住宅

耐久性と美観を両立!レッドシダーを使った木の外観デザイン4選

外壁やウッドデッキに使われる木材のなかでも、レッドシダー(ヒノキ科。和名はベイスギ、英名はウエスタンレッドシダー)は木目が詰まっており、耐久性が高く、見た目も美しい。そんなレッドシダーを使った木の外観デザインを、Instagramの投稿企画「#bコレ美しい住まいの外観」より紹介します。

1.外壁、ウッドデッキをレッドシダーで統一

相模湾を望む丘の上に建つ平屋。レッドシダーを外壁の全面に縦張りしました。荒削りのラフ面を表にすることで、木目が均一でしっかりとしたレッドシダーの表情をデザインに生かしています。耐久性を上げるために、木肌を美しく見せるクリア塗装(オリンピックステイン)を採用。

また、軒の出は900㎜とし、外壁を雨から守ます。また、夏は日射を遮り、冬は日射を取り込むように計画しました。

ウッドデッキもレッドシダーで統一。奥行きは最大1,800㎜で広々としています。ベンチや一人掛けの椅子を置いて、本を読んだり、考え事をしたり、ゆっくりと過ごせる場所になりました。

127㎜幅のサネ加工したレッドシダーが整然と並ぶ外壁。

外壁と合わせて内装仕上げにもレッドシダーを採用。窓はマービン社の木製サッシを採用

素材を統一することでデザインを整えるだけでなく、居住後に必要な建物のメンテナンスをわかりやすく、材料調達などをシンプルにすることも考慮しました。


2.外壁の一部にレッドシダーを張ってアクセントに

総2階のシンプルな形の家。南面に家の正面があるため、耐久性が高く、なおかつ家の顔にふさわしい美しい木材を検討しました。そこで選んだのが、木の部位のなかで高耐久な赤身の多いレッドシダーです。国産のスギは、赤身材だけでそろえるのはコストや流通の面で難しいことも理由です。

1階の壁面にシングル材のレッドシダーを乱張り。色味の違う木の表情と、日の当たり方によって変わる陰影がアクセントになっています。2階の壁面は黒の左官で仕上げ(ジュラクペンアート・ストーン)、レッドシダーの素材感をより引き立てました。

 

200×600㎜のレッドシダーを張った。目の詰まったテクスチャーが美しい


3. 加工しやすいレッドシダーで空中テラスを彩る

住宅が密集した市街地に建つ家。日当たりを確保するために、2階にリビングを置きました。リビング窓から出られる空中テラスは、視線を遮りながら光と風を通す木製のルーバーを採用しています。木材は、密度が低く軽量で加工しやすいレッドシダーを選びました。塗装はキシラデコールを塗布し、耐久性を上げています。

リオタデザイン@riota_s  写真:新澤一平

ルーバー材は長さ2,500㎜、幅25㎜ほどで、外から見たときに木のルーバーがベランダ床の存在を消す役割も担っています。また、ベランダ床からの高さは1,600㎜とし、人が立つとちょうど目線の高さくらいになります。

レッドシダーのルーバーがやさしく空間を包み込む 写真:新澤一平

10㎡ほどのテラスは第2のリビングとして機能しています。2階のテラスを貫くように、大きなシマトネリコの木を植えました。木の周りには手すりもかねたレッドシダーのベンチを造作し、デザインを統一しました。

20㎜のルーバーの隙間から、夜は行燈のように光がこぼれる 写真:新澤一平


4. 5種類の木を使い分けてコントラストを楽しむ

約107坪の敷地にゆったりと建つ2階建ての家。外壁は縦張りの焼杉を基調にしながら、玄関扉にヒノキ、木製サッシ・戸袋にベイマツ、軒天にはレッドシダーをあしらいました。焼杉の黒と赤みをおびたそれぞれの木のコントラストが外観に彩りを与えます。

耐久性の高いヒノキとレッドシダーは無塗装ですが、ベイマツにはクリアの自然塗料(オスモカラー)を塗布することで、耐久性と美観をアップさせました。

レッドシダーは木目が日本のスギに似ていることから、ベイスギ(米杉)と呼ばれることがあり、スギとの相性も抜群です。

ダイニングに隣接する4,000×2,100㎜のウッドデッキは、高熱処理したパイン材のサーモウッドを使用

造園は荻野寿也さんの手によるものです。さまざまな木が調和し、林の中にいるような落ち着く空間になりました。

耐久性と美しさを兼ね備えたレッドシダー。木材をどのように使うのかで、住まいのイメージは大きく変わります。また、レッドシダーは加工がしやすいので、繊細なイメージからおおらかなデザインまで幅広く対応できます。

ぜひ、木の種類、木の使い方までこだわって外観のデザインを考えてみてください。

その他の美しい住まいの外観写真をチェック!

「建築知識ビルダーズ」では、美しい住まいの外観写真をInstagramで集めました。

投稿写真を見たい方は、ハッシュタグ検索で「#bコレ美しい住まいの外観」、レッドシダーを使った外観は「#bコレレッドシダー」 をフォローすれば、全国各地の素敵な外観事例をご覧いただけます。

こちらの記事もおすすめ

あえて建てる! 小さな家が心地よい理由

動画 住宅2020/08/07

栃木県鹿沼市の田園と山に囲まれた緑豊かな場所に建つ「山抱く家」。名前のとおり、山を受け止めるような“くの字”のプロモーションをした平屋です。こじんまりとしたプランですが、とても居心地のよい空間になっています。この家を手がけたCOMODO建築工房の飯田亮氏につくり込みすぎない、身の丈サイズの家のつくり方を伺いました。

「第一印象は外観とレセプションでつくる」美しいホテルリノベの法則①

建築2020/08/12

ホテルでは、遊休状態の不動産をリノベーションするケースが少なくありません。今回は、ホテル・リノベーションのデザインを数多く手がけるSTAR・佐竹永太郎氏にその考え方をインタビュー。美しい写真とともに解説します。

「背景となる白とグレーは8割」お洒落で落ち着くカフェ空間のつくりかた⑤

2020/07/07

慌ただしい日常を離れて、ゆったりと時間を過ごせるカフェ。「カフェのような家に住んでみたい」という需要も高まっています。ここでは、うちカフェの第一人者「cafenoma」に究極のカフェ空間のつくりかたを徹底取材。そのポイントをまとめました。

日本一 ペットにやさしいエコハウス

動画 住宅2020/07/14

日本エコハウス大賞で受賞した住宅を徹底解説! 1回目は、第5回日本エコハウス大賞でグランプリを受賞した「水戸の家」。設計・施工を手がけた茨城県水戸市のサンハウスの野辺さんの自邸である。つくり手であり、住まい手でもある野辺さんは大の動物・爬虫類好き。温度変化に敏感なペットたちのことを思ってつくられた家が、日本一のエコハウスになったわけとは?

兵庫県立美術館の巨大な青りんご。その意味とは

2020/07/01

兵庫県立美術館内にある「Ando Gallery」(2019年5月23日開設)に行ってきました。兵庫県立美術館がオープンしたのは2002年。安藤忠雄氏の設計です。Ando Gallery は、その展示 …

Pick up注目の記事

Top