住宅 建築

「お薦め建材・設備」各務謙司のマンションリノベ④

『世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション』の著者であり、都心を中心に、マンション・リノベーションの設計を手がける各務謙司氏。間取りとインテリア、家具・ファブリックのデザイン・コーディネートに加え、法規・断熱・構造・設備・遮音などに関する知識を紹介しましょう。

各務謙司のお薦め建材・設備2021

 

A 間接照明に使えるアルミスパンドレル

間接照明を検討する場合は、ボックス内の仕上げ材でアクセントを付けてもよいでしょう。お薦めの1つが「アルミスパンドレル」(アサヒ金属)。間接照明の光を当てると、硬質感のあるアルミニウムが柔らかく表現されます。

コーブ照明のボックス内を「アルミスパンドレル」で仕上げた例。働き幅156㎜(26㎜×6)の「ロールフォーミング 16型 アルミスパンドレル」を使用している。色は古河ブロンズ。壁を大理石で仕上げた空間にもマッチしている

取り付け方は簡単。間接照明ボックス内に働き幅156㎜の「アルミ スパンドレル」を並べるだけでよい

 

B 間接照明に使える木製ルーバー

木製ルーバーも間接照明と相性のよい建材。木製ルーバーを上下からライトアップすると、光と影のグラデーションが美しく表現されます。お薦めの木製ルーバーは「ファンシーパネル」(ニチモクファンシーマテリアル)。火山性ガラス質複層板に天然木の突き板(0.3㎜厚以下)を縛り付けした不燃木材です。

イタリアで採掘される超高級な大理石“ポルトロ”をTVの背面壁に採用した「港区R邸」。“ポルトロ”の背後には、木製ルーバーを壁面いっぱいに張り付けた。素材感のコントラストが感じられるほか、上下に仕込まれた間接照明光の柔らかなグラデーションが高級感を高めている

ポルトロ”と木製ルーバーのクリアランスは40㎜に設定。“ポルトロ”の高さに合わせてLEDライン照明「ルーチ・シルクス ワイド」(ルーチ)を2カ所に設置している。木製ルーバー背後のポリエステル化粧合板は黒。ライトアップ時の木製ルーバーを際立たせている

 

C 内装制限に対応する不燃木材

壁や天井を木質系の材料で仕上げる場合に重宝するのが内装用不燃ボード(不燃木材)。その代表的な製品が「リアルパネル」(ニッシンイクス)です。アルミ箔張り火山性ガラス質複層板の上に、0.2㎜厚の突き板を張り合わせたもの。火気使用室にも使用できるほか、取り付けも簡単です[※]

折り上げ天井( LDK)の内部を「リアルパネル ナララスティックヘリンボーン」で仕上げた「渋谷区Q邸」。複合フローリングをヘリンボーン張りした床との調和が感じられる

主人が使用する書斎の壁面を「リアルパネル ダメージオーク」で仕上げた「代々木上原I邸」。個室に関しては、野性味あふれるテイストで仕上げてもよい

 

D 高級感を演出する人工レザー

壁面や建具に高級感をもたせる素材として重宝しているのが人工レザーです。一般的には、飲食店などのソファなどに使用されているものですが、なかには高級感が得られる人工レザーもあります。ステッチを入れると、高級感が増します。お薦めは「WHISPER/KEYSTONE」(チェルシーインターナショナル)

人工レザーを建具(開き扉)に採用した例。リビングの出入口など、目立つ扉に採用することが多い。ここでは、扉脇に開口(FIXガラス)を設け、視線の抜けを確保した

人工レザーは天然レザーと同等の硬質感・手触り感をもつ。汚れたときの掃除もしや すく、価格も天然レザーに比べて比較的安価

 

E 寝室の照明は“IoT”で管理する

1室多灯照明が普及するなか、照明の点灯には煩わしさを感じたくないところ。お薦めはスマートフォンやスマートスピーカーで点灯の指示が行える「アドバンスシリーズ リンクモデル」(パナソニック ライフソリューションズ社)です。点灯だけではなく、調光やシーン設定が行えるというのが心強いですね。

ダウンライトや天井スリットに取り付けたスポットライトなどの管理を「アドバンスシリーズ リンクモデル」で行う「渋谷区Q邸」の寝室。「Alexa」(amazon)で操作することも可能

 

使用したスイッチ WTY5411WK/LED調光スイッチ(親機・受信機) MKN7531/無線アダプタ WTY8701W/無線中継器

 

 各務謙司さん[カガミ建築計画/カガミ・デザインリフォーム]は、1級建築士およびマンションリフォームマネージャー。都心を中心とした高級マンション・リノベーションの設計提案を得意としています。工事費が1,000万円を超える高額リノベーションの実績は100件を超える。主著に『世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション』最新版 驚異のリフォーム・リノベーション術』(いずれもエクスナレッジ)。自身のブログ「建築家が考えるプレミアムリフォーム・リノベーション」を通じて精力的に発信しています。

 

※ 下地の上に接着、もしくは面が大きい場合にはフィニッシュネイルなどで留めるだけでよい

③に戻る

つづく

こちらの記事もおすすめ

木のホテル「星野リゾート BEB5 軽井沢」の設計手法②

建築2020/10/23

木造1時間準耐火建築物のホテルとして注目を集め、数々の賞を受賞した「星野リゾート BEB5軽井沢」。今回は、この建物の設計を手がけた佐々木達郎氏に、構造・意匠・遮音・外装などについて、そのポイントを伺いました。

「木でつくる燃えにくい建築」安井昇の木造化・木質化と防耐火②

建築 連載2021/01/08

 建築物の木造化・木質化における防耐火設計について具体的に考えてみましょう。目標は、木材の特性を正しく理解したうえで、 〝火炎を燃え拡がらせない〞〝火炎で建物が壊れない〞〝火炎を建物の内外へ燃え抜けさ …

「書類整理でストレスフリー」全集中!在宅ワークの整理術②

住宅2021/01/26

在宅ワークにおいて、書類整理はとても重要。しかし、紙類はどんなに片付けても増えていくもの……。そこで整理術の連載2回目は、書類をきちんと管理できる仕組みをお伝えします。在宅ワークの作業効率アップ間違いなし!

【動画】スーパー工務店の設計術「性能+感性で解く!本質改善型リノベ」

動画 住宅2021/05/11

スーパー工務店とは、自社で設計施工を行い、意匠も性能も経営も地域貢献もバランスよく優れている工務店のこと。今回は、「完全無欠の男」と言われる岐阜の工務店、リヴアースの大橋利紀さんにリノベ―ションについてお話いただきました。

「家の性能より立地を優先」低気密低断熱住宅に住んだルポ①

連載2020/10/09

こんにちは。一級建築士の神長宏明です。私は、エアコンを24時間つけっぱなしでも月々の光熱費が1万円以下で済む高気密高断熱住宅を設計していますが、住んでいるのは【低気密低断熱住宅】です。この連載では、なぜ低気密低断熱住宅に住むことにしたのか、そして実際の住み心地を数回に分けてレポートしていきます。

Pick up注目の記事

Top