住宅

栄光は誰の手に?LIXILメンバーズコンテスト大賞決定!

今年も、「Good Living友の会」会員の中で、優れた住宅施工例を競うLIXILメンバーズコンテストが開催。応募総数およそ1,500件の中から、審査員による書類選考を経て、新築・リフォーム部門それぞれ3作品ずつ優秀賞として選出。そしてついに2022年2月3日の公開審査で大賞が決定しました。

LIXILメンバーズコンテストとは、全国14,000社以上の工務店・住宅会社が加盟するLIXILGood Living友の会」の会員が競い合う業界最大級の住宅施工例コンテスト。

今年で30回目の開催となりました。

審査では、建て主にとっての「いい住まい、いい暮らし」をいかに実現しているかが評価されました。書類審査で、新築・リフォーム部門それぞれ優秀な事例が3点選出され、202223日の公開審査で大賞作品が決定しました。

 

【新築部門】敷地条件を読み解き、周辺環境を生かした住宅が大賞に

新築部門で大賞に輝いたのは、暮らしの工房の「風景と暮らす池畔の家」(新潟県妙高市)。

リビングは、地面とのレベルを近づけるために「ピットリビング」に。積雪すると、ソファの座面と雪が同じ高さになるそう(撮影:渡辺慎一)

窓の向こうに四季折々の美しい池の風景が広がる住まい。プランニングにあたって、この恵まれた風景を暮らしの中にどのように取り込むかということが大きなポイントになりました。

2階は、池全体を見渡せる眺望抜群の窓を中心に、子ども室をシンメトリーに配置。窓は断熱性能の高い、LIXILの「エルスターX」(撮影:渡辺慎一)

池の向こうまで見渡せるリビングのソファからの目線、そして池全体を見渡す2階の窓からの目線と2つの軸線を設定し、それに合わせて建物に角度を付けて、不整形な敷地に馴染ませるように建物を配置しています。そこにできた隙間に、アプローチをつくったり、植栽をすることで、より身近に自然を感じられるように工夫しました。

1階にリビング・ダイニングパブリックスペースを配置。2階に設けたランドリースペースは、洗濯後に干す、畳む、片づけるが一カ所でできる効率的なレイアウトに。敷地境界線と建物の間にできたスペースに植栽

道路との高低差を生かし、円形のテラスを設けたアプローチ。ヤマボウシやアオダモ、浅間石などを配し、家の外観と一体感を演出した。外壁は海辺の土地でも耐久性が高いことが証明されている杉板(撮影:渡辺慎一)

家族構成:夫婦+子ども2人
所在地:新潟県上越市
床面積 :1F 48.78㎡ 2F 74.45㎡ 合計:123.23㎡
構造・規模:木造2階建て
断熱性能:UA値 0.36、C値 0.2

「周辺の環境がよかったので、いかに景色に溶け込むかを考えて外観をつくりました。また、恵まれた景色を家のなかに存分に取り込めるよう、プランを工夫しました」(暮らしの工房・岡沢公成さん)

 

審査員からのコメント

伊礼智氏(建築家)

「ここ近年、工務店の設計力アップは目覚ましいものがあります。暮らしの工房さんも、その中の一人です。総合力があって、どこから見てもいい佇まいだと感じられる住宅です。」

前真之氏(東京大学 大学院准教授)

「最新の高断熱窓『エルスターX』を使ってしっかり断熱しているのが分かります。薪ストーブでの暖房計画は、平面計画と併せて3次元的に考えられるとより良いと思いました。」

古橋 宜昌氏(エクスプランニング 代表取締役)

「庭のある暮らしの豊かさ、素晴らしさを感じ取れる作品でした。それと、北庭の提案も素晴らしいと思います。植物は太陽の方向に向かう性質があるので、北庭に植えた植物は部屋側に向いてくれるので、植物の姿がきれいに見えるんです。涼しいので夏も楽しめるので、ぜひ今後も北側の提案をしていってもらいたいと思います。」

 

【リフォーム部門】古民家のつくりと暮らしを受け継いだ住宅が大賞に

リフォーム部門は、ネヌケンの「日野町の古民家」(滋賀県蒲郡)が大賞に選ばれました。

キッチンは、風格漂う既存の梁を露出している。ストーブやカマドなどの設備を取り入れて、思い切り古民家暮らしを楽しめるようにした(撮影:渡辺慎一)

リフォーム前は天井裏にアライグマが住み着くほど老朽化が進んでいた江戸期の茅葺きの古民家。一度は建て替えを検討したものの解体はせず、リフォームを決意したそう。構造を補強して耐震性能を確保、外壁や屋根、床下に断熱材を入れて住み心地を向上させました。

昔ながらの田の字プランを残した住まい。障子や板壁など既存 の建具を活かして和のしつらえに(撮影:渡辺慎一)

昔ながらの「田の字」の間取りはあえて残して、個室をつくらないプランとしたことが特徴。家族がそれぞれの個室に籠ることなく、囲炉裏のあるリビングやダイニングに自然と集まるようにしています。

襖で簡単に仕切れるので、将来的にもフレキシブルな使い方ができます。

改修前の図面。蔵の屋根は朽ちて落ちかけていた

改修後。蔵や増築部は減築し、建物の核となる部分を耐震壁で囲って補強。間取りは大きく変えていない

リビングには囲炉裏を設置。冬にはここで鍋料理を家族で楽しむそう。使わないときには床板をはめ込んでおく(撮影:渡辺慎一)

家族構成:夫婦+子ども3人
所在地:滋賀県蒲郡
床面積 1F:150㎡ 
合計:150㎡
構造・規模:木造1階建て

「田の字型プランをあえて残し、暗くなりがちな奥の部屋への光の入り方などを特に工夫しました。」(ネヌケン・根縫徹也さん)

 

審査員からの講評

古橋 宜昌氏(エクスプランニング 代表取締役)

「スクラップ&ビルドが繰り返されているなかで、この事例のように古民家を再生して残していこうという取り組みをされているのは素晴らしいことです。

残念ながら、今、古い家をリフォームする際に、庭をコンクリートなどで埋めて“庭じまい”する例も増えてきています。そうすると、次の世代に庭のある生活を継承できなくなってしまいます。

古い家を改修すると同時に、庭にも手を入れられると、より一層よい家づくりが提供できるのではないかと思います。」

木藤 阿由子氏(建築知識ビルダーズ 編集長)

「古民家改修の評価や審査で特に大事にしていることがあります。“せっかく受け継いだのだから、さらに次の世代へ引き継がれていく可能性が感じられるどうか”です。

この事例は、多くの古民家改修では排除されてしまう田の字型プランをあえて残し、一方で思春期の子どもが過ごせる小さな部屋もちゃんと用意されていて、この家で育った3人の息子さんたちのうち、必ず誰かは受け継いでいくだろうと想像できたことが、大きな評価ポイントです」

 

コンテストで受賞した作品が掲載!ムック本が発売

LIXILメンバーズコンテスト2021で受賞した作品が紹介されたムック本『心地よい暮らしの間取りとデザイン2022』が、2月21日(月)に全国の書店で発売となります。

多数の写真だけでなく、間取りも多数掲載されているので、これからの家づくりに役立つこと間違いなし。巻末には、家づくりで絶対に知っておきたい「お金の話」のコラムも掲載。

ぜひ、お近くの書店やAmazonでお買い求めください!

こちらの記事もおすすめ

どれくらい暖かい?真冬の軽井沢で高断熱別荘を計測!

2022/03/18

it’s HOUSEはオリジナルパネルで高断熱・高気密の別荘を提供しています。2022年1月に、東京大学大学院 前真之准教授が実際に軽井沢のモデルハウスに宿泊し、その性能を検証。真冬の軽井沢でもその性能は果たして発揮されるのでしょうか?

部屋がぐっと垢抜ける!壁の飾り方

家具2021/02/15

インテリア雑誌などを見ると、壁に写真やポスターを飾っておしゃれにしている部屋がよく掲載されています。しかし、いざ自分でやってみようとすると案外難しいもの。ここでは、壁を飾るとときの「これさえ守っておけばOK」ルールを紹介します。

耐久性と美観を両立!レッドシダーを使った木の外観デザイン4選

住宅2021/04/16

外壁やウッドデッキに使われる木材のなかでも、レッドシダー(ヒノキ科。和名はベイスギ、英名はウエスタンレッドシダー)は木目が詰まっており、耐久性が高く、見た目も美しい。そんなレッドシダーを使った木の外観デザインを、Instagramの投稿企画「#bコレ美しい住まいの外観」より紹介します。

皆川明×中村好文×羽根建築工房「フィボナッチ螺旋の小屋ができるまで」

動画2020/09/04

兵庫県立美術館で開催中の「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく展」(2020年11月8日まで)。本展覧会の見どころの1つ「シェルハウス」は、てっぺんまでくるくるっと渦を巻くような美しい螺旋の壁が特徴です。この壁は、どのようにしてつくられているのか?設営現場を取材しました。

【動画】木造の多様な空間における梁の構造設計

2021/12/24

2021年11月に実施されたジャパンホームショー2021・建築知識実務セミナーでは、第一線で活躍する構造設計者・大野博史氏(オーノJAPAN)が「木造の多様な空間における梁の構造設計」と題して、住宅・非住宅問わず、木造で大空間をつくる場合、国産材などを利用する場合に悩ましい”梁の設計についてのポイントを解説しました。

Pick up注目の記事

Top