建築

新常識!ウッドデッキは第2のリビング

気持ちのよい天気の日は、家にいても庭の緑や自然を感じたいですよね。

そんな時に大活躍するのが「ウッドデッキ」です。

洗濯物を干したり、家の中に置けない邪魔なモノを置く場所として利用したりするだけのイメージを持っている方も多いかもしれません。

しかし最近では、ウッドデッキを「もうひとつのリビング空間」として利用する家族が増えています。

週末に友達を読んで食事をしたり、本を読みながらお茶飲んだり、子どもたちを遊ばせたり…まさに第2のリビングとしての活用が注目されています。

しかし、せっかくウッドデッキを作っても、使わなければ意味はありません。

そこで、ここでは気軽に外へ出たくなる「ウッドデッキのある家」を紹介します。

 田嵜建築事務所 田嵜さんの自宅の場合

田嵜さんの自宅の外観。焼きスギの外装がポイント

田嵜建築設計事務所の田嵜さんの住宅は、周囲が竹林や森に囲まれ、隣家や道路からの視線を気にする必要がなかったため、南に向けてまっすぐと建てられています。田嵜さんは、この環境で子どもたちがのびのびと遊んで欲しいという思いで、広い芝生の庭につながるウッドデッキをつくりました。

田嵜さんのウッドデッキは、ダイニングの横にあるのが特徴的。

「子どもたちが遊んでいる姿が、家の中からでも見えるにしかったんです」

と、田嵜さんは語ってくれました。

 

ウッドデッキの床は、ダイニングの床の高さと合わせています。こうすることで、家の外と内が一体になったかのように感じられるのです。 

まるでダイニングが広くなったように感じませんか?

 ウッドデッキには庇があるため、急な雨が降っても濡れずに済むし、晴れている日は強すぎる日差しを気にせずにウッドデッキで過ごすことができます。

田嵜さんのお子さんたちは、リビングから裸足でウッドデッキへ出て、元気いっぱいに遊んでいるそう。田嵜さん夫婦にとって、窓からその様子を眺めるときが、至福の時間です。

みなさんもぜひ、ウッドデッキの導入を検討してみてください♪

こちらの記事もおすすめ

「木のしなやかさを生かす」“地産地消”でこれからの建築が変わる!-後編-

建築2021/06/07

屋根と基礎のみで成り立つ「K.S. Kindergarten Lunch House」。登り梁に採用したスギ材はヤング係数が低いため強度も低いと思われがちですが、この建築ではスギ材に「しなり」を加えることで強度を上げることに成功しました。今回の記事ではその設計方法を紹介します。

「第一印象は外観とレセプションでつくる」美しいホテルリノベの法則①

建築2020/08/12

ホテルでは、遊休状態の不動産をリノベーションするケースが少なくありません。今回は、ホテル・リノベーションのデザインを数多く手がけるSTAR・佐竹永太郎氏にその考え方をインタビュー。美しい写真とともに解説します。

日本一 ペットにやさしいエコハウス

動画 住宅2020/07/14

日本エコハウス大賞で受賞した住宅を徹底解説! 1回目は、第5回日本エコハウス大賞でグランプリを受賞した「水戸の家」。設計・施工を手がけた茨城県水戸市のサンハウスの野辺さんの自邸である。つくり手であり、住まい手でもある野辺さんは大の動物・爬虫類好き。温度変化に敏感なペットたちのことを思ってつくられた家が、日本一のエコハウスになったわけとは?

「図面を書く意味とは?」建築教育のリアル①

住宅 建築2021/11/30

「建築学科を卒業したにも関わらず、実務設計の知識がない!」と新人教育で嘆く実務者の声をよく聞きます。この連載では、「実施設計を行い、実際に家を建てる」というユニークな授業を行う学校法人フェリカ学園 フェリカ家づくり専門学校で教える教師に取材。連載1回目は、実践的な授業の中身と図面に描かれる線の大切さについてです。

栄光は誰の手に?LIXILメンバーズコンテスト大賞決定!

住宅2022/02/04

今年も、「Good Living友の会」会員の中で、優れた住宅施工例を競うLIXILメンバーズコンテストが開催。応募総数およそ1,500件の中から、審査員による書類選考を経て、新築・リフォーム部門それぞれ3作品ずつ優秀賞として選出。そしてついに2022年2月3日の公開審査で大賞が決定しました。

Pick up注目の記事

Top