住宅

センス0でもOK!オープン棚の5つのルール

おしゃれな部屋は、オープン収納の飾り方がとても上手。たくさんモノがあるのに不思議と散らかって見えません。そこには、実はあるルールがあります。今回の記事では、即実践できる、オープン棚をおしゃれに飾るコツを大公開!

 扉のないオープン収納は、自分のお気に入りを並べていつでも楽しむことができる「見せる収納」です。海外のインテリアの雑誌などを見ると、本だけでなくさまざまなモノをおしゃれに飾っている部屋があります。しかし、真似してみるとなんだか散らかって見える……そんなお悩みがよくあります。

実は、適当に置いたように見える棚にも、バランスよく見えるルールが隠されています。今回は、誰でも棚を素敵に飾れるコツを、インテリアコーディネーターの三宅さんに解説していただきます。

プロが教える!失敗しないインテリアの鉄則3選

「“グレー”を使ったインテリアが成功するワケ」

プロが厳選!コスパ・デザイン最強家具6選

部屋がぐっと垢抜ける!壁の飾り方

三宅利佳 Miyake Rika インテリアコーディネーター/2級建築士/AFT色彩検定1級防衛庁(現・防衛省)公務員職員から転職。設計事務所や家具販売店と派遣ICを経て2002年よりフリーランスとなる。イベントやセミナーのほか、執筆活動も行う。

Instagram : https://www.instagram.com/rikamiyake/

ブログ(オンラインサロン): https://jay-blue.com/online-salon

ルール1 シンメトリーを意識して配置する

まずは基本から。左右対称になるようにモノを配置するテクニックです。モノがきれいに左右対称に並ぶと、整然とします。洗練された印象になるので、クラシカルなインテリアを演出したいときに最適な方法です。

出典:サチ…あれ♪ ~北欧インテリア~

ルール2 三角形を意識して配置する

2つ目は、モノの配置は三角形を意識して飾るということです。たとえばこのような感じです。

適当に置いたところから、三角形に配置し直し、最後に余白を埋めて完成です。三角を意識して配置するとモノの高さのバランスが整い、たくさんのモノを置いても雑然としません。

 

三角を意識したモノの置き方。エアープランツなどの植物を置くと隙間が上手に埋まる

三角を意識して高さをそろえて・・

完成。バランスよく配置されているので散らかった印象にならない

ルール3  大・小2つを飾る

同じものを飾る場合には、「大きいもの・小さいものの2つ」を用意すると、ほどよく統一感が出てバランスがとりやすくなります。

たとえば、フラワーベースやフォトフレーム・キャンドルなどは、同じ種類の製品でも大と小のサイズ違いで売られていることが多いので、見かけたらセットで購入しておいてもよいかもしれません。

大小それぞれのフォトフレームを並べた例

ルール4 同じモノ・サイズは3つ用意する

全く同じサイズのモノは、3つ用意しましょう。同じサイズのモノが2つあると、中途半端な印象を与えてしまうからです。

出典:Ducks home

3つを並べて飾ることで、オープン棚に「収納されている感」ではなく「ディスプレイしている感」が出ます。

ルール5 仲間外れがないかチェックする

自分の好きなモノを、まずはたくさん飾ってみたら、一度少し離れた距離で眺めてみましょう。そのなかで、「ちょっと雰囲気が違うかも……」と感じさせるようなモノはありませんか?たとえば、モダンな印象のインテリアの中に民芸品のようなものが混ざっていたりはしませんか?もし、該当するモノがあったら外して、他の場所に置きましょう。この繰り返しをして完成となります。

最近では、さまざまなテイストのインテリアスタイルを組み合わせたコーディネートも人気ですが、かなりのテクニックが必要。インテリアコーディネート初心者さんは、まずは統一感を意識して飾るのがおすすめです。

クラシカルなテイストでまとめたレイアウト。統一感があり、洗練された雰囲気に

いかがでしたでしょうか。「私にはセンスがないから…‥」と、おしゃれな部屋をあきらめる必要はありません。コーディネート上手になるための第一歩は、「感覚を頼りにするのではなく、最低限のルールを知る」ことから。

みなさんもぜひ気軽に実践してみてください!

こちらの記事もおすすめ

都心マンションにミニマリズム空間が登場!

2021/07/21

都心に建つヴィンテージマンションに、”ミニマリズム”がコンセプトのモデルルームがオープン。装飾的要素をなくすだけでなく、本物の素材や緻密に計算された照明で生み出される空間の広がり、そして無駄をそぎ落とした余白のあるデザインと間取りは、新しいラグジュアリーの価値観を提案します。

【動画】オープンLDKでレンジフードを美しく納める

住宅2021/09/24

オープンなLDKの美しさを決定づけるのは、レンジフードと言っても過言ではありません。レンジフードはその大きさから存在感があるため、できるだけ目立たないように設置するのがポイント。『建築知識』では、MDS一級建築士事務所にレンジフードの美しい納め方を聞きました。

「外廻りのデザイン」スノーピークの家づくり②

住宅 建築2022/05/13

アウトドアブランドとして人気が高いスノーピーク。“衣・食・住・働・遊”のフィールドをあまねく網羅し、特に、住宅関連では“野遊びできる家。”をコンセプトに、規格住宅や街並みの監修を含むアーバンアウトドア事業を展開しています。今回は主に、外廻り空間をデザインするためのルールについて紹介します。

「雨漏りリスクの高い劣化」低気密低断熱住宅ルポ⑭

住宅2021/12/21

こんにちは。一級建築士の神長宏明です。私は、エアコンを24時間つけっぱなしでも月々の光熱費が1万円以下で済む高気密高断熱住宅を設計していますが、住んでいるのは【低気密低断熱住宅】です。この連載では、低気密低断熱住宅の住み心地を数回に分けてレポートしていきます。14回目は、耐震性能が低いと雨漏りのリスクが上がってしまう話です。

ゲストを招きたくなる!アプロ―チのデザイン4選

住宅2021/04/06

外構のなかでも、家の印象を左右するアプローチは慎重に検討したいスペース。今回の記事では「その先にどんな空間が広がっているのか」を思わず想像したくなるおしゃれで素敵なアプローチのアイデアを、Instagramの投稿企画「#bコレ美しいすまいの外観」より4つご紹介します。

Pick up注目の記事

Top