動画 住宅

【動画】注文住宅の「間取り」を賢く楽しむために

注文住宅は何といっても間取りが楽しい。家族の暮らしや成長を考えながら、あれこれ夢が膨らみます。そんな間取りも、プロにとってはたくさんの要件を満たしてまとめる「設計」であり、一見、シンプルな間取りであっても緻密に考えられているのです。そんなプロとのやりとりですれ違いをなくすために知っておきたいことを4つの動画にまとめました。

人生設計の常識が変わりつつある

20代で結婚・出産、30代でマイホーム、40代は学費とローン返済に追われ、50代で子供が独立、60歳で定年退職。残り20年の余生を静かに暮らす…。これまで多くの日本人が歩んできた人生ですが、今や100歳近くまで生きる時代。既成概念はいったん捨てて、家を建てるタイミングや家づくりの考え方を見直すときがきているようです。長い人生をどのような家でどのように暮らすのがよいのか――掘り下げてみましょう。

【目次】
  • 0:00 人生100年時代見た家づくりの変化
  • 01:34 子どもと過ごす時間は20年、夫婦と過ごす時間は60年
  • 04:56 子育て中は賃貸住宅がお勧め
  • 07:14 30代で家を衝動買いしないで!
  • 09:34 家族4人、将来は夫婦ふたりのための家のつくり方
  • 11:18 子どもが育った後を想像して間取りをつくる
  • 12:27 家づくりは人生の設計図


要望をうまく伝えよう。それでも残念なプランが出てきたら…

家づくりの満足度を左右するプラン(間取り)。満足のいくプランを設計士につくってもらうために、「ヒヤリング前にしておくとよいこと」や、「夢や要望の整理の方法」、「設計士にどのように伝えればよいのか」などを、家づくり検討者がまとめた実際の要望シートを交えながらながらお話します。 また、満足のいくプランにならなかったときに、どうすればよいのかもアドバイスします。

【目次】
  • 00:00 家づくりでつまずきやすい「要望のまとめ方」
  • 01:50 要望をスマートにまとめる4つポイント
  • 03:01 実際の要望シートを見てみよう!
  • 06:08 必要もない項目も? ヒアリングシートを書く時の注意点
  • 07:12 プランが出てきたら、そのプランのなかに住んでみよう
  • 08:41 要望のまとめ方・伝え方のまとめ
  • 09:29 提案されたプランが気に入らないときはどうする?
  • 10:10 それでも残念なプランがでてきたら…。
  • 12:02 相性のよい「建物と人(会社)」を見つけましょう


理解してほしい。設計と間取りはまったく違う。

設計契約する前のプラン出し。お客様にとっては楽しみな「間取り」は、設計者にとっては手腕を発揮する重要なプレゼンテーション。そのために敷地を見て、建物の配置やボリューム・カタチをあぶりだし、耐震・温熱などの性能を検討しつつ、家族の要望を満たしながら快適に暮らせる空間を考えていきます。どれか1つを抜きに考えることはできません。そんなファーストプランを見て、いとも簡単に変更を要望するお客様。設計は「間取りパズル」のようにはいかないことを分かってほしい…そんな設計者たちの本音を語ります。

【目次】
  • 00:28 プランができるまでにどのくらい時間がかかるの?
  • 01:09 プランができるまで設計者は何をしているの? [制約条件の整理]
  • 01:50 設計者が見るポイント:制約条件の整理
  • 03:11 設計者が見るポイント:太陽の動き [プランニング編]
  • 06:22 配置計画
  • 07:36 平面計画以外に考えること:立面、断面計画
  • 08:02 平面計画以外に考えること:構造計画
  • 08:33 平面計画以外に考えること:室内環境計画
  • 08:44 平面計画以外に考えること:コスト計画
  • 11:09 その他:インテリアデザイン、ライフラインの計画
  • 11:40 設計者のプランニングと、間取りの違い
  • 12:17 設計者として残念な瞬間(親問題、家相、値下げ交渉)
  • 13:34 設計者に要望を伝える前にやっておくべき3つのこと
  • 14:16 住宅会社とよい関係を築くための3つのこと 


設計で大切な5つのことと設計図の見方

自分たちの思い描く理想が間取り(図面)になったものの、間取りの見方までは誰も教えてくれません。この動画では、間取り図の見方をお伝えします。実践すると、今まで創造しえなかった空間が浮かび上がるかもしれません! また、設計士に図面を描いてもらう前段階として、その土地の住人になる心構え、そもそも設計ってなに?といった疑問も解説しました。

【目次】
  • 00:45 設計図の見方:図面を回転してみる
  • 02:09 設計図の見方:動き方の線を書き込んでみる
  • 03:00 設計図の見方:物の居場所を確認する
  • 03:52 設計図の見方:窓からの景色を想像してみる
  • 04:35 設計で大切な5つのこと:①土地と家の関係性を考える
  • 05:18 設計で大切な5つのこと:②必要最低限の広さを考える
  • 05:44 設計で大切な5つのこと:③駐車場を優先させない
  • 06:42 設計で大切な5つのこと:④家だけでなく庭も一緒につくる
  • 07:20 設計で大切な5つのこと:⑤10年先の風景を想像して窓をつくる
  • 08:36 そもそも設計ってなに?
  • 10:10 家はただ食べて寝る場所ではない
  • 11:36 人柄が設計に表れる



「教えて!家づくりのこと by 工務店編集会議」のYouTubeチャンネル
↓↓↓

https://www.youtube.com/channel/UCw5ZOXgbW2se6NI9AavpuPw

 

こちらの記事もおすすめ

「内外の境界を美しく納めるディテール」昼の庭と夜の庭の美しい佇まい③

住宅2020/10/02

建築家・彦根明氏と造園家・荻野寿也氏がデザインを手がけたコートハウス「SGY」。建物のどの位置からも中庭の植栽を眺められ、居心地の良さは抜群です。昼も夜も。ここでは「SGY」の魅力と設計手法について、3回に分けて紹介します。

「図面を書く意味とは?」建築教育のリアル①

住宅 建築2021/11/30

「建築学科を卒業したにも関わらず、実務設計の知識がない!」と新人教育で嘆く実務者の声をよく聞きます。この連載では、「実施設計を行い、実際に家を建てる」というユニークな授業を行う学校法人フェリカ学園 フェリカ家づくり専門学校で教える教師に取材。連載1回目は、実践的な授業の中身と図面に描かれる線の大切さについてです。

「“快適基準寸法”を生かす」スノーピークの家づくり③

住宅 建築2022/05/17

アウトドアブランドとして人気が高いスノーピーク。“衣・食・住・働・遊”のフィールドをあまねく網羅し、特に、住宅関連では“野遊びできる家。”をコンセプトに、規格住宅や街並みの監修を含むアーバンアウトドア事業を展開しています。今回は主に、外廻り空間をデザインするためのルールについて紹介します。

「視線が自然と坪庭へと導かれる高低差の設計」昼の庭と夜の庭の美しい佇まい②

住宅2020/09/29

建築家・彦根明氏と造園家・荻野寿也氏がデザインを手がけたコートハウス「SGY」。建物のどの位置からも中庭の植栽を眺められ、居心地の良さは抜群です。昼も夜も。ここでは「SGY」の魅力と設計手法について、3回に分けて紹介します。

【動画】憧れの別荘は、規格住宅で気軽に手に入る!?

住宅2021/12/13

近年、「2拠点生活」への需要が増えつつあります。しかし注文住宅で別荘を手に入れようとすると、お金も時間もかかりがち。it’s HOUSEは、2拠点生活を手軽に実現するための「規格型別荘」を提供しています。性能や快適性、デザイン性も高く設備や家具にまでこだわった全貌をご紹介!

Pick up注目の記事

Top