建築

「内部空間はフォトジェニックにつくり込む」美しいホテルリノベの法則②

ホテルでは、遊休状態の不動産をリノベーションするケースが少なくありません。今回は、ホテル・リノベーションのデザインを数多く手がけるSTAR・佐竹永太郎氏にその考え方をインタビュー。美しい写真とともに解説します。

ホテルのリノベーションを数多く手がける佐竹永太郎氏(STAR)。その事例を紐解いてみると、用途・デザインの多様性に気がつきます。「当社のミッションは、〝クライアントの課題を美しさで解決する〟ということ。言い方は少し乱暴かもしれませんが、建築家にありがちな作品性を押し付けるということではなく、クライアントの問題意識に寄り添った最適なデザインを提供するように、常日ごろから心がけています」(佐竹氏)。 

 したがって、STARには標準化された設計手法というものが存在しません。言わば、佐竹氏の仕事は、単なる建築の設計ではなく、建築をコアとする、クライアントのリブランディング(ブランドの再構築)ということになるでしょう。その作業を建築という視点から、法則として落とし込むと、以下のように説明できます。

3  客室の内装と広さを最適化

客室も共用部分と同様に、具体的な客層を意識した内装・設備の設計を行いましょう。このとき、客単価の大幅アップを望むのであれば、間仕切り壁を解体して2つの客室を1つの客室にする、という方法も考えられます。

外国人観光客を意識して設計した「椿ホテル」の内装。浮世絵を壁に用いるなど、非日常的な“和”を表現した


耐震補強に合わせて、2つの客室を1つの客室にして、温泉付きのスイートルームとした「INFINITO HOTEL&SPA南紀白浜」。客単価の大幅アップを実現した


4 外とつながる浴室を設ける

レジャーを主目的とするホテルであれば、浴室や露天風呂は集客を大きく左右する重要な要素。フォトジェニックな露天風呂や外部とつながる浴室は、SNSで拡散されやすく、ホテルの認知度を確実に高めてくれるに違いありません。オーシャンビューであれば、浴室や露天風呂が海へと続くような印象になるよう、お湯を外へかけ流すなど、ゲストを幻想的な世界へといざないましょう。

「安芸グランドホテル」の温浴施設を貸切露天風呂「望厳の湯」として改修。写真映えを意識して、海越しに厳島神社を望む絶景の露天風呂を計画し、同時に風呂の温泉化も実現。集客力の向上につなげた


「INFINITO HOTEL&SPA 南紀白浜」に設けられたクリエイティブ半露天風呂「昴」。浴室と外部の領域を曖昧にし、水面が海とつながっているように表現


「INFINITO HOTEL&SPA南紀白浜」のスパINFINITO「空」。ガラス間仕切越しの屋外にも浴槽を設け、室内と室外の一体感を高めた


5 細部までブランディング

冒頭でも説明したように、建築のデザインだけでは、クライアントのリブランディングとはなりえません。建築以外にもデザイン可能な要素は多岐にわたります。調度品の調達、ロゴやサインボードのデザインなど、ホテルの付加価値を高められる要素すべてに目を向けるのが、STARのスタイル。「私たちではすべてのデザインをワンストップで行います。それを実現するために、スペシャリストが集うteamSTARという設計スタイルを開発しました」(佐竹氏)。

 

「INFINITO HOTEL&SPA 南紀白浜」のライブラリーには、STARがセレクトした洋書が並んでいる


「INFINITO HOTEL&SPA 南紀白浜」ではボートのオールを活用したサインを製作


「INFINITO HOTEL&SPA 南紀白浜」の客室では、地元の偉人南方熊楠をイメージし、欧米博物学の古植物画を和の掛軸に仕立てた


「桜スカイホテル」の廊下。桜の木をイメージしたグラフィック(墨絵)を「3M ダイノック フィルム」(3M)に印刷した客室表示を使用


Afterwords ブランディングは自社の事務所から

STARは2005年10月設立。「INFINITO HOTEL&SPA南紀白浜」に代表される有名リゾートホテルをはじめ、ISETAN から納骨堂まで幅広い分野の建築デザインを行うデザインチーム。CEO の佐竹永太郎氏は東北大学を卒業後、北川原温建築都市研究所にてアートを切り口とした建築デザインに従事。現在は課題を共有し解決に導く建築家&クリエイティブディレクターとして企業トップから高く評価されています。

「STARLOUNGE」と呼ばれる自社オフィスは、むき出しとなったRCと無骨な大谷石、色鮮やかな木製建具が目を引きます。骨董・アートが美しくディスプレイされ、香りまでもがデザインされており、“ブランディング”という、客層や目的に合わせてトータルにデザインを提案するSTARの哲学が、その設えに見て取れるでしょう。

おわり

 

こちらの記事もおすすめ

あえて建てる! 小さな家が心地よい理由

動画 住宅2020/08/07

栃木県鹿沼市の田園と山に囲まれた緑豊かな場所に建つ「山抱く家」。名前のとおり、山を受け止めるような“くの字”のプロモーションをした平屋です。こじんまりとしたプランですが、とても居心地のよい空間になっています。この家を手がけたCOMODO建築工房の飯田亮氏につくり込みすぎない、身の丈サイズの家のつくり方を伺いました。

中規模ビルに可能性あり。これからのオフィスの条件

建築2020/07/21

新型コロナウィルス感染症の流行によって、テレワークによる在宅勤務が推奨されるなど、オフィスの在り方が大きく変わろうとしています。そんな時代に求められる中規模オフィスとは?

「在来軸組構法とC L T の融合」木造軸組とCLT②

建築2021/11/12

成瀬友梨氏+猪熊純氏が設計を手がけた「meet tree NAKATSUGAWA」(岐阜県中津川市)は、木造在来軸組構法とCLTを組み合わせてできた4号建築物です。地元産の木曽ひのきをふんだんに使用した建物で、木造建築の可能性を示唆しています。YouTubeの動画でも、その魅力をもご覧ください!

「良い換気=サーフィン上手」低気密低断熱住宅ルポ⑩

住宅2021/06/29

こんにちは。一級建築士の神長宏明です。私は、エアコンを24時間つけっぱなしでも月々の光熱費が1万円以下で済む高気密高断熱住宅を設計していますが、住んでいるのは【低気密低断熱住宅】です。この連載では、低気密低断熱住宅の住み心地を数回に分けてレポートしていきます。10回目は、換気と気密の話です。

「外国人向け木質空間」寒冷地で別荘をつくる方法ー③

住宅 建築 インタビュー2022/09/22

自然豊かな北海道、特にニセコや富良野では、外国人の不動産投資が活況。自然と一体化したダイナミックな建築が数多く計画されています。今回は、外国人向け別荘の設計を数多く手がける須藤朋之氏(SAAD/建築設計事務所)に、建築計画や断熱・気密の考え方をお伺いしました。

Pick up注目の記事

Top