【PR】「アルビームプラス LED照明内蔵笠木」が2022年度グッドデザイン賞を受賞!

LED照明器具の遠藤照明と、建材メーカー不二サッシとビニフレーム工業が共同開発した『LED照明内蔵笠木』が、2022年度グッドデザイン賞を受賞しました。

2022年度 グッドデザイン賞

本製品は、ライトコーピングシリーズのアルミ笠⽊にLED照明を内蔵し、光の意匠を加えた「LED笠⽊」を不⼆サッシ、ビニフレーム工業、遠藤照明の3社で共同開発したものです。笠⽊に専⽤パーツでライン照明を下向きに内蔵することで、眩しさを感じさせず効果的に外壁を照らします。従来の笠⽊の機能はそのままに、建築物を光で縁取り、アイキャッチとしての役割を持たせることで、 「LED笠⽊」は夜間景観に新たな彩りを添えてくれます。

<デザインのポイント>
1.無機質だった建築物を光で縁どり、夜間の建築物の意匠性を高める。
2.ライン照明で下向きに壁面を照らし、光が必要な方向だけを照らす設計となっている。
3.専用遮光板により光源が見えにくくなっており、地上の歩行者が見上げても眩しく感じにくい。

<審査委員の評価>
建築物の外装と照明を計画する場合、笠木と照明の細部の納まりを考え、施工もそれぞれの職人の手によるのだが、そこを一体化したメリットは大きい。この製品は笠木と光で建物の美化を高めている点を評価した。製品精度も高く、配光への配慮が美しい外観を作り出す製品となっている。無理なく無駄なく建築物の美観へ貢献しており、建築現場で労力の削減に対する貢献度も高い。

LED照明内蔵笠木

概要

販売元:不二サッシ株式会社、ビニフレーム工業株式会社

本体カラーバリエーション:SK(ツヤ消しシルバー)/UC(アーバングレー)/BK(ダークブロンズ)/KC(ツヤ消しブラック)

LED照明の⾊温度
(単⾊LED照明)2700K,3000K,3500K,4000K
(調光調色)1800K~12000K(遠藤照明『Synca』)
 https://www.endo-lighting.co.jp/products/pickup/synca/
LED照明の消費電⼒:L=1500の場合19.4W(直流電源別置)

販売開始:2022年12月

施工イメージ

 

くわしくはこちら

こちらの記事もおすすめ

「低温低湿な冬の換気の秘訣」換気-空気の道をデザインする⑦

2020/12/11

家にいる時間が圧倒的に増えることによって、俄然注目を浴びるようになった“換気”。設備設計者として第一線で活躍し、多くの著書を執筆している山田浩幸氏が、家における正しい換気の方法について解説します。

【PR】【動画】〝和紙畳〞が広げる日本建築の可能性

2021/12/17

「靴を脱いで、畳の上で寝転がれるホテルの客室」。そんな日本的なくつろぎを体感できるホテルがあります。その1つが「星野リゾート BEB5軽井沢」。今回は、設計を手がけた佐々木達郎氏に、お話を伺いました。動画でもその世界観をお楽しみください!

【PR】なぜ? あの人気工務店がシロアリ対策に”ホウ酸”を選ぶ理由

動画 建材 サービス2020/12/18

木造住宅を劣化させる3大原因は、「雨漏り」「結露」そして「シロアリ」の3つです。
ここではそのシロアリ対策について、つくば市を中心に年間24棟の注文住宅を手がけている柴木材店の代表取締役 柴修一郎氏に、ホウ酸を採用している理由を語ってもらいました。

「換気の目的は、汚染空気を新鮮なものにする」換気-空気の道をデザインする①

2020/10/27

家にいる時間が圧倒的に増えることによって、俄然注目を浴びるようになった“換気”。設備設計者として第一線で活躍し、多くの著書を執筆している山田浩幸氏が、家における正しい換気の方法について解説します。

【PR】「スタイロフォーム」の断熱性に防蟻機能を付与

建材2023/02/07

木造・S造・RC造という構造を問わず、さまざまな建築用途の断熱材として建築業界に広く知られる押出法ポリスチレンフォーム「スタイロフォーム」。製品ラインアップも幅広く、ユーザーの細やかなニーズに対応しています。光熱費の高騰が社会問題となる今、注目すべき2製品を紹介します。

Pick up注目の記事

Top