「日本構造デザイン賞」「松井源吾特別賞」が決定

今年で16回目を迎える「日本構造デザイン賞」が決定しました。坂田涼太郎氏(坂田涼太郎構造設計事務所)と島村高平氏(大成建設)の2名が受賞。「松井源吾特別賞」には岡部憲明氏(岡部憲明アーキテクチャーネットワーク)が選ばれました。授賞式・記念講演会は8月27日(金)に実施されます。

 日本構造家倶楽部が主催する「日本構造デザイン賞」は、構造設計者の優れた業績を表彰し、さらなる構造デザインの発展を目指すことを目的として実施されています。2021年に第16回を迎え、7月28日に受賞者2名が決定しました。

坂田涼太郎/土佐市複合文化施設

 一人目は「土佐市複合文化施設」(設計:マルアーキテクチャ・聖建築研究所設計共同企業体)の構造設計を手がけた坂田涼太郎氏(坂田涼太郎構造設計事務所)。地上4階のS造で免震構造を採用。特に、2層吹抜け空間のホールでは、スチールプレートを木材で挟み込んだ透過性のある斜格子耐力壁を組み込み(写真右)、構造性能を確保しながら開放感のあふれる設えとしています[写真=中村絵]。

 

 

島村高平/大成建設技術センター風のラボ

 二人目は「大成建設技術センター風のラボ」(設計:大成建設一級建築士事務所)の構造設計を手がけた島村高平氏(大成建設構造設計部室長)。地上2階の木造建築で、5層7プライのCLT(Cross Laminated Timber)を用いています。大判のCLT(3枚)による傾斜門型ユニットを奥行き方向に連続させ、それぞれのユニットを鋼製ロッドで連結することで、構造を成立させています[写真=アダボス]。

 

 加えて、構造デザインの発展に長年貢献した諸活動が顕著な個人に対して表彰される「松井源吾特別賞」も同時に発表されています。今回は「関西国際空港旅客ターミナルビル」(写真)や「箱根仙石原の研修ホテル」「東京ベルギー大使館」などの設計を手がけた岡部憲明氏(岡部憲明アーキテクチャーネットワーク)が受賞しました。建築デザインにおけるエンジニアリング的思考の展開が高く評価されました[写真=樋渡貴治]。

 

 

 授賞式・記念講演会は8月27日(金)の15:30より、東京デザインセンター B2階「ガレリアホール」(東京都)で実施されます。一般の方はZoomやYouTubeによるライブ配信を視聴することも可能です。式典の詳細は、日本構造家倶楽部公式HPをご確認ください。

こちらの記事もおすすめ

「第17回日本構造デザイン賞」開催のお知らせ

2022/03/16

松井源吾賞および日本構造デザイン賞の受賞者を会員とする団体である日本構造家倶楽部が「第17回日本構造デザイン賞」を開催します。応募要項をご確認いただき、ぜひ、ご応募ください。写真は、第16回日本構造デザイン賞を受賞した「土佐市複合文化施設」(構造設計:坂田涼太郎)。地上4階のS造で免震構造を採用した建物で、大きな吹抜けが特徴です。

【募集】ムラコシ精工 アルミフレーム扉「AXシリーズ」 モニター募集!

2021/08/30

リビングデザインセンターOZONEでは、設計・インテリアデザインに携わる建築実務者を対象に、館内ショールーム製品について『モニター企画』を実施しています。

【動画】建築知識ビルダーズNo.42の内容を紹介!

2020/08/27

好評発売中の建築知識ビルダーズNo.42の中身を動画で紹介します。
今月号は、リノベ特集。木のリノベに関する知識やテクニックなど、内容がもりだくさん。ぜひ書店でお買い求めください!

DNライティング社が光の連続性を高めた“第二世代極細LEDモジュール”を開発。ショールームで見学可能に

2021/09/15

DNライティング社(本社:神奈川県平塚市)は、幅8mm高さ10mmの極細サイズのLEDモジュール「XC-LED」を改良し新たに開発。発光面の途切れを抑え、連結時の光の連続性を高めた第二世代の「XC-LED2」として2021年9月1日から発売を開始しました。

建築知識ビルダーズNo.46が発売!気になる中身は?

2021/08/27

建築知識ビルダーズNo.46が、8月27日に発売しました。今号の特集は、「断熱・気密」。高断熱高気密の設計から施工まで、最新事情を踏まえた知識をご紹介。ここでは、誌面の中身を少しだけお見せします。

Pick up注目の記事

Top