【PR】「アルビームプラス LED照明内蔵笠木」が2022年度グッドデザイン賞を受賞!

LED照明器具の遠藤照明と、建材メーカー不二サッシとビニフレーム工業が共同開発した『LED照明内蔵笠木』が、2022年度グッドデザイン賞を受賞しました。

2022年度 グッドデザイン賞

本製品は、ライトコーピングシリーズのアルミ笠⽊にLED照明を内蔵し、光の意匠を加えた「LED笠⽊」を不⼆サッシ、ビニフレーム工業、遠藤照明の3社で共同開発したものです。笠⽊に専⽤パーツでライン照明を下向きに内蔵することで、眩しさを感じさせず効果的に外壁を照らします。従来の笠⽊の機能はそのままに、建築物を光で縁取り、アイキャッチとしての役割を持たせることで、 「LED笠⽊」は夜間景観に新たな彩りを添えてくれます。

<デザインのポイント>
1.無機質だった建築物を光で縁どり、夜間の建築物の意匠性を高める。
2.ライン照明で下向きに壁面を照らし、光が必要な方向だけを照らす設計となっている。
3.専用遮光板により光源が見えにくくなっており、地上の歩行者が見上げても眩しく感じにくい。

<審査委員の評価>
建築物の外装と照明を計画する場合、笠木と照明の細部の納まりを考え、施工もそれぞれの職人の手によるのだが、そこを一体化したメリットは大きい。この製品は笠木と光で建物の美化を高めている点を評価した。製品精度も高く、配光への配慮が美しい外観を作り出す製品となっている。無理なく無駄なく建築物の美観へ貢献しており、建築現場で労力の削減に対する貢献度も高い。

LED照明内蔵笠木

概要

販売元:不二サッシ株式会社、ビニフレーム工業株式会社

本体カラーバリエーション:SK(ツヤ消しシルバー)/UC(アーバングレー)/BK(ダークブロンズ)/KC(ツヤ消しブラック)

LED照明の⾊温度
(単⾊LED照明)2700K,3000K,3500K,4000K
(調光調色)1800K~12000K(遠藤照明『Synca』)
 https://www.endo-lighting.co.jp/products/pickup/synca/
LED照明の消費電⼒:L=1500の場合19.4W(直流電源別置)

販売開始:2022年12月

施工イメージ

 

くわしくはこちら

こちらの記事もおすすめ

サンゲツ 全点環境配慮品のカーペットタイル見本帳「DT 2021-2023」を発刊

2022/01/20

内装材メーカーのサンゲツが、カーペットタイル見本帳「DT 2021-2023」を発刊。 DT シリーズは、 特に高い意匠性を持つプレミアム・コレクションであり、 環境への意識の高まりに応え、 全点を環境配慮商品としました。 ホテルや商業施設、 オフィスなど幅広い施設に使用できる、 全57柄233点のラインアップです。

【PR】理研軽金属工業が排水性、施工性を高めたアルミひさし4タイプをラインアップ

2022/10/19

総合アルミメーカーの理研軽金属工業は、意匠性、排水性、 施工性に優れた逆勾配ひさしを製品化、その技術を従来品にも取り入れた新モデルを発表しました。これにより、逆勾配ひさし(アームレスタイプ ・ アームタイプ)と前勾配ひさし(アームレスタイプ ・アームタイプ)の全4タイプ(製品厚 25mm)のラインアップが出揃いました。

ワイヤレス給電技術「AirPlug™ 」が建築界に登場。

2022/10/26

ワイヤレス給電技術を手がけるエイターリンクが、最大17mの長距離でも効率よく給電できる世界初の技術「AirPlug™」を実用化しました。「竹中工務店静岡営業所」では「AirPlug™」を採用。オフィスの温熱環境維持に貢献しています。ワイヤレス給電は建築の在り方を変える大きな可能性を秘めています。

【PR】机だけじゃない!再発見、一枚板の魅力

動画 サービス 家具2020/07/10

日本では約50年前から「一枚板をテーブルとして使う」という世界的にも珍しい文化があります。1990年~2000年ごろに起こった“板ブーム”では、樹齢200年以上の希少価値の高い木々を、人間の勝手な都合で乱伐してきた歴史もあります。一時的なブームが終わり、不要になった一枚板が誰にも使われずに眠っているといいます。今回、一枚板のこれからの姿を編集部で追いました。

【PR】請負契約をもっと簡単・スムーズに!「注文分譲クラウドDX」と「クラウドサイン」連携スタート

2022/02/18

ダイテックは、住宅会社向けに提供している「注文分譲クラウドDX」と弁護士ドットコムが提供しているWeb完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」のAPI連携を2022年2月より開始することを発表しました。

Pick up注目の記事

Top