建築 設備

「店舗空調はバランスが大事」これからのカフェ・飲食店設計術②

飲食店における空調設計は、目に見えないものですが、飲食店の評価を大きく左右するもの。最近では、換気の重要性も非常に高まっています。ここでは、空調や換気を重視した飲食店の設計について解説します。

 空調のバランスを考える

 店内の温度管理は、快適な店づくりの重要なポイント。空調の効きが悪かったり逆に効きすぎたりすると、せっかくの美味しい料理も台無しになってしまいます。

 新型コロナウイルス感染症の流行によって、飲食店では換気の重要性が再認識されていますが、換気量が増えると必然的に空調設備の能力も増やさなければならなりません。空調に影響を及ぼさない熱交換式の第1種換気システムを導入したいところですが、導入コストの負担が大きいのが悩ましいところです。

 飲食店で空調設備を選ぶ際には、冷暖房の熱負荷をベースに考えることが必須。飲食店はガスコンロやグリル、大型冷蔵庫など熱の発生源が多いからです。「エアコンが足りるか、心配で…」と過
剰に設置するのではなく、計画的に設置して快適で安全な空間を実現しましょう。

 

熱負荷に含まれるものをきちんと把握する

 エアコンを選ぶ際には、熱負荷(その部屋で発生する熱の量)の計算が不可欠。熱負荷には右図のものが含まれます。飲食店は熱が発生する機器が多いのでこれらも考慮しましょう。

解説=堀池瞬(堀池瞬建築事務所)

 

空調設備計画はクレームに直結しがち

 一般的に、工期や費用が優先される飲食店の空調設備工事については、設備工事会社の判断によって空調設備(主に天井埋込エアコン)の仕様が決定されます。ところがその仕様は、飲食店のキャパシティー(床面積)に対して、ともすると過剰になりがち。その結果、①風量の増大に伴う来店客からのクレーム、②天井や窓・出入口での温度差による結露、③イニシャル・ランニングコストの増大、④インテリアデザインの陳腐化、といった問題を招いてしまいます。

 その要因は、店全体の外気導入方法と熱負荷のバランスを考慮して設備設計を行っていないから。客からのクレームはリピート率の低下にもつながりかねません。上記の問題をクリアするためには、設備設計者の力を借りるのが望ましいでしょう。
 

 山田浩幸氏(yamada machinery office[ymo])がコンサルティングに関わった大手飲食店チェーンの事例では、キャパシティー(厨房の温熱環境を含む)に見合った換気量・換気手法の検証や、
天井埋込みエアコンの仕様見直しおよび送風の詳細なシミュレーションを実施。上記に挙げたすべての問題を首尾よく解決しています。

改修前

改修後

エアコンの冷気と外気が混ざって結露し、天井や壁にカビが発生していた。改修によってそれらを適切な位置に設置し直した

改修前の天井の様子。エアコン付近にカビが発生してしまっている。室温にもムラがあり、従業員からもクレームがあったという

解説=山田浩幸氏(yamada machinery office[ymo])

③につづく

①に戻る

こちらの記事もおすすめ

都心マンションにミニマリズム空間が登場!

2021/07/21

都心に建つヴィンテージマンションに、”ミニマリズム”がコンセプトのモデルルームがオープン。装飾的要素をなくすだけでなく、本物の素材や緻密に計算された照明で生み出される空間の広がり、そして無駄をそぎ落とした余白のあるデザインと間取りは、新しいラグジュアリーの価値観を提案します。

「トイレのにおい騒ぎ」低気密低断熱住宅ルポ⑨

住宅2021/04/23

こんにちは。一級建築士の神長宏明です。私は、エアコンを24時間つけっぱなしでも月々の光熱費が1万円以下で済む高気密高断熱住宅を設計していますが、住んでいるのは【低気密低断熱住宅】です。この連載では、低気密低断熱住宅の住み心地を数回に分けてレポートしていきます。9回目は、トイレの換気問題です。

日本一 ペットにやさしいエコハウス

動画 住宅2020/07/14

日本エコハウス大賞で受賞した住宅を徹底解説! 1回目は、第5回日本エコハウス大賞でグランプリを受賞した「水戸の家」。設計・施工を手がけた茨城県水戸市のサンハウスの野辺さんの自邸である。つくり手であり、住まい手でもある野辺さんは大の動物・爬虫類好き。温度変化に敏感なペットたちのことを思ってつくられた家が、日本一のエコハウスになったわけとは?

「加工なし流通製材で原点回帰」“地産地消”でこれからの建築が変わる!-前編-

建築2021/05/20

屋根と基礎だけで成り立つ建築「K.S. Kindergarten Lunch House」を設計した山中さんは、この建築を通して木材供給における問題や、木造建築のあり方について思索しました。今回の記事では、コンセプトや構造のつくりをご紹介しながら、これからの建築における新たな価値観を探ります。(全2編)

「内外をあいまいにする中庭と坪庭の平面計画」昼の庭と夜の庭の美しい佇まい①

住宅2020/09/25

建築家・彦根明氏と造園家・荻野寿也氏がデザインを手がけたコートハウス「SGY」。建物のどの位置からも中庭の植栽を眺められ、居心地の良さは抜群です。昼も夜も。ここでは「SGY」の魅力と設計手法について、3回に分けて紹介します。

Pick up注目の記事

Top