建材

美しい外観にはコレ! LEDを組み込んだ外装化粧材が大活躍

夜、美しい外観をつくりたいとき、間接照明を用いることが一般的です。今回注目したのは、この間接照明を組み込んだ新発想の外装化粧材「クランセリートhikari」(特許出願中)。この新発想の建材を使った美しい外観を、たっぷり紹介します。

昼も夜も美しい外観をつくるなら知っておきたい建材

LED間接照明一体型の外装化粧材「クランセリートhikari」が注目されています。一番の魅力は、不燃性素材(※)で安全性の高いモールが、昼間は太陽光による陰影をつくり、夜間はモールに内蔵されたLEDの光が印象的な外観を生み出すこと。間接照明器具の存在を気にすることなく、日中問わず豊かな外観の表現を可能にします。

早速、事例を見ていきましょう!

※合成樹脂塗装/有機質系繊維混入セメントケイ酸カルシウム版(不燃認定番号NM-2204、NM-2607)

住宅での採用イメージ。昼は外装材として、陰影をつくりだす。間接照明の存在を感じることもない

「クランセリートhikari」は美しい街並みをつくりだすだけでなく、夜道を照らし街の安心安全も守る

屋根のある場所であれば、アッパーライト使いも可能。アウトドアリビングなどの半屋外空間でも活躍する

ダウンライトとしての使用も可能

集合住宅やマンションエントランスのアクセントにもなる

夜はエントランスをやさしく照らす。カフェやクリニックなど店舗の外観デザインでも活躍する


デザインに合う多彩なラインアップ

「クランセリートh i k a r i 」には、溝なしと溝ありタイプがあり、シンプルな外観が好まれる昨今では、溝なしタイプが人気。

「クランセリートh i k a r i 」HMK1236T、溝なし

「クランセリートh i k a r i 」HMK1237T、溝あり

カラーは縦使いのHMK1236T(溝なし)とHMK1237T(溝あり)は2色展開(ホワイト、ブラック)、縦、横使いができるHM0538(ミニタイプ)は4色展開(マットホワイト、マットブラック、ステングレー、テンブラウン)


ミニタイプの登場で、デザインの幅が広がる

この度ユーザーの要望に応え、「クランセリートhikari」のミニタイプ(厚み35㎜、幅56.5㎜)が新たに登場しました。
水切りの関係で縦使いがスタンダードだった従来製品とは違い、ミニタイプは縦・横使いが可能です。さらに外構デザインのバリエーションが広がります。

「クランセリートh i k a r i 」HM0538、縦横使いできるミニタイプ

ミニタイプをベランダの笠木まわりに用いた。夜は立体的な外観を演出できる

上記のベランダ部分をアップした写真。LEDが組み込まれているため、照明の器具部分といった無駄なものが見えない


高い施工性とユーザビリティ

複雑そうに見えますが、「クランセリートh i k a r i 」シリーズの施工はとても簡単です。トランス(変圧器)の先は、外壁のコンセントに取り付けるだけでOK。ローボルト(12V)のため、施工時に電気工事士の資格が必要ありません。外装化粧材とLEDを一体化したことで、造作の手間が省け、釘やねじで簡単に施工できます。

光源はスイッチまたは、照度センサーによる自動消灯で、使いやすさも追求

HMK1236T、溝なしの断面

ミニタイプのHM0538は、縦使い、横使いが可能


LEDを一体化することで、煩わしい施工も省いた新発想の外壁化粧材「クランセリートh i k a r i 」シリーズ。昼も夜も表情豊かな美しい外観をつくりたいなら、ぜひ検討してみてください。

テキスト:編集部 
製品名:「クランセリートh i k a r i 」
取材先:クラボウ

こちらの記事もおすすめ

驚き! 羊毛からできた断熱材の効果とは?

動画 建材2020/09/08

自然素材の家をつくるのなら、見えない壁の中も人にやさしいものを使いたいと思いませんか? 今回は、自然派断熱材の中から羊毛断熱材「ウールブレス」をご紹介。優れた断熱性や調湿性などをなぜ持ち合わせているのか。ニュージーランドの羊毛でできた断熱材「ウールブレス」を扱うアイティエヌジャパンに取材しました。

「換気の目的は、汚染空気を新鮮なものにする」換気-空気の道をデザインする①

2020/10/27

家にいる時間が圧倒的に増えることによって、俄然注目を浴びるようになった“換気”。設備設計者として第一線で活躍し、多くの著書を執筆している山田浩幸氏が、家における正しい換気の方法について解説します。

カリモク家具 トラフ建築設計事務所とコラボレーション 端材を活用した木製小物「Ki Ki Ki」発売開始

2021/10/27

カリモク家具が、家具製作の過程で排出される端材を材料として活用したデザイン雑貨・木製小物「Ki Ki Ki」を国内外で同時発売を開始しました。デザインは、家具制作、オフィスデザインなど、多岐に渡り協業してきたトラフ建築設計事務所が担当。

「低温低湿な冬の換気の秘訣」換気-空気の道をデザインする⑦

2020/12/11

家にいる時間が圧倒的に増えることによって、俄然注目を浴びるようになった“換気”。設備設計者として第一線で活躍し、多くの著書を執筆している山田浩幸氏が、家における正しい換気の方法について解説します。

飛沫を吸う!?対面でも安心して会議ができるテーブル

動画 家具2020/10/16

コクヨ株式会社は、2020年10月13日、オフィスでの会議で生じる飛沫を吸引し室内への飛沫の拡散を防止する会議用テーブル「エアトリーブ」を発表しました。2020年12月より受注開始予定です。

Pick up注目の記事

Top