【PR】屋根断熱が生み出す 美しい断熱住宅の秘密ー施工編ー

「越屋根の家」(設計:リオタデザイン)は、その名が示すように“屋根”の美しさが際立つ木造住宅。しかし、その美しさを実現するには、断熱・遮熱対策が欠かせません。ここではポリイソシアヌレートフォーム断熱材「サーマックスRW」による断熱・遮熱とデザインの可能性について解説します。

”薄い“屋根をつくる断熱材

”薄い“屋根をつくる断熱材夏の暑さで知られる埼玉県川越市で建築中の「越屋根の家」は、サツマイモ農家のゆとりのある敷地を生かした木造2階建て戸建住宅。その名が示すとおり、軒とけらばの出が大きい越屋根の存在が象徴的な建物です。

 

1.大きな軒の越屋根が建物全体を包み、夏の日射を防ぐ

「越屋根の家」の模型。3寸勾配で最大約2mの軒の出をもつ大きな屋根が建物全体を包み込んでいる。南面に向かって大きく開口をとっているが、夏の日射が室内に入り込むことはない

 

したがって「屋根をいかに美しく見せるか」がつくり手の腕の見せ所。設計を手がけた関本竜太氏(リオタデザイン)によると、その”見せ場“ は、「屋根を可能な限り薄く見せる」「屋根を支える小屋組を内装の要素として生かす」というデザインに集約されます。

 

2.軒先の水平性と重心の低さに感じる伝統の美

「越屋根の家」を正面から見る。間口が約19mであるのに対して、越屋根までを含めた建物の高さは約6m。重心の低い落ち着いた雰囲気が感じられる。大きな軒の出のおかげで軒樋は不要。軒先の水平ラインも美しい

3.棟木のない登り梁と羽目板の木質天井

越屋根部分の内観。「サーマックスRW」による屋根熱によって、登り梁と羽目板を組み合わせた木質天井が実現。構造設計の工夫によって棟木を排除したことで、登り梁による屋根の勾配がより明確に可視化されている

 

屋根を薄く見せるには、単純に屋根の懐を小さくする必要があります。ただし、小屋組を見せる場合には屋根断熱を行う必要があり、高水準の断熱性能を得ようとすると、断熱材の厚みで、屋根の懐は大きくなってしまいます。

しかも、屋根は太陽から放射される熱が外壁よりも多く侵入する部位。夏の猛暑を考慮すれば、遮熱対策も抜かりなく行いたいものです。

こうした課題を解決するために採用されたのが、ポリイソシアヌレートフォーム断熱材「サーマックスRW」(イノアック コーポレーション)です。熱伝導率0.020W/m・Kと高い断熱性能を発揮するとともに、表面のアルミクラフト紙面材が放射熱を跳ね返します。

 

4.屋根の外側から 「サーマックスRW」を隙間なく敷き詰める

「サーマックスRW」を用いて屋根断熱を行っている様子。垂木・母屋間にサイズに合わせた「サーマックスRW」隙間なく詰めていく。高い断熱性能と遮熱特性をもつ「サーマックスRW」は、軽量で施工性も抜群だ

5.120㎜厚の垂木内に納まる「サーマックスRW」

120㎜成の垂木間に充填された「サーマックスRW」。実際には80㎜厚ものの上に、40㎜厚ものを重ねている。充填後には通気層を確保し、アルミクラフト紙による遮熱効果が発揮できるようにしている

 

「木造住宅で一般的な、高性能グラスウールによる屋根断熱は、断熱層が分厚くなり垂木・母屋も2重に組む必要があるほか、遮熱シートを別張りする必要があるなど、デザイン・施工の面で難しい問題が生じます。『サーマックスRW』はこれらを解決する屋根断熱材の理想的な製品といえるでしょう。実際には、合計120㎜厚の『サーマックスRW』を垂木・母屋間に充填し、屋根の懐は小さく、棟から軒先までが1本の垂木というバランスがとれた構成で、私が理想とする屋根デザインを実現しています」(関本氏)。

 

「サーマックスRW」屋根断熱が夏の猛暑に遮熱効果を発揮

「越屋根の家」の断面計画。屋根のデザインや夏の遮熱対策として、屋根断熱材に「サーマックスRW」を採用。断熱用の垂木が1本で済むので、屋根の架構は非常にシンプル。一方、外壁の断熱は高性能グラスウールを採用。UA値(外皮平均熱貫流率)は0.39W/㎡・Kと「サーマックスRW」屋根断熱によって、「建築知識ビルダーズ」が推奨する断熱等級6プラスレベル(6地域)を合理的に実現している

 

伝統的で魅力的な日本の木造建築は、例外なく屋根が美しい。ただし、現代では断熱性能・遮熱性能も求められます。高性能なデザイン住宅において美しい屋根を表現するために、「サーマックスRW」の力は欠かせません。

 

参考記事「リオタの屋根」もご一読ください。

 

協力=イノアック コーポレーション

「越屋根の家」
設  計:リオタデザイン
施  工:堀尾建設
施工写真:平林克己

 

こちらの記事もおすすめ

【PR】「建築業と林業の連携」在来軸組でつくる木の保育所③

2021/09/10

国産材(JAS製材)を用いた非住宅の木造建築は注目すべきトレンドの1つ。ここでは、 古川泰司氏(アトリエフルカワ一級建築士事務所)が設計を手がけた「わらしべの里共同保育所」を紹介します。主として埼玉県産材を用いた準耐火建築物で、燃えしろ設計を活用した木のインテリアが特徴的です。

【PR】「学校を再活用した交流の場」働き方とまちづくり②

建築2022/04/22

コロナ禍を経て、リモートワークなどの柔軟な働き方が一気に浸透しました。この連載では、多様化する働き方やそれらを受け止めるワークプレイス、またその周辺を取り巻くまちの活動について紹介します。連載2回目は名古屋駅付近の小学校をリノベーションしたインキュベーション施設「なごのキャンパス」です。

住むと血圧が下がる?!「健康住宅」ってどんな家?

住宅2021/10/15

健康的な暮らしを心掛けている人は多くても、住宅と密接な関係にあることを知っている人は少ないのではないでしょうか?今回の記事では、住宅と健康がどのような関係にあるのか、またどのような環境であれば元気に過ごせるのかを最新のデータでご紹介します。

「ケーブルやコード類が超スッキリ」全集中!在宅ワークの整理術③

2021/03/02

在宅ワークが増えて、充電器やプリンター、イヤホンなどのケーブル・コード類だらけになっていませんか? 「どれが何に接続しているのか分からない!」となってしまう前に、コード類のまとめ方や収納方法を押さえておきましょう。

「構造から美しい空間を考える」お洒落で落ち着くカフェ空間のつくりかた③

2020/07/28

慌ただしい日常を離れて、ゆったりと時間を過ごせるカフェ。「カフェのような家に住んでみたい」という需要も高まっています。ここでは、カフェ界を牽引する「スターバックスコーヒージャパン」に究極のカフェ空間のつくりかたを徹底取材。そのポイントをまとめました。

Pick up注目の記事

Top