【PR】「壁を超える窓」を使用したモデルハウスがオープン!

注文住宅を手がけるハウスメーカーのヤマト住建(本社:兵庫県神戸市)はエクセルシャノン(本社:東京都中央区)の開発する真空断熱ガラス樹脂サッシ「シャノンウインドSPG」を日本で初めて使用したモデルハウスを兵庫県姫路市にオープンすると発表しました。

国内最高クラスの断熱窓を使ったモデルハウスがオープン

シャノンウインドSPGは「壁を超える窓」として開発され、国内樹脂サッシメーカーの中では最高クラスの断熱性能を実現しています。さらに2021年度グッドデザイン賞を受賞するなど、性能だけでなく意匠でも高い評価を得ています。この窓を日本で初めて使用したモデルハウスが2021年11月に兵庫県姫路市でオープンしました。このモデルハウスではエアコン1台で全館空調できる「YUCACOシステム」を搭載しており、温度差の少ない快適な空間を体感でき、そのほかコロナ禍でもLDKにウイルスを持ち込まない動線や、リモートワークに集中できる空間、屋上庭園も見どころです。

 

 

シャノンウインドSPGとは

施工イメージ

製品概要

国内最高クラスの断熱性能 Uw値=0.52W/(㎡・K)※1 高断熱の樹脂サッシフレーム内にさらに断熱材を充填した「UF-H樹脂フレーム」に、パナソニック社の真空断熱ガラス「Glavenir(グラベニール)」 ※2を採用した高性能「真空断熱トリプルガラス」を融合。国内樹脂サッシメーカーの中では最高クラスの断熱性能を実現。

※1 サッシの熱貫流率は、JIS A4710に基づく試験値で、製品の性能を保証するものではありません。
縦すべり出し窓(開き+FIX)スマートシリーズ(W:1,690×H:1,370)LowE3-Kr12-強化LowE4-Kr12-真空断熱6.1*性能値は窓種、サイズ、仕様、ガラスメーカーや種類により異なります。
※2 GlavenirおよびGlavenirロゴは、パナソニック株式会社の商標または登録商標です。

こちらの記事もおすすめ

第6回「日本エコハウス大賞」最終審査会レポート

2022/10/12

2022年9月20日に第6回「日本エコハウス大賞」最終審査会(JAPAN ECOHOUSE BIG SHOW 2022〈JEB〉)が行われました。この記事では、最終審査会の様子をレポートします。

エヌ・シー・エヌが埼玉県川口市に木構造技術センターを開設

2022/03/17

エヌ・シー・エヌは、これまで大学等の実験施設において、SE構法の耐震実験などを繰り返し行い、大地震など自然災害における安全性の検証を行ってきたが、今後は自社施設「木構造技術センター(Timber Structure Lab.)」を開設し、そこを拠点に木構造に関する基礎研究、応用研究、開発研究を行っていくことを発表しました。

「第16回日本構造デザイン賞」開催のお知らせ

2021/03/18

松井源吾賞および日本構造デザイン賞の受賞者を会員とする団体である日本構造家倶楽部が「第16回日本構造デザイン賞」を開催します。応募要項をご確認いただき、ぜひ、ご応募ください。写真は、第15回日本構造デザイン賞を受賞した「東急池上線旗の台駅」(構造設計:田尾 玄秀)。木の架構を用いて個性的な設えを実現した東急池上線の駅舎です。

建築知識ビルダーズNo.50が発売!気になる中身は?

2022/08/30

建築知識ビルダーズNo.50が、2022年8月29日に発売。今号は「その家、快適温度になっている? 換気★空調設計術」「太陽光発電3大疑問ファクトチェック」「第6回日本エコハウス大賞 作品解説」の3大特集です。

回答者全員プレゼント!アンケートご協力のお願い

2023/10/06

エクスナレッジでは、「複合機に関するアンケート」を実施しております。ご回答いただいた方には、図書カードをプレゼントいたします。ぜひご協力のほど、よろしくお願いいたします!

Pick up注目の記事

Top