【PR】【動画】木造の多様な空間における梁の構造設計

2021年11月に実施されたジャパンホームショー2021・建築知識実務セミナーでは、第一線で活躍する構造設計者・大野博史氏(オーノJAPAN)が「木造の多様な空間における梁の構造設計」と題して、住宅・非住宅問わず、木造で大空間をつくる場合、国産材などを利用する場合に悩ましい"梁の設計についてのポイントを解説しました。

 

  大野博史氏による建築知識実務セミナー「木造の多様な空間における梁の構造設計」。具体的には、梁の役割や組み方の工夫について実例を交えながら解説が進められました。

 

まずは木造の梁を設計する場合にポイントになる”たわみ”について解説。

 

続いては床面積当たりの梁の負担荷重について。梁を水平方向に敷き詰めるマッシブホルツについても説明されています。

 

続いては「建築知識」のtwitterでもバズった”レシプロカル構造”(持合い構造)について。A4用紙と箸、コップを用いて構造の原理を解説しているほか、狭小敷地で短い梁材しか建て込めない条件で同構造を採用した「DAYLIGHT HOUSE」(設計:保坂猛建築都市設計事務所)について解説しています。

 

続いては梁の設計で重要な指標となる断面二次モーメントについて。梁幅よりも梁成を大きくすると、断面二次モーメントが大きくなり、大スパンが可能になる、という内容を説明しています。その原理を応用したのがトラス梁で、実例として「日本平夢テラス」(設計:隈研吾建築都市設計事務所)も紹介されています。

 

最後は登り梁で大スパンを飛ばす方法。単純梁ではなく、複数の梁を三角形に組むことで短い材でも大スパンを実現できるというもの。ただし、水平方向に開く(通称:スラスト)現象があるので、その対策について「むく保育園」(設計:手塚建築研究所)を引き合いにしながら説明しています。

 

MEMO “レシプロカル構造“、建築知識のTwitterでバズる!

 A4用紙と箸、コップで表現した“レシプロカル構造”。「建築知識」でtweetしたところ、マニアックな内容ながらも思わぬ大反響。数多くのリツィートや“いいね”を獲得しました。身の回りのものを用いて構造の本質を表現する」という面白さや、「1つ1つは弱い材料でも組み合わせ次第では強い骨組みを構成できる」という日本人の琴線に触れる工夫が直感的に伝わったのかもしれません。

 なかには実際に真似をした人も。“構造”といえば設計者も苦手とする人が多いかもしれませんが、ちょっとした工夫でより直感的に理解できるようになり、意匠と構造のバランスが取れた提案ができるようになるでしょう。

協賛=全国木材組合連合会

撮影・編集=平林克己

こちらの記事もおすすめ

リノベーションが創造する 過去のある未来④

住宅 建築 連載2023/03/06

住宅に限らず、商店・ビルなど、さまざまな用途分野で活性を高めているリノベーション。本対談では、設計者としていち早くからリノベーションを手がけてきた各務謙司氏と中西ヒロツグ氏が、建築としてのリノベーションの魅力や、長年の経験で培われてきたノウハウについて語ります。

工務店の社屋が熱い! 北海道でゼロエネ&快適オフィスリノベ

建築 設備2020/11/19

全国の工務店の社屋を訪ね、これからの住まいについて考える不定期連載。記念すべき第1回は、札幌市の棟晶。精密機器メーカーの流通倉庫兼事務所だった築30年の鉄骨3階建てをリノベーションして、エネルギー負荷のない先進的な事務所に蘇らせました。

「屋根のカタチ」リオタの屋根①

住宅 建築2022/02/02

木造住宅の1つの顔ともいえる屋根。ステキな屋根をデザインするには、どうアプローチすればよいのでしょうか。本稿では、新刊『詳細図解 木造住宅のできるまで』(エクスナレッジ)の著者である関本竜太氏(リオタデザイン)が、木造屋根の設計を解説します。

【PR】【動画】憧れの別荘は、規格住宅で気軽に手に入る!?

住宅2021/12/13

近年、「2拠点生活」への需要が増えつつあります。しかし注文住宅で別荘を手に入れようとすると、お金も時間もかかりがち。it’s HOUSEは、2拠点生活を手軽に実現するための「規格型別荘」を提供しています。性能や快適性、デザイン性も高く設備や家具にまでこだわった全貌をご紹介!

「目を楽しませる仕組み」お洒落で落ち着くカフェ空間のつくりかた⑥

2020/07/24

慌ただしい日常を離れて、ゆったりと時間を過ごせるカフェ。「カフェのような家に住んでみたい」という需要も高まっています。ここでは、うちカフェの第一人者「cafenoma」に究極のカフェ空間のつくりかたを徹底取材。そのポイントをまとめました。

Pick up注目の記事

Top