住宅

省エネ性能説明義務制度がよく分かる!動画3選

4月1日から施行となる省エネ性能説明義務制度。「実は、よく分かってない部分がある…」そんな方に、よく分かる解説動画を3つ厳選しました。知りたい情報に合わせて選んで視聴し、施行に間に合わせましょう。

いよいよ41日から、省エネ性能説明義務制度が施行されます。本来は、省エネ基準の「適合」が義務化される予定でしたが、適合義務は見送りとなり、「説明義務」にとどまるかたちとなりました。

しかし、説明義務は「適合義務よりも複雑で分かりにくい」という声も聞こえてきます。具体的に何を説明するのか、省エネ計算はどんな計算方法でどう建て主に示すのか、説明しなかったらどうなるのか…など、分かりにくい点があります。

そこで、制度が本格的に始まる前に、今一度おさらいしておきたい人のために、おすすめの「解説動画」を紹介します。これを見ておけば、もう41日からの施行も怖くありません! 

➀ 必聴!新しい計算法「モデル住宅法」は落とし穴がいっぱい?

『2021年4月スタート!省エネ説明義務制度『ホームズ君が考える説明義務(前編)』(20:06)』

前編・後編の2編構成。「住宅性能診断士ホームズ君」が制度を詳しく解説してくれる。創設の背景までさかのぼり、制度全体の詳細も網羅されています。国土交通省の実演ドラマに沿いつつも、それに補足するかたちで解説してくれるので、「国土交通省から出ている資料は見つくした!」という方にもおすすめ。特に、今回から新しく導入された省エネ計算法「モデル住宅法」のデメリットについて詳しく解説している部分(915秒~)は見所です。

➁ 時間がない人向け!制度の全容がたった6分でよく分かる

『<制度説明動画>改正建築物省エネ法/説明義務化制度編』(6:24)

パラマウント硝子工業が提供している解説動画。既存の図表ではなく、独自のものを作成して簡潔かつ分かりやすく解説してくれています。省エネ性能計算で必要な要素の詳しい内容(外皮性能・一次エネルギー消費量)や、省エネ計算方法のそれぞれの特徴など、押さえておきたいポイントが短い時間の中できっちり押さえられています。

➂ 新築だけでなく、増改築もきちんと分かる!制度を実務者目線で解説

『建物の省エネ基準の説明が義務化ってホント?」IKEDA隊長がズバッと解説!まだまだ知られていない省エネ性能説明義務制度って?』(16:40)

東京の工務店、岡庭建設の池田浩和さんによる解説動画。新築と増改築、それぞれについて丁寧に解説してくれているので、リノベーションを多く手掛ける人にとってもためになる内容です。また、実際に説明がどのような流れで行われるのかが実務者目線で紹介されているので、制度の流れのイメージがつきやすいのもポイント。評価結果の書式や活用方法もきちんと説明されているので、実際の業務に役立つこと間違いなし。

建築知識ビルダーズNo.44でも、池田さんが省エネ性能説明義務について解説しています。ぜひ、こちらも併せてご一読ください!

実際の誌面

 いかがでしたでしょうか?モヤモヤしているところがあれば動画を見てスッキリさせて、4月1日を気持ちよく迎えましょう!

こちらの記事もおすすめ

「安井式焼きスギのつくり方」安井昇の木造化・木質化と防耐火⑤

建築 連載2021/02/12

〝火育〟で生まれる焼きスギ  以上のように、木材による防耐火設計の技術は日々進歩を遂げており、建築物の木造化・木質化はより身近になっています。ただし、建築実務者としては、木材がどのように燃えるのか、を …

〝住まい〞の設計は無目的を旨とすべし―増田奏―①

インタビュー2022/01/19

おかげさまで「建築知識」は2021年7月号で通巻800号記念を迎えました。それを記念して、『住まいの解剖図鑑』の著者である増田奏氏(SMA)に、「建築知識」での思い出や、書籍誕生に関する秘話、これからの家づくりについてお話を伺いました。新刊『そもそ もこうだよ 住宅設計』も紹介!

「エアコンによる結露と温度ムラを考える」これからのカフェ・飲食店設計術③

建築 設備2021/05/07

飲食店における空調設計は、目に見えないものですが、飲食店の評価を大きく左右するもの。最近では、換気の重要性も非常に高まっています。ここでは、空調や換気を重視した飲食店の設計について解説します。

建物の属性をリアルに立体化した分散型3D都市モデル

建築 ニュース サービス2021/10/08

国土交通省の3D都市モデル「PLATEAU」は、行政が保有する都市計画GISと航空測量などによって得られる情報、都市計画基礎調査などによって取得される建物の属性情報を掛け合わせて、都市をリアルに3Dモデル化したもの。建築計画や都市計画のあり方を大きく変える新時代の情報プラットフォームです。

「国産の製材を使う」在来軸組でつくる木の保育所①

2021/08/17

国産材(JAS製材)を用いた非住宅の木造建築は注目すべきトレンドの1つ。ここでは、 古川泰司氏(アトリエフルカワ一級建築士事務所)が設計を手がけた「わらしべの里共同保育所」を紹介します。主として埼玉県産材を用いた準耐火建築物で、燃えしろ設計を活用した木のインテリアが特徴的です。

Pick up注目の記事

Top