【PR】【動画】数値だけでは分からない!本当の断熱性能とは

どんな間取りにしようか、どんなデザインにしようか。家づくりが始まると、間取りやデザインに目が向いて、住宅の快適性に大きく影響する断熱性能は、UA値の基準をクリアしているからOK!と数値だけで安心してしまう人が多いようです。快適さが一生続く家を手に入れるには、どうしたらよいのか? 15分という短いレクチャー動画から、見えてくることがあるはずです。

断熱性能は、何のため?住まいの熱と暮らしの関係

家づくりで大切な「住宅性能」を考えるうえで押さえておくべき知識の根っこから、家づくりのプロでさえ勘違いしていることが多い温熱環境と断熱性能の考え方についてお話します。【快適】【健康】【経済性】【環境】の観点からわかりやすく解説しています。

【目次】

  • 00:00 性能はなぜ大切なの?
  • 02:04 「温熱環境」「温熱性能」ってなに?
  • 02:22 温熱性能のメリット:快適で居心地がよい
  • 03:32 暑い・寒いと感じるのはなぜ?
  • 04:30 暑い・寒いという体感を評価する作用温度とは?
  • 05:22 断熱・気密性能が低い家では何が起こっている?
  • 07:58 適切な温熱環境設計の考え方(UA値、C値だけを追わない!)
  • 09:24 暖房エネルギーを減らす方法
  • 10:40 冷房エネルギーを減らす方法
  • 11:38 居心地のよさは温冷感だけではない
  • 12:11 温熱環境がよいと健康になるって本当?
  • 13:23 長期間で考える経済的なメリット
  • 14:02 温熱環境がよいと医療費も削減できる
  • 14:50 「寒い家ほど壊される」寒冷地で見えてきた住宅の価値
  • 16:01 温熱環境と地球の環境について


その土地、その地域で変わる快適設計の方法

性能の数値を追求したのに、なぜか家が暑いし、寒い…。 便利さばかりを追求したら、暮らしの楽しさがない…。 そんなことにならないように、自然の恩恵を間取りに落とし込み、人の本能的な五感を満たせる設計を取り入れたいところ。 この動画では、性能の数値や高性能設備だけにとらわれずに、その土地の特性や、ポテンシャルを最大限に引き出した設計のメリットをお伝えします。

【目次】

  • 00:00 快適な住まい≠高性能な設備ではない!
  • 02:10 条件別で光熱費を比較!その家本当にお得?
  • 02:33 ①地域別に同じプランを比較してみる
  • 03:23 ②隣地の状況を考慮したプランの場合
  • 04:16 ③窓の種類を変えてみる
  • 04:52 ④同じUA値、設備違いで比較してみる
  • 06:50 本当の快適を考えるときに大切な「5感」
  • 08:16 ZEHレベルを超える超高性能プレミアム仕様は快適?
  • 09:04 自分でできる!快適な家づくりの下調べ
  • 09:38 日射量データベース閲覧システム(NEDO)
  • 10:00 日が当たらない場所や時間が分かる(SUN SEEKER)(サン・サーベイヤー)
  • 11:11 風向きや風速が分かる(WINDY.COM)
  • 11:42その土地、その地域で変わる快適設計とは?
  • 13:08 快適な設計は誰がするの?


高断熱の家が一生お得な理由

断熱性能を高めれば、それだけ費用はかかるものですが、そのために高断熱の家を躊躇してしまう人もいるでしょう。そんな人には長い目で見た「高断熱の家」のコストメリットを上手に伝えたいものです。光熱費削減に加えて、断熱リフォームにかかる費用や、住宅の寿命、資産価値まで含めて、新築時に費用をかけても高断熱にしておく意味について語っています。

【目次】

  • 00:00 高断熱の家はお得だけど、具体的な費用を把握できてる?
  • 01:35生涯のコストは50年で考える理由
  • [等級4とG1で比べる生涯コストの差]
  • 04:09 光熱費は80万円の差
  • 06:31 医療費は350万円の差
  • 08:10 メンテンナス費も安くなる
  • 10:28 固定資産税やローン減税も受けることができる
  • 10:47 まとめると、350万円以上安くなり、快適性も手に入る
  • 13:32自分の家は50年後に“資産”になるのか考える


蒸暑の国ニッポンの夏向け断熱材

近年、ますます高温多湿化が進む日本の夏。高断熱の家が夏にも有効であることは周知されていますが、より素材の力を生かし夏を快適に過ごすセルロースファイバーの特性について解説します。

【目次】

  • 00:00 いい家=建材×設計施工×ノウハウ
  • 01:01 断熱材のちがいは暑さだけ
  • 01:34 断熱と気密は別である
  • 02:07 断熱性能=断熱材品質×施工品質
  • 03:38 家づくり検討者が家づくりで重視するポイント
  • 05:52 断熱材「デコスファイバー」の付加価値とは?
  • [夏の結露対策を断熱材から考える]
  • 06:40 夏型結露の発生原因とは?
  • 08:59 夏型結露対策4つのポイント
  • 09:36 断熱材の魅力は、熱伝導率だけじゃない!
  • 10:27 調湿ってなに?
  • 11:43 温度拡散率ってなに?
  • 13:50 不快指数ってなに?




「教えて!家づくりのこと by 工務店編集会議」のYouTubeチャンネル
↓↓↓

https://www.youtube.com/channel/UCw5ZOXgbW2se6NI9AavpuPw

こちらの記事もおすすめ

リノベーションが創造する 過去のある未来①

住宅 建築 連載2022/12/28

住宅に限らず、商店・ビルなど、さまざまな用途分野で活性を高めているリノベーション。本対談では、設計者としていち早くからリノベーションを手がけてきた各務謙司氏と中西ヒロツグ氏が、建築としてのリノベーションの魅力や、長年の経験で培われてきたノウハウについて語ります。

【動画】高断熱・高気密住宅の施工の肝を押さえる!

動画2021/08/10

高断熱・高気密住宅をつくるためには、緻密な設計と精度の高い施工が欠かせません。建築知識ビルダーズのinstagram公式アカウントでは、施工のコツが分かる「現場動画」を随時アップしています。今回はそのなかから最新動画を6つご紹介します。

【PR】HEAT20住宅システム認証が受付開始!その内容は?

ニュース2022/03/25

HEAT20が「住宅システム認証」を2022年3月17日からスタートしました。外皮性能基準G1~G3への適合を評価するもので、高断熱住宅の普及を促すものです。この記事では認証の概要と、知っておきたいポイントを解説します。

「木のしなやかさを生かす」“地産地消”でこれからの建築が変わる!-後編-

建築2021/06/07

屋根と基礎のみで成り立つ「K.S. Kindergarten Lunch House」。登り梁に採用したスギ材はヤング係数が低いため強度も低いと思われがちですが、この建築ではスギ材に「しなり」を加えることで強度を上げることに成功しました。今回の記事ではその設計方法を紹介します。

「屋根のカタチ」リオタの屋根①

住宅 建築2022/02/02

木造住宅の1つの顔ともいえる屋根。ステキな屋根をデザインするには、どうアプローチすればよいのでしょうか。本稿では、新刊『詳細図解 木造住宅のできるまで』(エクスナレッジ)の著者である関本竜太氏(リオタデザイン)が、木造屋根の設計を解説します。

Pick up注目の記事

Top