建築 設備

「エアコンによる結露と温度ムラを考える」これからのカフェ・飲食店設計術③

飲食店における空調設計は、目に見えないものですが、飲食店の評価を大きく左右するもの。最近では、換気の重要性も非常に高まっています。ここでは、空調や換気を重視した飲食店の設計について解説します。

エアコンを隠す際には結露と温度ムラに注意する

 飲食店の設計で悩ましいのが、“設備の存在感をいかに消すか”ということ。業務用エアコンは大型のものが多く、設計によってはインテリアの邪魔をしかねません。ニッチなどを設けて吹き出し口を見せない方法もありますが、結露や風ムラの発生が懸念されます。

 天井面の近くに吹き出し口を設置し、風を遠くまで送る“コアンダ効果”を狙った設計手法もありますが、これも結露の原因となってしまいます。こういった設計をする際には、結露防止型の吹き出し口を採用するとよいでしょう。樹脂製で、室内温度に近い風を天井面に送れるので、結露が心配な場合に活用したいものです。または、かっこいいエアコンの採用も検討しましょう。

 

エアコンをニッチに隠す場合

 エアコンを天井に隠し、吹き出し口も見えないようにする設計は、意匠性は高いものの空気温度のムラが生じるうえに、結露もしやすいので注意が必要。加えて、壁際から空気を室内へ流し込む場合には、壁際に座った人に風が強く当たり不快に感じさせてしまう、なんてことも。結露防止型の吹出し口を採用するなどして対策するとよいでしょう。結露防止型の吹出し口は、空研工業協立エアテックから登場しているので、チェックしてみましょう。

 

 

コアンダ効果で遠くまで風を届ける場合

 “コアンダ効果”を利用してエアコンの吹出し口を天井面になるべく近づけ、風を遠くまで送る設計手法です。コアンダ効果とは、気体や液体の噴流の軌道が近くの壁面に吸い寄せられる現象。天井面近くに空気を吹き出すことで気流は天井を這い、落下が抑制されながら空間の奥にまで到達するという原理を利用します。エアコンの数をなるべく少なくしたいときには有効です。ただしこの方法も天井面が結露しやすいため採用する際には要注意です。

 

解説=堀池瞬(堀池瞬建築事務所)

 

意外なところで利用されている“コアンダ効果”

 コアンダ効果が用いられるのは建築だけではありません。自宅でプロが手がけたようなスタイリングができる“ヘアスタイラー”にも採用されています。本体に搭載されているモーターが回転することで、バレル(髪を巻く部分)高圧領域ができ、高速の気流がバレルの隙間から本体に沿って噴射されることで、コアンダ効果をつくりだすのです。これによって、髪が自動的に本体に巻き付き、美しい仕上がりが可能になります。身近なところでも利用されているコアンダ効果を、ぜひ建築でも活用してみましょう。

参照:ダイソン公式HP

 

空間にすっきりとなじむ空調。 

 飲食店で採用されることの多い店舗用空調機室内ユニットには、「天井埋込み式」と「天井カセット式」の2種類があります。前者は、機器が天井内に隠蔽されるため、空間意匠を最優先にしたい飲食店の場合に採用されることが多いですが、施工コストが高くついてしまうのがデメリット。一方で、後者は、施工コストは安く抑えられるものの、機器が露出しているため空間の中で悪目立ちし、空間意匠を大きく損なってしまうという欠点があります。

 

 これに対して、Silent-Iconic/日立グローバルライフソリューションズは、施工コストを抑えられる「天井カセット式」でありながら、内装に馴染みやすいシンプルなデザインを実現。天井空間でもスケルトン空間でも活躍できる高い意匠性で、意匠設計者・飲食店オーナーの内装へのこだわりに応えます。

 

④につづく

②に戻る

こちらの記事もおすすめ

「安井式焼きスギのつくり方」安井昇の木造化・木質化と防耐火⑤

建築 連載2021/02/12

〝火育〟で生まれる焼きスギ  以上のように、木材による防耐火設計の技術は日々進歩を遂げており、建築物の木造化・木質化はより身近になっています。ただし、建築実務者としては、木材がどのように燃えるのか、を …

【PR】木のホテル「星野リゾート BEB5 軽井沢」の設計手法①

建築2020/10/20

木造1時間準耐火建築物のホテルとして注目を集め、数々の賞を受賞した「星野リゾート BEB5軽井沢」。今回は、この建物の設計を手がけた佐々木達郎氏に、構造・意匠・遮音・外装などについて、そのポイントを伺いました。

「在来軸組構法とC L T の融合」木造軸組とCLT②

建築2021/11/12

成瀬友梨氏+猪熊純氏が設計を手がけた「meet tree NAKATSUGAWA」(岐阜県中津川市)は、木造在来軸組構法とCLTを組み合わせてできた4号建築物です。地元産の木曽ひのきをふんだんに使用した建物で、木造建築の可能性を示唆しています。YouTubeの動画でも、その魅力をもご覧ください!

「建築のなかに緑を!」緑が豊かにする家と街並み①

建築 連載2021/03/12

植栽やランドスケープなどの〝緑〞を軸に据えた建築デザインを得意とする古谷デザイン建築設計事務所。建物内部を含めて、〝緑〞の要素が生かされています。今回は、代表作の1つでもある木造3階建て戸建住宅「インターバルハウス」を紹介します。

リノベーションが創造する 過去のある未来③

住宅 建築 連載2023/02/15

住宅に限らず、商店・ビルなど、さまざまな用途分野で活性を高めているリノベーション。本対談では、設計者としていち早くからリノベーションを手がけてきた各務謙司氏と中西ヒロツグ氏が、建築としてのリノベーションの魅力や、長年の経験で培われてきたノウハウについて語ります。

Pick up注目の記事

Top