【ジャパンホームショー】注目!エコハウス近未来予想リレートーク

2022年春、日本エコハウス大賞がパワーアップして復活します!それに先駆けてジャパンホームショーで「これからの日本のスタンダードになるべきエコハウスとは」をリレートークで4名の講師にお話しいただきます。

美郷アトリエ(設計・施工:もるくす建築社、撮影:奥野淳志)

 

未来のために住宅にできる「脱炭素」とは

建て主の意向がまだ「脱炭素」に向いていないのは仕方がありません。しかし、私たちプロは、住宅を供給する者の社会的責任として、エネルギー問題からは目を背けずに向き合っていたいものです。住宅をとりまく脱炭素の動きについて、東京大学大学院の前真之准教授にお話いただきます。

前真之 東京大学大学院准教授

 

パッシブとアクティブを取り入れた住宅設計のこれから

20年以上前からパッシブ設計に取り組み、アクティブとうまく両立させて快適な住空間をつくってきた建築家・伊礼智さん。近年は寒冷地での設計も増え、自然エネルギーを活用した家づくりに積極的に取り組んでいます。高性能化がますます求められる中、住宅設計はどうあるべきかをお話いただきます。

伊礼智 建築家

 

地域の気候風土に合ったエコハウスを探して

地域の特性を知っている工務店、設計事務所だからこそ、トライできるエコハウスがあります。2015年の第1回日本エコハウス大賞受賞のもるくす建築社・佐藤欣裕さんに2021年に完成した社屋・美郷アトリエで試みていることをお話いただきます。

佐藤欣裕 もるくす建築社・代表

 

地球にやさしいリノベーションに必要な技術と心

新築注文住宅の建築費が高騰し、リノベーションに活路を見出す住宅会社が出てきました。しかし、リノベーションと言っても、その「質」はさまざま。ここでは新築注文住宅を手掛けてきた設計者・工務店が取り組むべきリノベーションとは何か。脱炭素社会におけるリノベーションの可能性を、住宅医スクールの創設者である建築家・三澤文子さんにお話いただきます。

三澤文子 建築家

 

リレートークの最後には、「復活!第6回日本エコハウス大賞」の概要を建築知識ビルダーズ編集長の木藤阿由子からお話させていただきます。

 

概要

日時:2021年11月19日(金)13:30~15:30

場所:東京ビッグサイト・ジャパンホームショー会場内

費用:無料(要申し込み)

 

下記より申し込みください

https://www.jma.or.jp/homeshow/tokyo/visitor/seminar.html

 

 

 

こちらの記事もおすすめ

『WOODRISE 2021 KYOTO』10月15日~ 18日開催

2021/08/12

中高層木造建築物の設計・建設のために必要な材料・技術、工学的なニーズや将来性を展望する目的とした国際的イベントのWOODRISEが、2021年10月15日から18日にかけて京都で開催されます。

終了しました【PR】【ウェビナー】3/3 14:00~ イズミシステム設計が設備設計のBIM化を実現するサービスの発表に合わせてウェビナーを開催

2022/02/28

イズミシステム設計は、BIM モデルと空調設備・省エネ計算を双方向連携するクラウドサービス『B-LOOP(ビーループ)』を2022 年 3 月末にリリースすることを発表しました。それに先がけウェビナーを開催します。

【プロ向けセミナー】4月18日19:00~コミュニティデザインによる不動産価値創造

2023/04/17

コミュニティをデザインするための具体的なノウハウを6回に分けて解説するセミナーが開催されます。

【PR】【告知】建築家・古川泰司さん、‟森と建築を語る”

2022/05/20

“木の建築”に精通する建築家・古川泰司さんが、林業と建築について議論する対話型セミナー「森と建築を一緒に考える」を全10回にわたって開催します。関心のある方はぜひご参加ください。古川さん出演のYouTube動画「JAS製材工場探訪。」もぜひご覧ください!

【ウェビナー】3月7日(火)13:30~ SDGsに基づく先導的な住宅産業経営戦略

2023/02/27

住宅・建築SDGsフォーラム、住宅・建築SDGs推進センターは住宅産業におけるSDGs達成への取り組みを加速することを目指し、SDGsを企業戦略に盛り込んだ複数の事例(地域工務店、ハウスメーカー、総合不動産業、環境金融)について、その具体的な取り組みや効果、今後の課題や必要な社会制度等について議論するシンポジウムを開催します。

Pick up注目の記事

Top