熱を放出してくれます。野辺さんが育てている爬虫類のなかでもヒョウモントカゲモドキやローソンフトアゴヒゲトカゲは、南側の窓のそばにいます。



冬場は日射を得るだけでは、せっかく室内に熱が入っても熱はすぐに外に逃げてしまい、室内が十分に暖まりません。そのため、断熱性能を高めるための断熱施工がしっかりと施されています。

【壁の断熱】

高性能グラスウール「マグブローライト22K」(マグ・イゾベール)120㎜と、「付加断ボード32K60㎜×2枚(マグ・イゾベール)を用いた付加断熱

【屋根の断熱】

・高性能グラスウール「マグブローライト22K」を330㎜入れた充填断熱

【基礎断熱】

・立ち上がり部分:EPS「パフォームガード」100

・スラブ下前面部分:EPS「パフォームガード」50

 

窓の断熱性能にも抜かりはありません。窓辺にいるヒョウモントカゲモドキたちが寒さを感じないようにしなければなりません。そのため、メインの南側の窓はLow-Eトリプルガラスの木製サッシ(ノルド)を採用しています。



「水戸の家」の家全体のUA値は、0.28W/㎡Kを実現しています。この数値は省エネ基準やZEH以上の断熱性能で、HEAT202020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会)が定めるG3をクリアした超高断熱住宅といえます。そのかいあって2020年の冬は日射取得だけで無暖房で過ごせたそうです。



爬虫類たちが夏バテしない家

夏場の対策を見てみましょう。冬場に味方だった日射は、夏は暑さをもたらす敵になります。そのため夏は日射を遮る工夫が必要とされます。「水戸の家」では、夏は日射を遮りながら、冬は日射取得ができるように日照シミュレーションで計算し、1,340㎜の軒を設けています。ヒョウモントカゲモドキの住まいにも、日射が直接入らないので安心です。

また、日射を遮っただけでは、軒だけでは防ぎ切れなかった熱や内部発熱などで室内の温度は上昇してしまいます。なのでエアコンを使った冷却が必要です。「水戸の家」では、冷房用のエアコンはダイニング横の階段吹抜けの上部に取り付けてられています。冷たい風は、重く、下に向かって流れるので、その性質を利用して、家全体に冷たい空気を行き渡らせています。高い断熱性能のおかげで、室内に外の熱が入りにくく、室内の温度は魔法瓶のように一定に保たれます。「夏場のエアコンは28℃の設定の予定で、建築計画をしていましたが、実際には湿度の高さが気になり、26℃で連続運転をしています」(野辺さん)。

爬虫類をどこからでも眺められる間取り

「水戸の家」は、高い断熱・気密性能のため、冷暖房機器を各部屋に設けていません。そのため、部屋と部屋を仕切る壁が少なくコンパクトな間取りになっています。生活のメインの空間であるLDKは、床や天井の高さでゆるやかに分断されています。キッチンに立ったときと、ダイニング席に座った状態や畳リビングに座ったときの目線の高さが合うように高さを調整しています。窓辺の爬虫類たちをいつも気にかけることもできます。

キッチン、ダイニング、リビングの高さを変えている

カメレオンの飼育スペースは2階浴室の隣。カメレオンの飼育には、適度な湿度と乾燥、紫外線、温度が必要なため、風呂上がりに浴室の湿気を流入させたり、あえて西側に窓を設けて温室として飼育環境を整えたりして、建築的な工夫で暖房なしでも飼育できる環境を整えている。また、一種換気設備は顕熱型を用い、ペットのニオイ対策を行っている

カメレオンの飼育には通常暖房は必須だが、「水戸の家」は冬は暖かいため専用の暖房も必要ない

お風呂の奥にカメレオンの飼育スペースがある

平面図



また、プライベート性の高い寝室や水まわりはすべて2階にまとめられています。グリッドを意識したシンプルなプランにすることで、耐震等級3、耐風等級2を実現。切妻屋根には太陽光パネルも設置し、生涯にわたって経済的な安心感のある家になっています。開きすぎず、閉じすぎない落ち着いた心地よさを感じる家で、子ども2人と野辺さん夫妻の4人だけでなく、温度変化に敏感なヒョウモントカゲモドキやカメレオンといった爬虫類たち、柴犬、ハムスターと一緒に快適に過ごしているそうです。


ハムスターは家族がくつろぐリビングの造作棚の一角に住んでいる。ハムスターのハムタちゃんも年中通して家のなかの温度が一定なので快適そうに暮らしている

造作のソファの下はハムスターの遊び場にもなる

「水戸の家」の気密性能は、0.3㎤/㎥。気密が高いことは家の隙間が少ないこと。冬は寒く、夏は暑い空気が入ってこないので、部屋の温度を快適な状態で保つことができる


水戸の家の魅力をつくり手であり住まい手でもある野辺さんがyoutubeで紹介されています。

日本エコハウス大賞2019受賞者二人による審査プレゼン再現!!
https://www.youtube.com/watch?v=FiCNWk_kO68

日本一のエコハウスが肩を並べる日本エコハウス大賞のHPはコチラ

https://builders-ecohouse.jp/

 

DATA
水戸の家
所在地:茨城県水戸市
家族構成:夫婦+子ども2人+動物たち
構造:木造軸組構法
敷地面積:249.5㎡(75.47坪)
延床面積:106.8㎡(32.31坪)
1階床面積:50.3㎡(15.22坪)
2階床面積:56.5㎡(17.09坪)
施工年数:20195
設計・施工:サンハウス
断熱性能:UA値=0.28
耐震等級:等級3(許容応力度計算)
省令準耐火:適合

こちらの記事もおすすめ

究極のオフグリッドハウス ーDLTHUT-②

建築 建材 設備2022/11/11

「DLTHUT」は地域産材をフル活用した木造建築であり、太陽光発電やLPガス、最先端の水処理再生技術を駆使した究極のオフグリッドハウスです。もちろん、DLTの特徴を生かした構造計画や建築表現(仕上げ・納まり)も魅力の1つ。今回はその秘密を解き明かします。

湿気を逃がす通気立平葺きが屋根の新定番〈PR〉

住宅2024/01/29

工務店にとって雨漏りほどおそろしいクレームはない。この記事では、屋根の雨漏り対策に役立つ「通気立平葺き」について解説します。

【PR】「図面を書く意味とは?」建築教育のリアル①

住宅 建築2021/11/30

「建築学科を卒業したにも関わらず、実務設計の知識がない!」と新人教育で嘆く実務者の声をよく聞きます。この連載では、「実施設計を行い、実際に家を建てる」というユニークな授業を行う学校法人フェリカ学園 フェリカ家づくり専門学校で教える教師に取材。連載1回目は、実践的な授業の中身と図面に描かれる線の大切さについてです。

「3密にならない間取りのコツ」これからのカフェ・飲食店設計術①

建築 設備2021/04/20

飲食店における空調設計は、目に見えないものですが、飲食店の評価を大きく左右するもの。最近では、換気の重要性も非常に高まっています。ここでは、空調や換気を重視した飲食店の設計について解説します。

「外国人向け木質空間」寒冷地で別荘をつくる方法ー③

住宅 建築 インタビュー2022/09/22

自然豊かな北海道、特にニセコや富良野では、外国人の不動産投資が活況。自然と一体化したダイナミックな建築が数多く計画されています。今回は、外国人向け別荘の設計を数多く手がける須藤朋之氏(SAAD/建築設計事務所)に、建築計画や断熱・気密の考え方をお伺いしました。

Pick up注目の記事

Top