設備

循環式IH 調理ワゴン「ARIACHEF Pro」が発売開始

イタリアンデザインと⽇本のクラフトマンシップが融合し、レンジフードをはじめとしたハイエンドアプライアンスを届けるアリアフィーナ(神奈川県相模原市)は、ワゴンタイプの可動式IH クッキングヒーターに室内循環フードを組み込んだ「ARIACHEF Pro」を、2022 年1 ⽉5 ⽇より受注開始します。

ライブ調理を楽しめるスタイリッシュな可動式コンロ

アリアフィーナは、イタリアの⾼いデザイン性を⼀般家庭⽤レンジフードに取り⼊れることで、2002 年の設⽴以来多くのプロユーザーから支持されてきました。
ARIACHEF Proは、ヨーロッパで普及し始めているレンジフード⼀体型コンロの技術を応⽤し、ホテルやレストラン、シニア向け賃貸住宅などで、プロの料理⼈のライブ調理を楽しんでもらうために開発。アリアフィーナのクリエイティブ・ディレクターであり、イタリア・エリカ社のデザインセンターを統括するファブリツィオ・クリサが⼿掛けたデザインは、従来の可動式調理ワゴンとは⼀線を画し、洗練された場所にふさわしいスタイリッシュな仕上がりとなっています。

ARIAFINA(アリアフィーナ)とは
アリアフィーナは、世界中にイタリアン デザイン・フードを供給し続けているエリカ社と、80 年の歴史とレンジフード国内トップシェアの富⼠⼯業によって 2002 年に誕⽣しました。 他のレンジフードと⼀線を画すイタリアンデザインを熟練したクラフトマンの「⼿」によって造りあげています。
*アリアフィーナは、富⼠⼯業グループのプレミアム・レンジフードブランドです。

製品特⻑

・IH クッキングヒーターのトッププレートの中⼼から吸気
トッププレートの中⼼から煙を吸うため、IH クッキングヒーターの上部をフードで覆う必要がなく、調理の様⼦を⾒せることができます。
・汚れた空気を室内に戻さない3 種類のフィルターを搭載
グリスフィルター・エアフィルター・脱臭フィルターからなる3 種類のフィルターを通して、汚れた空気をろ過し、きれいな空気を室内に戻します。
・プロフェッショナルユースに応える4 ⼝タイプ
プロフェッショナルユースに応え、4 ⼝の熱源を保有しているため、同時調理が可能です。また前後の熱源を同時に制御できるブリッジ機能を搭載しています。これにより前後の熱源にまたがる⼤きな鉄板を置いても調理を⾏うことができます。
・単相200V の電源があれば、場所を選ばず調理が可能
単相200V の電源さえあれば、場所を選ばずどこでも調理が可能です。
またコンパクトなサイズ感(幅960mm×奥⾏709mm×⾼さ850mm)である上に、四隅にキャスターが付いているため、移動も簡単です。

商品概要

■ 型名 :AC01-961 BKS
■ 希望⼩売価格:オープン価格
■ 製品サイズ :幅960mm×奥⾏709mm×⾼さ850mm
■ 製品質量 :110 ㎏
■ 受注開始⽇ :2022 年1 ⽉5 ⽇(⽔)

製品の詳しい情報は、こちらのURL をご覧ください。 https://ariafina.jp/special/ariachef/

こちらの記事もおすすめ

3D設計・プレゼン時代のハイエンドPC(3)

2020/07/31

BIMなどの3D-CADやVR、レンダリングなどに対するニーズは日増しに高まっています。ただし、こうしたソフトウェアには、それなりのハードウェアが必要です。ここでは、PCを選ぶために必要となるスペックの見方について解説します。

築25年の家のシロアリ被害はほぼ100%! どうする蟻害対策?

サービス2021/03/19

創業84年の田中工務店 代表取締役の田中健司さんによると、ここ数年、築古の家の現場調査に行くと、シロアリの被害を高い確率で見つけるようになったそうです。そこで蟻害を最小限に防ぐための新築時のシロアリ対策と定期点検の内容と、築古の家での対処方法をうかがいました。

旭デュポン  可変透湿・気密シート「VCLスマート®」を発売

建材2022/03/31

旭デュポン フラッシュスパン プロダクツは、タイベック®スマート(可変透湿・気密シート)をリニューアル。結露リスクを最小限に抑える可変透湿・気密シートを2022 年4⽉1 ⽇より販売を開始します。

3D設計・プレゼン時代のハイエンドPC(2)

2020/07/06

BIMなどの3D-CADやVR、レンダリングなどに対するニーズは日増しに高まっています。ただし、こうしたソフトウェアには、それなりのハードウェアが必要です。ここでは、PCを選ぶために必要となるスペックの見方について解説します。

「グラスウールの良さ」をより多くの方々へ

建材2022/05/06

グラスウールは建築分野、特に木造で最も利用されている断熱材。なかでも、パラマウント硝子工業はグラスウールの草分け的な企業です。今回はパラマウント硝子工業 取締役 営業本部 本部長 雨田祐一氏に、同社の取り組みとグラスウールの可能性について聞きました。

Pick up注目の記事

Top