建築知識ビルダーズNo.44が発売!気になる中身は?

建築知識ビルダーズNo.44の中身を写真でちらっと紹介します。住宅を長持ちさせるテクニックや、省エネ説明義務化制度の直前ガイドなど、今月号も内容が盛りだくさんです。お見逃しなく!

2021227日(土)に、いよいよビルダーズNo.44が発売されます!

今月号の特集はずばり、「長持ちする家 させる家」。長持ち住宅(長寿命住宅)のつくり方、メンテナンス方法をプロ目線で徹底解説。構造・断熱などの性能の底上げはされてきたものの、設計や施工の手法は大きく変わっていない住宅を、どう長持ちさせるかがテーマです。今回の記事では、内容をちらりとご紹介いたします。

topics1 維持費から考える 長もち住宅のつくり方

まずは、鳳建設さんが解説する、維持費(光熱費やメンテナンス費)の抑え方。鳳建設さんは、家を建てたときよりも家に住んでからのお金のほうがかかると考えています。断熱性能はどのくらいに設定して光熱費を削減していくべきか、そして膨大な費用が掛かるメンテナンス費については、新築時の設備更新に配慮して設計することが大事だと訴えます。

topics2 地震や台風に負けない 家づくりの構造技術

細田工務店さんには、地震や台風に負けない家づくりの構造について解説いただきました。耐震等級3を取るうえで知っておきたい間取りの禁じ手や、耐風設計の基本知識を紹介します。

topics3 飽きのこない外観を設計する

加賀妻工務店さんには、飽きのこない外観設計術と、長く住むための間取りについて解説いただいています。ずっと住み続けたくなる、愛着が湧く家はどのようにつくればよいのか。今回は、建て主家族だけでなく、近所の人などの他人も目にする「外観」デザインについてフューチャーしました。もちろん、見た目だけではなく経年劣化の視点から最適な外観づくりを説明しています。

来月号では外観の特集を企画しています。Instagramでハッシュタグ投稿いただいたすてきな外観を掲載する予定です。ぜひInsutagram#bコレ美しい住まいの外観 で検索してみてください。詳しくは

こちらから!

topics4 バリアフリーの視点で快適に過ごせる家をつくる

阿部建設さんは、老後を見据えて家づくりを行うことが、大きなリフォームをせずに長く快適に住み続けるうえで重要なことだといいます。十分な幅の廊下やドアをつくることで、日常の移動もしやすく、後々車いすになっても使いやすい、といったバリアフリー住宅で実績のある阿部建設さんならではの具体的な設計提案を多数紹介します。

topics5 優秀工務店はもうやっている!メンテしやすい建材&ディテール

青木工務店の萩尾さんが、メンテを見据えた建材・ディテールを部位別に紹介する特集も読みごたえがあります。リノベーションの経験豊富な萩尾さんだからこそ分かる建材・素材のメリットとデメリットを大公開。なんと、工務店編集会議にもご協力いただきました。

この次からは第2特集、スーパー工務店による家守り術について紹介!次回の記事でちらりとご紹介します。気になる方はお近くの書店でお買い求めいただき、じっくり読んでいただければ幸いです。

こちらの記事もおすすめ

【PR】【動画】断熱方法は1つに決めるな。ゆめけん岸野さんの高断熱高気密セミナーアーカイブ公開

2021/02/02

埼玉のスーパー工務店、夢・建築工房 岸野浩太さんの高断熱高気密のポイント解説シリーズ。第1弾は、実力者ならではの公平な視点でメリットデメリットを解説!独自の「性能別概算書」にもご注目!

「建築知識3月号」が発売、近現代の日本建築を解説!

2023/02/24

「建築知識2023年3月号」が発売になりました。特集のテーマは(日本の家と街並み 明治・大正・昭和)。大好評だった「建築知識2022年8月号」の特集(縄文から江戸時代まで 日本の家と街並み 詳説絵巻)の第二弾となります。日本建築の歴史を学びたい方、ぜひ、ご一読ください!

【PR】【期間限定】LIXIL省エネ住宅シミュレーション操作説明会の動画を公開

2021/09/01

LIXIL省エネ住宅シミュレーション操作講習会の模様を9月末まで期間限定で動画が公開されます。いつでも何度でも操作講習を視聴することができます。

【PR】住まいのリフォームコンクール上位賞作品発表会開催

2022/10/13

今年で39回目を迎えた、住まいのリフォームコンクールの受賞作品が決定しました。上位賞作品については、10月27日・28日に、Japan Home & Building Show 2022の会場にてプレゼンテーションが行われます。お誘いあわせのうえ、ぜひ、ご参加ください。

ケイミュー、外装デザインの新たなアワードを開始!

2023/07/21

屋根材の“カラーベスト”や18㎜厚の窯業系サイディング“光セラ”、内外装材としてデザイナーに人気の高い「SOLIDDO」の製造・販売を手がけるケイミューが、本年から新しいデザインアワード「ARCHITECTURAL DESIGN AWARD 2023」を始めます。審査員は藤本壮介氏、永山佑子氏、成瀬友梨氏の3名。ぜひ、ご応募ください。

Pick up注目の記事

Top