住宅 建築

「屋根のカタチ」リオタの屋根①

木造住宅の1つの顔ともいえる屋根。ステキな屋根をデザインするには、どうアプローチすればよいのでしょうか。本稿では、新刊『詳細図解 木造住宅のできるまで』(エクスナレッジ)の著者である関本竜太氏(リオタデザイン)が、木造屋根の設計を解説します。

 

1. 屋根のカタチ

 都市部の狭小地では、斜線制限(道路・北側・高度地区)で、カタチを決めざるを得ないケースが多くあります[A]。内部空間をなるべく多く確保するため、斜線制限なりに屋根勾配を設定するケースが多いからです。一方、敷地に余裕のある郊外では、敷地の特性(視線の抜け)や方位を考慮して、屋根のカタチを自由に決めることが可能です[B]

 基本形は切妻屋根。家型のカタチは最も普遍的な屋根形状ですから[C]。ただし、斜線制限や隣地・道路との関係で、切妻屋根がそぐわないケースも。その場合は棟を境にして屋根勾配を変える差し掛け屋根という方法もあります[D・E]

 コートハウスを除けば、純粋な片流れ屋根は意外と少ないものです[F]。片流れの場合は、その屋根勾配によって建物の印象も変わるので、意匠の見せ方に応じて勾配調整を行っています。片流れ屋根でも、Bのように反対側に下屋を設けるケースもあります。

 一方、陸屋根も少なくありません。ワンルームのように内部のプランに方向性がない場合[G]や、箱型のシンプルな意匠を志向する場合など。内部空間がスキップフロアなどで変化がある場合も、屋根(天井)の変化を意識させたくないので、しばしば陸屋根を選択します。建物がL字形などに変形する場合は、以上のような考えを応用します[H]

 

A 敷地に余裕がない場合(玉川上水の家)

斜め方向からかかる第1種高度地区の斜線(6寸勾配)をかわした片流れ屋根形状とした「玉川上水の家」。ただし、単純な片流れ屋根とはせずに、道路側は一部陸屋根として天井の低い水廻り空間などに活用するとともに、低い壁で街並みに対し圧迫感のない印象を演出した

 

B 敷地に余裕がある場合(さつきの家)

敷地に余裕があり、自由に屋根勾配を設定できた「さつきの家」。庭に向かって4寸勾配の片流れ屋根を架けている。勾配をそのまま建物の妻面で見せることを意識して、屋根勾配やプロポーションを調整した。反対側には下屋を設けた

 

C 切妻屋根(呑川の家)

第1種高度地区の斜線に合わせて6寸勾配の切妻屋根とした「呑川の家」。斜め方向からもかかる斜線制限のため、妻側にも軒を出すことができず、軒の出のないシンプルな家型の意匠となった

 

D 差し掛け屋根(緩斜面の家)

道路側の屋根を低い位置から架け、通りに対して控えめな印象を表現した「緩斜面の家」。差し掛けによって生まれる壁面の高低差を生かして高窓を設け、光と風の通り道を確保している

 

E 差し掛け屋根(紫陽花の家)

道路に対して棟から右側の部分をセットバックさせた「紫陽花の家」。植栽帯を設け、屋根を差し掛け屋根とした。内部に生じた天井高の差が、開放的な気分を味わう場所、気分を落ち着かせる場所など、さまざまな場所性を生み出している

 

F 片流れ屋根/コートハウス(OPEN-d)

「OPEN-d」のようなプライバシーを重視するコートハウスでは、道路側の壁面を高くして、中庭に向かって下り勾配とする片流れ屋根にすることが多い。屋根の位置が低いので、中庭の植栽にも十分な光が届く

 

G 陸屋根(VALO)

全面ガラス張りのファサード越しに広々としたワンルームのLDKを設けた「VALO」。屋根勾配をつけずに陸屋根とすることで、箱型のシンプルな設えとした

 

「VALO」については、【動画】350㎜幅の耐力壁で実現 圧迫感のない狭小建築において二重耐力壁の事例としても説明されています。

 

H 切妻屋根/ Lの字(鎌倉の家)

比較的ゆとりのある敷地でLの字に建物を配置した「鎌倉の家」。全体を切妻屋根として、シンプルで端正な表情をつくっている

 

 

Infomation―『詳細図解 木造住宅のできるまで』(新刊)、好評発売中

『詳細図解 木造住宅のできるまで』は、2017年に竣工した「路地の家」(切妻屋根)の現場をモデルに、3Dパースや写真を使いながら木造住宅のつくり方を解説した一冊。「設計者の現場監理に必要な情報に加え、普通なら施工する職人さんだけが知っていればよいような情報までも網羅。意匠性・施工性・機能性のバランスが取れた真に美しい木造住宅ができていく過程を一緒に追体験していただければ幸いです」(関本竜太)

 

屋根仕上げについての解説。一般的な切妻屋根の施工について、通気層や防水層、屋根仕上げ(金属板)の納まりと施工手順について説明している

 

②につづく

こちらの記事もおすすめ

【PR】「高性能グラスウールの選び方」木造の断熱改修①

住宅 建材2021/05/28

図面がなく、解体しないと状態が分からない改修工事では、適切な断熱材を現場で選ぶ判断能力が求められます。築40年の木造戸建住宅の改修を通して、高性能グラスウールの適切な使い方を解説します。

「建築業と林業の連携」在来軸組でつくる木の保育所③

2021/09/10

国産材(JAS製材)を用いた非住宅の木造建築は注目すべきトレンドの1つ。ここでは、 古川泰司氏(アトリエフルカワ一級建築士事務所)が設計を手がけた「わらしべの里共同保育所」を紹介します。主として埼玉県産材を用いた準耐火建築物で、燃えしろ設計を活用した木のインテリアが特徴的です。

欲しくなる! 北欧ヴィンテージ家具の豆知識

2020/08/18

日本の住宅に相性抜群な北欧家具。ただ、ひとくちに北欧家具といっても、さまざまな地域のものがあります。そこで、建築知識ビルダーズで「おすわり講座」を連載している建築家の小谷和也さんと一緒に、北欧家具のヴィンテージ家具を扱う「北欧家具talo」に行って、どんな違いがあるのか取材をしました。

皆川明×中村好文×羽根建築工房「フィボナッチ螺旋の小屋ができるまで」

動画2020/09/04

兵庫県立美術館で開催中の「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく展」(2020年11月8日まで)。本展覧会の見どころの1つ「シェルハウス」は、てっぺんまでくるくるっと渦を巻くような美しい螺旋の壁が特徴です。この壁は、どのようにしてつくられているのか?設営現場を取材しました。

歴史と文化を生かすリノベ術②

新着 建築 インタビュー2022/11/22

〝大正浪漫〞の趣を残す温泉街にある木造建築「銀山温泉 本館古勢起屋」が、建築家・瀬野和広氏の改修設計により、当時の趣をそのまま生かした形で現代によみがえりました。内外装ともに、大正時代に一世を風靡した木造の洋館建築の設え。歴史と文化を繋ぐ、その設計術を紐解いていきます。

Pick up注目の記事

Top