暮らしやすさアップ!小さな家の造作家具のアイデア

コンパクトでも暮らしやすい家をつくるには、住む人の使い勝手や、その場所に合わせてオリジナルでつくる「造作家具」を取り入れることがポイント。省スペース化もできるので、少しでもスペースを有効活用したいと考えている方におすすめです。

「狭いかも…」という不安は造作で解決する!

小さな家を建てるときに一番の不安は「狭くならないか」ということ。収納が足りずモノが散らかるのではないか、家族の居場所が窮屈でお互いの存在がうっとうしくならないか、必要な設備を設置できないのではないか……など心配事は尽きません。
これらを解決するためにおすすめなのが、家具や設備をなるべく「造作」(=造り付け)にすること。特に造作家具は、置き家具よりもムダなスペースが省けます。ゆとりをもって暮らすために、ぜひ造作を検討しましょう。

ここからは、造作を上手に取り入れた事例を4つ紹介します。

 

アイデア1:スペースにピッタリ納まるソファをつくる

ソファは面積を大きく取るうえに、窓やテレビの位置によっては配置方法が限られてしまいレイアウトに悩むことも。

シーエッチ工房の「ごえんの家」では、窓際に造作のソファを設置。壁にぴったりと寸法を合わせてつくるので、ムダなスペースを省けることはもちろん、小さな空間でも存在感を放ちすぎることなくすっきりと納まります。

窓際につくったことで、外を眺めながらくつろげます。座面を大きめしていることで、デイベッドのような使い方もOK。座面を布張りにしてお気に入りのテキスタイルをセレクトすれば、オリジナリティもアピールできます。

 

アイデア2:ダイニングテーブルを変形させて大人数でも使いやすく

ダイニングテーブルは、基本的にはキッチンとセットでレイアウトを検討するので、一度置いたらそのまま動かさないことがほとんど。そのためダイニングテーブルを造作するのもおすすめです。

設計島建築事務所の「東中田の家」は、カウンターのようなダイニングテーブルを造作。天板をあえて変形にすることで、椅子を置く位置が限定されず、自由なレイアウトが可能に。造作ソファと組み合わせることで、テーブル周りに余白ができるので移動もスムーズ。

人数を限定しないので複数人で集まりやすいのもメリット。数人で集まって座っても目線が正面でぶつからないので、リラックスして食事が楽しめます。

 

アイデア3:デッドスペースを活用して小さな作業スペースに

コンパクトな家ではデッドスペースは極力なくしたいものですが、どうしてもできてしまう場所には、棚や机を造作して1つの空間として活用できるようにしましょう。

まちなか山荘(山川建築事務所)の事例では、階段脇のスペースにデスクと棚を造作。子どもの勉強机としたり、趣味や仕事の作業スペースとしたりと、幅広い使い方ができます。奥まった空間でも、窓を設置することで、作業している手元を明るく照らしてくれます。窓から外をのんびりと眺められるのもよいですね。

 

アイデア4:玄関収納に小さな手洗い場をつくる

新型コロナウイルスの感染拡大によって、需要が増えた「玄関手洗い」。玄関のすぐ近くに小さな洗面台を設けることで、帰宅したらすぐに手を洗えます。「セカンド洗面」とも呼ばれています。Instagramで一気に広まり、定番化しつつある設備です。大塚工務店の「hausi黒壁の角屋」では、玄関収納に洗面を造作。既製品だとサイズが限定されてしまいますが、造作すればその空間にぴったり合わせてつくることができるので、スペースが限られていても大丈夫。また、ほかの造作家具と合わせたデザインにすることで、空間に統一感が生まれます。

いかがでしたでしょうか。造作は注文住宅の醐味でもあります。造作を上手に取り入れて、小さな家でものびのび暮らしやすい家を手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

「#bコレ」Instagramで小さな家の工夫を募集中!

建築知識ビルダーズ」では、小さな家の写真をInstagramで集めています(詳しくはコチラ)。ハッシュタグ検索 #bコレ小さな家の豊かな暮らし をフォローすれば、今回の記事で紹介したような、上質でこだわりがぎゅっと詰まった事例をたくさんご覧いただけます。ぜひ、フォローして、家づくりの参考にしてください。

工務店や設計事務所の方は、自慢の写真をぜひ投稿ください。ご応募お待ちしています!

ほかのおすすめ記事はコチラ→【省スペースで人気上昇中。壁付けキッチン3つのポイント】 

こちらの記事もおすすめ

建築知識ビルダーズNo.47が発売!中身をチラ見せ!

動画 住宅2021/11/24

建築知識ビルダーズNo.47が、11月27日(土)に発売します。今号の特集は、「住宅トレンド解剖図鑑 2022年版」。全国のハウスメーカー、工務店、設計事務所のモデルハウスや社屋を取材し、そこから見えてきた住宅トレンドを徹底解剖します。

HEAT20住宅システム認証が受付開始!その内容は?

ニュース2022/03/25

HEAT20が「住宅システム認証」を2022年3月17日からスタートしました。外皮性能基準G1~G3への適合を評価するもので、高断熱住宅の普及を促すものです。この記事では認証の概要と、知っておきたいポイントを解説します。

「木を魅せるディテール」木造軸組とCLT③

建築2021/12/07

成瀬友梨氏+猪熊純氏が設計を手がけた「meet tree NAKATSUGAWA」(岐阜県中津川市)は、木造在来軸組構法とCLTを組み合わせてできた4号建築物です。地元産の木曽ひのきをふんだんに使用した建物で、木造建築の可能性を示唆しています。YouTubeの動画でも、その魅力をもご覧ください!

「自然が豊かなテレワーク施設」働き方とまちづくり④

建築2022/05/31

コロナ禍を経て、リモートワークなどの柔軟な働き方が一気に浸透しました。この連載では、ワークプレイス、またその周辺を取り巻くまちの活動について紹介します。最終回の連載4回目は、都心からのアクセスのよさや豊かな自然環境などの魅力を生かした個性豊かなテレワーク施設を設ける長野県塩尻市・富士見町です。

「木のしなやかさを生かす」“地産地消”でこれからの建築が変わる!-後編-

建築2021/06/07

屋根と基礎のみで成り立つ「K.S. Kindergarten Lunch House」。登り梁に採用したスギ材はヤング係数が低いため強度も低いと思われがちですが、この建築ではスギ材に「しなり」を加えることで強度を上げることに成功しました。今回の記事ではその設計方法を紹介します。

Pick up注目の記事

Top