新着 住宅

乃木坂46、木の建築で舞う。~「シンクロニシティ」ミュージックビデオ撮影秘話〜

「建築知識2019年8月号」に掲載した『乃木坂46、木の建築で舞う。~「シンクロニシティ」ミュージックビデオ撮影秘話〜』。先日、乃木坂46を卒業した白石麻衣さんがセンターを務めた楽曲のMV秘話をご覧ください。

「建築知識2019年8月号」では、乃木坂46のヒットシングル「シンクロニシティ」のミュージックビデオの撮影舞台となった木造建築「北沢建築本社工場」[設計:三澤文子(Ms建築設計事務所)/構造設計:稲山正弘(ホルツストラ)]を取り上げました。日本の木を使った素朴な建築の魅力と、清楚な乃木坂46との“シンクロニシティ”をお楽しみ下さい。

本記事は本誌の内容をそのまま掲載しています

小断面の製材を組み合わせた複雑で繊細な構造、コンクリートの無機質な床、ハイサイドから降り注ぐ白くて柔らかな光が印象的な北沢建築本社工場。白いワンピースを身にまとうのは、素足の乃木坂46。センターを務める白石麻衣さん以外は、コンクリート打放しの無機質な床に座り込む。当日は、冷たくなった足を温めるため、足湯が用意された

乃木坂46の「シンクロニシティ」(20184月リリース)は、累積売上100万枚超を達成したヒットシングル。〝個体どうしが次第に共鳴し合い、ある種の世界観を共有する〞、その過程を綴った楽曲である。そのミュージックビデオ(MV)が撮影されたのは、地域密着型の工務店・北沢建築(長野県)の本社工場。構造材を昔ながらの手刻みで加工する工場だ。

なぜこの工場が、撮影場所に選ばれたのか? MVのプロデュースを手がけた金森孝宏氏(ノース・リバー)に聞いた。「監督がスタジオではない、広くて無機質な空間を探していました。たまたま、北沢建築本社工場を発見。早速次の日にスタッフが現地に赴いて確認し、その場で撮影許可を打診しました。初見で、木やコンクリートの素朴な表情と、乃木坂46の清楚なイメージが〝シンクロ〞するに違いない、スタッフ全員がそう感じました」。

白石麻衣さんをメンバーが囲む。白い花が開くようなイメージをメンバー全員で表現

建物の設計を手がけた建築家 三澤文子氏も応える。「コンセプトは教会。小断面の木材による複雑な架構と、ハイサイドから降り注ぐ柔らかな自然光が、とてもよい雰囲気を醸し出します。結婚式ができるような空間を思い描いていたので、MVの舞台として採用され、とても光栄です」。

ただし、スパンは木造では難しい18m。しかも、大断面集成材ではなく、信州産の小さな製材(スギの無垢材)でそれを実現するには、木に精通した構造設計者の知恵が不可欠だった。構造設計を担当したのは稲山正弘氏。

「製材はか弱い部材ですが、うまく組み合わせることで、力強い構造が可能になります。この建物では、まず成300㎜以下、長さ4mの流通製材を樹状につなぎ合わせて18mスパンのトラス梁を構成。次に6m間隔のトラス梁どうしを、55×105㎜の小断面材(母屋・方杖)をルーバー状に配して一体化しました。大断面集成材では表現できない繊細な架構であり、完成した模型を三澤さんにお見せして『優美な架構ができました』と伝えたことを記憶しています。乃木坂46のイメージにもぴったりですね」。

スギは構造材のなかでも比較的軟らかい材料。スギのみで大スパンを実現するには、複数の部材を組み合わせる必要がある。ここでは、成300㎜以下の梁材を樹状に組み合わせたトラス梁とした

撮影は大がかりだった。工場内にある設備の移動に加え、「MVに登場するメンバー全員が無垢な白いワンピースを身にまとい、足で踊ることを考えていた」(金森氏)ため、けがをしないよう、コンクリート床の凹凸や露出したアンカーボルトを、平滑に整える必要が生じた。

この要望に北沢建築の北澤宗則社長は快く対応。「コンクリート床の凹凸はパテ処理で埋めたほか、露出したアンカーボルトは切断。設備の移動を含めて、約1週間をかけて準備を行いました」。

樹状トラスは6mピッチで配置。トラスどうしを小断面の木材でつなぐ。正面から見ると、羽根のような印象を与える

当日はあいにくの大雨だったが、天候に左右されないよう、撮影スタッフが建物の周囲に数十台のスポットライトを配置。ポリカーボネート越しに注ぐ光は、MVでは違和感のない自然光に見える。

羽根のような梁の連続体と構造用合板・柱・間柱の内装が生む繊細で素朴なイメージが、乃木坂46のキャラクターを引き立てる

卒業前最後のシングルとなった生駒里奈さん。ハイサイドからの白くて柔らかな光が彼女を包む

スイッチ・コンセントがむき出しになった壁を背景として、コンクリートの床に座る白石麻衣さん

発売後の反響は絶大で、撮影場所が全国ネットのTV番組で紹介された直後から乃木坂46のファンのみならず、建築関係者が殺到したそうだ。

「発表から1年あまりですが、2千人くらいは来ているのではないか。会社の知名度・ブランドイメージが向上しましたし、乃木坂46というフィルターを通して、多くの人に、木の建築のよさを感じてもらえたのは、とても喜ばしいことだと思います」(北澤氏)。

偶然の出会いがもたらした望外の〝共鳴〟といえるかもしれない。

写真=乃木坂46LLC

こちらの記事もおすすめ

中規模ビルに可能性あり。これからのオフィスの条件

建築2020/07/21

新型コロナウィルス感染症の流行によって、テレワークによる在宅勤務が推奨されるなど、オフィスの在り方が大きく変わろうとしています。そんな時代に求められる中規模オフィスとは?

「木でつくる燃えにくい建築」安井昇の木造化・木質化と防耐火②

建築 連載2021/01/08

 建築物の木造化・木質化における防耐火設計について具体的に考えてみましょう。目標は、木材の特性を正しく理解したうえで、 〝火炎を燃え拡がらせない〞〝火炎で建物が壊れない〞〝火炎を建物の内外へ燃え抜けさ …

【動画】建築家 阿部勤の自邸「中心のある家」の美しい内部空間

新着 動画 住宅2021/01/12

建築知識ビルダーズ編集部が、取材の合間にスマホで撮影した動画を公開。阿部勤さんがキッチンに立つ貴重な姿も収録しています。経年は伝わってくるが古さを感じさせない、名作住宅だけが放つ魅力を体験してください。

「デスクまわり整理整頓の基本の”き”」全集中!在宅ワークの整理術②

新着 住宅 連載2020/11/27

リモートワークが推奨されるようになり、在宅ワークに切り替える人が増えてきました。ですが、家だと集中できなくて仕事の効率が上がらないとお困りではありませんか?
在宅ワークで大切なのは「仕事に集中できる環境づくり」です。特にデスク周りが整理されていると、集中力がアップし、仕事の効率化につながります。

不動産的思考から学ぶリノベ最前線①

建築2020/09/16

空き家や遊休不動産。問題と言ってしまえばそれで終わりですが、うまく活用するチャンスは眠っています。今回は、不動産コンサルタントを務める創造系不動産の高橋寿太郎氏に、不動産活用の手法、建築家が不動産コンサルタントと協業するメリットを解説してもらいました。

Pick up注目の記事

Top