依頼先選びで9割が決まる!家を建てようと思ったら見てほしい6つの動画

全国の工務店が集まって本と動画をつくるプロジェクト「工務店編集会議」が、YouTubeで家づくりのアドバイスをしています。家を建てようと思ったら、住宅展示場に行く前に見てほしい6つの動画を紹介します。

家づくりには7つの依頼先がある

そろそろ家を建てようか…そう思ったら、まずは「どんな依頼先があるのか」を知ることから始めませんか。多くの人がテレビCMなどで見た大手ハウスメーカーを思い浮かべるかもしれませんが、新築住宅のうち大手ハウスメーカーがつくっているのは2~3割程度。残りの7~8割は各地域を拠点とする中小規模の工務店や住宅会社がつくっているのです。

家づくりの依頼先は、ざっくり7つのタイプに分けられます。あなたがどのタイプに向いているのか、この動画を見ればヒントが見つかるはず。

 

なかでもハウスメーカーと工務店の違いについて知りたい人は、この動画をチェック!

 

家を買うのか?つくるのか?

依頼先を決める前に、自分たちはどんな家がほしいのかをはっきりさせておきましょう。そのための最初の問いかけがこれ。「あなたは、家を買いたいですか?つくりたいですか?」。もしも答えに迷ったら、この動画を見てください。

 

情報収集もよいけれど、その前に

家を建てることは、非常に専門性の高い仕事です。どれだけ情報収集して「理想のわが家」を思い描いたとしても、素人が隅から隅まで決めることはできません。それよりも「どんな暮らしがしたいのか?」をイメージしておきましょう。これは工務店でもハウスメーカーでもなく、家を建てる本人だけができること。簡単なようで、意外と難しいものですが、イメージを具体的に伝えられるようにしておくと、理想のわが家をかなえてくれる依頼先と出会う確率がぐっと高まります。

 

理想の工務店と出会うために

いよいよ行動開始!あなたがもし工務店で建てようと考えているなら、住宅展示場ではなく、モデルハウスや完成見学会に足を運んでみるのことをおすすめします。この動画では、自分に合った工務店と出会うための具体的な方法を紹介しています。

 

理想の会社が見つからない!そんな人には…

情報収集をすればするほど、どこに頼んだらよいか分からなくなってしまった!一生に一度の家づくりですから、失敗したくないという心理が働くのも無理はありません。ただ、その気持ちが強すぎて大切なことを見失っているかも…一度立ち止まって、この動画を見てください。

 

依頼先選びは、結婚相手を選ぶようなもの。妥協も必要…という声もありそうですが(笑)、大切なのは家が完成するまで二人三脚できる相手かどうか、完成後もずっと付き合い続けたい相手かどうか。そのような会社を見つけることができたら、あなたの家づくりはもう9割がた成功したといえるでしょう。

「教えて!家づくりのこと by 工務店編集会議」のYouTubeチェンネルはコチラ

https://www.youtube.com/channel/UCw5ZOXgbW2se6NI9AavpuPw

 

こちらの記事もおすすめ

【PR】【動画】木造の多様な空間における梁の構造設計

2021/12/24

2021年11月に実施されたジャパンホームショー2021・建築知識実務セミナーでは、第一線で活躍する構造設計者・大野博史氏(オーノJAPAN)が「木造の多様な空間における梁の構造設計」と題して、住宅・非住宅問わず、木造で大空間をつくる場合、国産材などを利用する場合に悩ましい”梁の設計についてのポイントを解説しました。

「お薦め建材・設備」各務謙司のマンションリノベ④

住宅 建築2021/07/20

『世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション』の著者であり、都心を中心に、マンション・リノベーションの設計を手がける各務謙司氏。間取りとインテリア、家具・ファブリックのデザイン・コーディネートに加え、法規・断熱・構造・設備・遮音などに関する知識を紹介しましょう。

「エアコンによる結露と温度ムラを考える」これからのカフェ・飲食店設計術③

建築 設備2021/05/07

飲食店における空調設計は、目に見えないものですが、飲食店の評価を大きく左右するもの。最近では、換気の重要性も非常に高まっています。ここでは、空調や換気を重視した飲食店の設計について解説します。

【動画】高断熱・高気密住宅の施工の肝を押さえる!

動画2021/08/10

高断熱・高気密住宅をつくるためには、緻密な設計と精度の高い施工が欠かせません。建築知識ビルダーズのinstagram公式アカウントでは、施工のコツが分かる「現場動画」を随時アップしています。今回はそのなかから最新動画を6つご紹介します。

ブルースタジオ・大島芳彦、 増田奏設計の自邸を “ 二世帯化リノベ”する。②

住宅 建築 建材2024/05/10

ブルースタジオ・大島芳彦氏の自邸「大島邸」は、1991年に『住まいの解剖図鑑』の著者・増田奏氏が設計を手がけた住宅。2020年に原設計を生かしながら、高断熱・高気密の二世帯住宅としてリノベーションされました。本記事では大島氏が建築当時からの思い出と、リノベーションのポイントを語ります。

Pick up注目の記事

Top